« 〔天職への〕召命〔コーリング〕 | トップページ | もう年です »

お好み焼+α

00dscn7401

ガッデム!

昨日、食べようと思って加ト吉のたこ焼きを買って帰ったのですが、食卓にお好み焼が用意されていた。よってお好み焼を食べ、たこ焼きは明日に取って置いたのですが、起きると無くなっていた。

ガッデム!

本来は、職業倫理の続きをしようとおもったのですが、その気になれず、粉モノの話でもひとつ。

今、市井の職場で使っているバイト君で、関西出身の人間がいる。
ご多分に漏れず、彼も粉モノが好きである。
その彼は、たこ焼きとかお好み焼とかを食べるとき、必ず、白飯を一緒に食うそうである。
「やっぱ飯でしょ!」

もうひとりのバイト君は東京生まれの人間で、
「一緒に食う必要がない」

以上のように平行線です。

宇治家参去としては、どちらでもよいのでは?というのが実感です。
お好み焼だけで物足りないのであれば、飯を食らうのもよかろう。
お好み焼だけですむので在ればそれでよかろうと。

ただ面白いのは、その関西のバイト君に、
「それじゃア、お好み焼+飯の代わりに、お好み焼×2ならどうだ?」と聞くと、
2枚も食いたくないのだそうな。
お好み焼+飯がベストな組み合わせだそうである。

よく、ジョークで、関西の方は、たこ焼きをおかずにして飯を食うと聴くが、おなじ組み合わせなのであろう。両者が主食であり副食となっているのだと思う。それがひとつの食文化として根ざしているのである。

だから、どちらがエライ・正しいと言い始めるとキリがない。
好きなように食えばいいのだ。

それで--。
「長谷川さん、あんたはいったいお好み焼プラス何ですか?」と聴かれるので、
「ビールでしょ!」と答えておいた。

焼きたてのお好み焼をふうふういいながら、汗をかきながら、ビールをのどに流し込む醍醐味ほど素敵なものはない。

酒が全く駄目な彼は、「ありえないでしょ!」と返答してきた。

さてさて。
月曜からいよいよ前代未聞の5連休です。
今日は、木曜締切のレポート添削をなんとか終わらせ投函する。3月締切の課題はすべてすんだ。

火曜に大阪の海遊館を経由して実家へ帰ります。
一息つこうと思います……
4月の新出発を目指して。

でも休めるのかなア……実家の書庫を整理して論文の材料を集めてしまいそうです。
というわけで、何も引用しないと宇治家参去らしくないので、食の話でしめましょう。

----
 むろん、この日は朝から、ほとんど何も食べなかった。天ぷらを食べるときには空腹でないといけない。
 天ぷらは揚げ物である。揚げ物ならば熱いうちに食べなくてはならぬのが自明の理というものだ。せっかくに神経をくばって油の火加減をととのえ、気をつめて揚げてくれた天ぷらを前に、ぐずぐずと酒を酌みかわしていたり、語り合ったりしていたのでは、天ぷらが泣き出して、ぐんにゃりしてしまうし、料理人は気落ちがしてしまう。これまた自明の理である。
 あるじがあらわれ、支度にかかるうち、先ず、清酒をたのむ。そこへ、いきなり生の車海老が一尾出て来る。これは、まぎれもない今日の材料のうちの〔頭領〕の鮮度を、客の舌にたしかめさせようという自信から出たものだろう。
 そのほか、季節によって、胡瓜と椎茸の和え物とか、烏賊(いか)の雲丹(うに)和えとか、蟹味噌なぞが少量ずつ出る。いずれも手造りのもので、うまい。
 そのうちに油加減がよくなり、あるじが揚げはじめ、こちらは、揚げるそばから口へ入れてゆく。
 この間に、酒は合わせて日本がよいところだろう。私には、それ以上の酒と天ぷらと飯の味を損なうことになる。
 飯と共に、豆腐を煎りぬいたふりかけが出される。
 このふりかけで、飯を四杯も食べた男がいるそうな。
 天ぷらを、飯を、
 「うまい、うまい」
 と、食べれば食べるほどに、あるじの顔が笑みくずれてゆく。
 終わって、カウンターの向こうの瀟洒(しょうしゃ)な待合の席で茶と果物。
 約一時間で、私は外へ出ることになる。
 「天ぷら屋には、長ながと腰を落ちつけるものじゃあねえ」
 と、私の亡き祖父は、よくいっていたものだ。
    --池波正太郎「室町・はやし」、『散歩のとき 何か食べたくなって』(新潮文庫、昭和五六年)。
----

天ぷらが食べたくなったでしょう。
日本橋室町の目立たない通りにうえで紹介されている「はやし」はある。
店の入り口も質素で、ただの民家風な様子で、有名な店のようには全く見えません。
本物の天ぷらを揚げるそばから堪能できます。
ただ、いい値段していますが……。

Book 散歩のとき何か食べたくなって (新潮文庫)

著者:池波 正太郎
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 〔天職への〕召命〔コーリング〕 | トップページ | もう年です »

告白・独白・毒吐の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お好み焼+α:

« 〔天職への〕召命〔コーリング〕 | トップページ | もう年です »