« この世を撃つ内村の警鐘は鳴り響く | トップページ | 小賢しく無感動の状態 »

「愛」を「考えなさい」

 はじめて「愛」の意味について訊(き)いた朝のことを覚えている。まだ、語彙が少ない時だった。庭で早咲きのスミレを数本摘み、サリバン先生のところへ持っていった。先生は私に感謝のキスをしようとした。しかし、当時は母以外の人からキスされるのは嫌だった。すると先生は、片手で私をやさしく抱き寄せ、手のひらに「ヘレンのことを愛しているわ」と綴ったのである。
 「愛って何?」
 そう尋ねる私を先生はさらに引き寄せ、私の胸を指差して言った。「ここにあるわ」この時はじめて、自分の胸の鼓動を意識したのだった。しかしこの答えに、ひどく戸惑った。その時はまだ、手に触れられない、抽象的なものを理解することができなかったからだ。
 サリバン先生の片手に握られているスミレの匂いをかいでから、私はこう訊いた。指文字と身ぶりを混ぜた質問である。「愛って、花のいい香りのこと?」
 「いいえ、違うわ」と先生。
 私はもう一度考えた。あたたかい日差しが、ふたりの上に注いでいた。
 「これは、愛ではないの?」この暖かいものがやってくる方向を指差して尋ねた。
 「これは愛ではないの?」
 太陽ほど素晴らしいものはない、と私には思えた。太陽の暖かさのおかげで、あらゆるものが生長できるからだ。だが、先生は首を横に振った。私は意味がわからず、がっかりした。なぜ、サリバン先生は「愛」を具体的に示してくれないのだろう?
 それから一日か二日後、私は違う大きさのビーズを糸に通す勉強をしていた。はじめに大きなビーズを二個、次に小さなのを三個というぐあいに、順序を決めて通していく練習である。だが、ミスばかりしてしまう。先生は忍耐強く、穏やかに、繰り返しミスを指摘してくれた。そしてやっとのことで、配列が間違っていることに気がついた。それから、少しの間、神経を集中し、どの順番でビーズを通せばよかったのか考えようとした。すると先生は私の額に片手を当て、もう一方の手で、私の手に力強くはっきりと綴りを書いた。「考えなさい」
 その瞬間、「考える」ということばが、今自分の頭の中で起きていることを示すのだと分かった。この時はじめて、抽象的な事がらを認識したのである。
 それから私は、長い間、じっと考え続けた--ひざの上のビーズのことを考えていたのではない。いま得られた新しい視点から「愛」の意味を見つけようとしたのだ。この日、太陽は一日雲に隠れ、時折にわか雨が降った。と急に太陽が顔を出し、南部ならではの強い日差しが降り注いだ。
 私は、また同じ質問をサリバン先生に繰り返した。「これは、愛ではないの?」
 「愛というのは、いま太陽が顔を出す前に空を覆っていた雲のようなものなのよ」これだけでは、当時の私には理解できなかった。そこでやさしくかみ砕いて、サリバン先生は説明を続けた。
 「雲にさわることはできないでしょう? それでも雨が降ってくるのはわかるし、暑い日には、花も乾いた大地も雨を喜んでいるのがわかるでしょう? それと愛は同じなのよ。愛も手で触ることはできません。だけど、愛が注がれる時のやさしさを感じることはできます。愛があるから、喜びが沸いてくるし、遊びたい気持ちも起きるのよ」
 その瞬間、美しい真理が、私の脳裏にひらめいた--私の心とほかの人の心は、見えない糸で結ばれているのだ、と。
    --ヘレン・ケラー(小倉慶郎訳)『奇跡の人 ヘレン・ケラー自伝』(新潮文庫、平成十六年)。

Hkgradpic

それは「ウォー、ウォーター」からすべてが始まった--奇跡の人・ヘレン・ケラー自伝から長い一節を紹介しました。

使用している倫理学の教科書でもヘレン・ケラーのエピソードが紹介されていますので(思考と人間の成長/言葉により世界を拡大する人間)、原本を読んでみたのですが、発見の連続です。

ヘレン・ケラーといえば、光と音を失いしゃべること(=言語)を知らなかった三重苦の人として知られています。むか~し、小学生のころでしょうかね、そういう偉人伝を読む中で、おそらくヘレン・ケラーの歩みを読んでいたと思うのですが、まず、彼女は生まれつき三重苦だったわけではなく、一歳の時の熱病で、世界から遮断されたことに驚きました。

また、赤裸々に自分の歩みを語る彼女の姿に、ふつうの人とおなじように悲しみ・泣き・喜び・愛し、そして時には怒り・嫉妬したり・叫んだ、そのありのままの姿を読み直し、ひとり涙しました。

興味ある人は是非。

さて、上の引用部分ですが、ヘレン・ケラーが初めて言葉を覚えた次のステップにあたるくだりです。
そこでは、愛とは何か、自分で考えるとは何か--具体的事例に則した、人間教育のありさまが記録されているように思えます。詳しくは措きますが、うちにも四歳のこどもさんがいますので、どう接していくのか、参考になる部分が多いです。

是非、皆様にも読んでもらいたい一冊です。

ふつうだとカタイ哲学書とかそうした文献の紹介と日々の愚論を展開するパターンですけど、たまには、こうしたアタタカイ話題もいいですよね?

奇跡の人 ヘレン・ケラー自伝 (新潮文庫) Book 奇跡の人 ヘレン・ケラー自伝 (新潮文庫)

著者:ヘレン ケラー
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

001

|

« この世を撃つ内村の警鐘は鳴り響く | トップページ | 小賢しく無感動の状態 »

現代批評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/9496105

この記事へのトラックバック一覧です: 「愛」を「考えなさい」:

« この世を撃つ内村の警鐘は鳴り響く | トップページ | 小賢しく無感動の状態 »