« 痛飲 | トップページ | 【覚え書】Thou Shalt Not Kill, Except in a Game at Church »

『蔓の端々』

Dsc00080

「父がこう言っていた、どんな境涯にあっても明日のことを考えぬ人間は惨めだ、不幸や憎しみを忘れるのはむつかしいが、忘れなければ立ちよどむばかりだ……」
    --乙川優三郎『蔓の端々』(講談社文庫、2003年)

乙川優三郎『蔓の端々』読了する。雰囲気は、藤沢周平の『蝉しぐれ』(文春文庫)に近いものがあるが、若き武士・瓜生禎蔵のラストの選択は乙川ワールド。

詳しくは後日、待たれい。

って、後日ネタ多くてすいません。

疲れがとれなくて・・・。

蔓の端々 (講談社文庫) Book 蔓の端々 (講談社文庫)

著者:乙川 優三郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 痛飲 | トップページ | 【覚え書】Thou Shalt Not Kill, Except in a Game at Church »

詩・文学・語彙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『蔓の端々』:

« 痛飲 | トップページ | 【覚え書】Thou Shalt Not Kill, Except in a Game at Church »