« 上橋菜穂子『狐笛のかなた』(新潮文庫) | トップページ | 仮象に振り回されず »

「い」がつく言葉

5

1998年1月18日の朝日新聞の読者欄に次のような投書があったそうな。

-----

「鬼平犯科帳」が大好きな小学3年生の娘。「い」がつく言葉を集めなさいという宿題に「いそぎばたらき」「いちみのかしら」と書いていた。(新潟市・先生の顔を想像した母・39歳)

-----
    --里中哲彦『鬼平犯科帳の神髄』(2002年、文春文庫)

『鬼平犯科帳の神髄』の著者・里中氏は、同書で朝日の投書を紹介しながら、次のように続けている。

-----

  朝ごはんを食べながら、のけぞった。
  娘よ、いくらなんでも「いそぎばたらき」はやめなさい。

-----

出典の朝日を確認してみたい今日このごろです。とはいえ、「い」がつく言葉を集めなさいという宿題がでるものなのか頭を抱えてしまいます。

さて、最近、うちの子供へ、あいうえおを教えているのですが、“い”がつく言葉を尋ねると“イカルス星人”だった。

鬼平犯科帳の真髄 (文春文庫) Book 鬼平犯科帳の真髄 (文春文庫)

著者:里中 哲彦
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 上橋菜穂子『狐笛のかなた』(新潮文庫) | トップページ | 仮象に振り回されず »

告白・独白・毒吐の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「い」がつく言葉:

« 上橋菜穂子『狐笛のかなた』(新潮文庫) | トップページ | 仮象に振り回されず »