« 東京へ | トップページ | なぜ、待てないのか…… »

旨いもの・酒巡礼記:善通寺編 「嘉舞茶来(かむちゃら)」

01_080328123335 02_080328123316

旨いもの・酒巡礼記:善通寺編 「嘉舞茶来(かむちゃら)」

帰省した折り、必ず行かねばと思っていたのが、和風ベースの素敵なカフェ(とでもいえばいいのでしょうか)「嘉舞茶来(かむちゃら)」です。

昨年12月に高松スクーリングのとき、学生さんが教えてくれた店です。
酒とか旨い食いモノの話をしますので、「そっと」教えてくれました。答案用紙の末尾に……。

「おかまちゃんふたりで、切り盛りしている店ですけど、出される料理は本物です、先生是非行ってください!」(趣意)とのこと。

3/28(金)。
義母、細君、息子と私で訪問する。
前日、素通りで入るとすでに満員でアウト。
今回は、ランチで予約を入れてみた。
細君が「子供が居るのですけど……」というと、
マスター(?)曰く「おとなしい子供ですか?」とのこと。
細君曰く「おとなしいです」

戦々恐々で訪問する。

看板もなくしゃれた住宅のような佇まいだが、まさに“知る人ぞ知る”隠れ家。
インテリアや食器もオリエンタルで統一され、店を切り盛りするふたりの方もオリエンタル。しかもよく気が利き、本当にこの商売が好きなのだと実感させられる。

きれいに磨き抜かれ、チリ一つない店内。
予約席のテーブルに案内され、着座。子供もしっかり「おとなしく」している。

この日のランチメニューは以下の通り。
(A)海鮮卵とじ丼
(B)ウインナーとブロッコリーのカレー
共に850円。プラス150円でコーヒーがつく。

私はBを選択し、細君たちはAを選ぶ。
その間にも、ひっきりなしに客は訪れるが、空席無で出直しの客ばかり。
予約を入れて正解でした。

さて……。

出てきました!

カレーだけかとおもっていると、びっくり仰天。
お新香と芥子菜の和え物に、おから、みそ汁、サラダ、フルーツとゼリーの盆がついてくる。

みそ汁を飲む。

のぞける。

お新香を口へいれる。

のぞける。

それが繰り返される。

そして、カレー。

「辛くないですよ」とオーナーがおっしゃっていた。

一口くちにすると、

「甘い」

だけど、

「スパイシー」

アジアンカレーだけど、これも丁寧に造られている。

最後にひとこと。

「旨かった!」

そしてもう一発。

お盆の上をご覧下さい。

お猪口に季節の生花が生けられています。
どの盆も別の花。

まさに……

「もてなし」と「丁寧」と「本物」の店です。

教えてくださった学生さんありがとう。

そして、創ってくれた「嘉舞茶来」さんありがとう。

興味のある方は是非!!
今度は、ディナーにチャレンジです。

「嘉舞茶来」
香川県善通寺市善通寺町2961-6
0877-64-0255
※ディナーメニューは前日までの完全予約制

|

« 東京へ | トップページ | なぜ、待てないのか…… »

衣食住」カテゴリの記事

コメント

 とても素敵なお店ですね! 
早速、今日主人に話してみますと、「今年は四国方面に行ってみよう」となりました。(どの時期になるかは未定ですが)

 有限と無限の対峙ーーー
 昭和は遠くになりにけり
共感する部分がたくさんありました。
  (リビングでの家族共通のPC使用のため今日は順番待ちとなり コメント今となりました)
      samantha
   

投稿: サマンサ | 2008年3月30日 (日) 23時23分

samanthaさんへ

素敵なお店です。
四国はあまりみるところはありませんが、のんびりはできると思います。

映画の「UDON」あたりがその雰囲気を伝えています。


投稿: 宇治家 参去 | 2008年3月31日 (月) 15時03分

はじめまして。
かむちゃらに出向く際、参考にさせていただきました。 おっしゃられていたとおり、とってもすてきなお店でした。
ずっと気になっていましたが、ここを発見して動かされました。
ありがとうございました!
ところで・・・「のぞける」というのは何でしょう・・・?

投稿: 観音寺市より | 2010年1月22日 (金) 14時50分

こんばんわ。

古い日記なのですが、コメントを頂きありがとうございます。

自分も1回しか訪問したことがないのですが、次に帰省したおりには、ナイトタイムに訪問したと思う昨今です。


ちょいとかわったお店なのですが、だすものは本物です。

……ということで「のぞける」という表現ですが、要するに、出されたメニューが「美味しく」て感動して、ひっくりかえった……という感動の言葉です。

おいしくてびくってして、席に座っているにもかかわらず、電気が迸り、びくってした……という様です。

投稿: 宇治家参去 | 2010年1月25日 (月) 01時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旨いもの・酒巡礼記:善通寺編 「嘉舞茶来(かむちゃら)」:

« 東京へ | トップページ | なぜ、待てないのか…… »