« まあ、茶でも一口すすろうではないか | トップページ | 【覚え書】池波正太郎「古いものは一切顧みない日本人」 »

英雄的な気魄を欠いた善良さも、同じように空しい

200802281359_034

P1020690

Dscn7288

今月の課題は終わったゼと思いきや、2月末週になって末締めのレポートが届けられ、夕方になんとか終わらせる。

休む暇のない宇治家参去です。

今日は休日ですが、細君が所用のため、我が子を幼稚園に迎えに行く。
多分分かるだろうと思ったのだが、こちらから我が子を識別できず、途方に暮れていると息子さんが手を引いてきた。

まったくだめ親父ですが、サンキュー。

うろうろとふたりでぶつぶつ会話しつつ寄り道しながら帰宅、れいの如く、ウルトラ怪獣大バトルごっこで一汗流し、レポート添削と対面する。

夕方……。

気になっていた宇都宮餃子なるのもを、催事会場でゲットする。
もちもちしながらもパリッとした皮につつまれた濃厚な触感を堪能する。

これを食うとだめですね。

結局ビールと酒が旨かった。

ま、旨く酒が飲めましたのでよしとしましょう。

さて、宇都宮餃子を求めにいく途中ブックオフによったが、ゲーテの『ヘルマンとドロテア』を小脇に抱えた青年を見かける。

「若い者にしてはいい本取っているなア」

感慨にふけっていると、市井の職場のバイトのN君だった。

彼は真面目に読書する(読書だけじゃないですが、遊びも真剣ですけどね)いい青年です。バイト前にブックオフにたちより書物を求めていたとのこと。

若い人と飲むと楽しいし、若い人と語ると楽しい。
なぜなら、自分も若いから……?

ともあれ、若い人と直面しましたので、吉野源三郎の『君たちはどう生きるか』を読み直す。
吉野源三郎は、終戦後いち早く岩波書店から総合雑誌『世界』を編集した人物で、この本は、著者が、中学二年生のコペル君という登場人物を相手に、まあ、どう生きていくか、古今東西の逸話をたよりに、語ったメッセージです。吉野氏が心がけた視点は、人生いかにいくべきかという問いを発したとき、もちろん、宗教的・哲学的な思索も必要だが、それだけでなく、いかに社会科学的認識において、「それが何か」という視点を忘れてはいけないと常々語っていた人物です。
今さらながらに、読み返しながら、こういう本を、中学生とか、小学生に読ませたいなアと実感した一冊です。

最後にその本から……。

----
 戦いにやぶれ、ヨーロッパのどこにも身の置きどころがなく、いま長年の宿敵の手に捕えられて、その本国についれて来られていながら、ナポレオンは、みじめな意気阻喪(そしつ)した姿をさらしはしなかったのだ。とらわれの身となっても王者の誇りを失わず、自分の招いた運命を、男らしく引き受けてしっかりと立っていたのだ。そして、その気魄(きはく)が、幾万の人々の心を打って、自然と頭を下げさせたのだ。何という強い人格だろう。
 --君も大人になってゆくと、よい心がけをもっていながら、弱いことばかりにその心がけを生かし切れないでいる、小さな善人がどんなに多いかということを、おいおいに知って来るだろう。世間には、悪い人ではないが、弱いばかりに、自分にも他人にもよけいな不幸を招いている人が決して少ないくない。人類の進歩と結びつかない英雄的精神も空しいが、英雄的な気魄を欠いた善良さも、同じように空しいことが多いのだ。
 君も、いまに、きっと思いあたることがあるだろう。
    --吉野源三郎『君たちはどう生きるか』(岩波文庫、1982年)。
----

善良さって人が生きていく上では欠かすことが出来ない人格のひとつといえるが、善良さには、その強さが内在しないとき、「弱いばかりに、自分にも他人にもよけない不幸を招いて」しまうのかもしれない。

いずれにせよ、我が子には「強い子」に育ってほしい……と願うのは親バカでしょうかね。

君たちはどう生きるか (岩波文庫) Book 君たちはどう生きるか (岩波文庫)

著者:吉野 源三郎
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

君たちはどう生きるか (ジュニア版 吉野源三郎全集) Book 君たちはどう生きるか (ジュニア版 吉野源三郎全集)

著者:吉野 源三郎
販売元:ポプラ社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

君たちはどう生きるか (ワイド版 岩波文庫) Book 君たちはどう生きるか (ワイド版 岩波文庫)

著者:吉野 源三郎
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« まあ、茶でも一口すすろうではないか | トップページ | 【覚え書】池波正太郎「古いものは一切顧みない日本人」 »

家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英雄的な気魄を欠いた善良さも、同じように空しい:

« まあ、茶でも一口すすろうではないか | トップページ | 【覚え書】池波正太郎「古いものは一切顧みない日本人」 »