« 久しぶりの二日酔い | トップページ | 年度最終講義 »

葱とダヴィンチ

Dscn7018

Dscn7015

不思議なもので、子供の頃はニガテだったが、大人になって、その旨さに驚いた食材は数あります。
そうした食材のなかで、決して欠かすことのできない一品が、葱(ねぎ)です。

まるごとも食べるのもよし、薬味として使うにもよし、そして風邪の対策にもよし--。

あの苦さと甘さがたまらなく旨い一品です。

さて、今日は終業後、どうしてもラーメンが食べたくなってしまい、バイト君(パンサーN)と、新小金井街道沿いの、「とろける焼豚 GUTSラーメン」を食べにいく。
自転車のサドルにも霜が降りるほどの寒さで、天空も透き通り、星々の輝きの眩い、冬の夜空を、二人で白い息をはきながら、ラーメン屋をめざしました。

およそ一年ぶりの再会。
しょうゆとんこつとでもいえばいいのでしょうか--こてこてほどきつくない出汁で、細麺、そしてとろとろにとろける焼豚の組み合わせ。葱好きですので、本日は、葱チャーシュー(並)でいきました。

仕事の後の一杯は、うまい!
ただ、寝る前のラーメンは、きつい!

堪能したあと、ふたりでふうふういいながら、かえってきました。

さ、いよいよ正月もおわり、日常モード。
かのレオナルド・ダ・ヴィンチは次のように語ったという。

障害は私を屈せしめない。
あらゆる障害は奮励努力によって打破される。
    --杉浦明平訳『レオナルド・ダ・ヴィンチの手記 (上)』(岩波文庫、1954年)。

レオナルドの覇気で、寒さを吹き飛ばし、人生を痛快に歩んでいこう!

Davi

レオナルド・ダ・ヴィンチの手記 上   岩波文庫 青 550-1 Book レオナルド・ダ・ヴィンチの手記 上 岩波文庫 青 550-1

著者:レオナルド ダ・ヴィンチ
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 久しぶりの二日酔い | トップページ | 年度最終講義 »

衣食住」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 葱とダヴィンチ:

« 久しぶりの二日酔い | トップページ | 年度最終講義 »