« ビールはご自分でお注ぎになったほうがうまいと思います | トップページ | 蛙の子は蛙にならないでよろしい »

『私に矛盾が多い、それは私が大きいからである』

01_080428150939

02maruya

-----

 内村は晩年に近く「矛盾について」(『聖書之研究』大正十三年八月、原英文)という一文のなかで、「詩人ワルト・ホヰットマンが曰(い)うた事がある『私に矛盾が多い、それは私が大きいからである』と。其の如くに神は最も大きい方であるから、矛盾の最も多い者である。彼は愛し給ふ、又憎み給ふ。彼は愛であると同時に又焼尽す火であり給ふ。そして彼の真の子供はいつでも克く彼に肖(に)る者である。パウロ、ルーテル、クロムウェル、彼等孰れも何たる矛盾の組合せでありしよ」といっているが、これは内村が問わず語りに己れを語った言葉とも見られる。内村にして然り、たえず状況的発言をしてきた福沢や、ロマンティックな詩人岡倉から相矛盾する命題をひろい出すのはいとも容易である。しかしまったく崩れを見せない人間が人間としての魅力に乏しいように、形式論理学の教科書のように整然とした思想が必ずしも思想として価値が高いわけではない。といってその場の思いつきのたんに雑然とした集合からは、どんなにその思いつきが斬新でも、オリジナルな思想家は生まれないだろう。この三人の言論と行動には、あらゆる矛盾を貫いて執拗に響きつづけるある基調音があった。まさにその何ものかが、彼等の矛盾にかえっていきいきとした生命力とはりつめた緊張を与えている。本当に個性的な思想とはそういうものではないか。もっとも個性的であることによってもっとも普遍的なものを蔵する思想こそ学ぶに値する思想である。と同時にまたそれは「学ぶ」に容易ならぬ思想でもある。もっとも思想家らしい思想の亜流に、往々にしてもっとも思想家くさい思想業者がうまれる所以であろう。
 「魂(ゼーレ)が語りはじめたとたんに、ああ、魂はもはや語らない」とF.シラーがいっている。思想がひとたび思想家の骨肉をはなれて「客観的形象」と化した瞬間に、それは独り歩きをはじめる。しかもそれが亜流の手にわたって、もてはやされ「崇拝」されるようになると、本来そこにたたえられていた内面的緊張は弛緩し、多角性は磨かれて円滑となり、いきいきした矛盾は「統一」され、あるいは、その一側面だけが継承されることによってかえってダイナミズムを喪失して凝固する。内村がその遺稿で「私は今日流行の無教会主義者にあらず」といったように、福沢や岡倉も今次の戦中戦後に生きていたならば、必ずや「今日流行の」福沢主義、また天心主義にたいして、憤りと若干の諦観をもって、同じ感慨をいだくにちがいない。著名なマルクスの嘆声(「私はマルクス主義者ではない」)は、かくしてあらゆる偉大な思想家が己の思想のとどめがたい運命的な歩みを目撃した時に洩らすつぶやきではなかろうか。
    --丸山眞男「福沢・岡倉・内村」、『忠誠と反逆』(筑摩書房、1992年)

-----

思想家とその思想を対象とする思想史ほど、方法論とか記述の仕方が曖昧なジャンルの人文科学はないのかと思うのですが、そうした思想なり思想家なりを扱う際の心がけを上の丸山眞男(1914-1996)の文章は語っている。

いつかは忘れたが、多分、修士課程のころ、今の指導教官が教えてくれた丸山の言葉ではないかと思う。ちょうど、日本におけるキリスト教受容の問題と神学思想の展開を追跡した頃で、(今でもそうなのですが)様々な問題群に興味をひかれるあまり、なかなか1点に集中できない悪癖があるのですが、そうした移り気に釘をさされるなかで、出てきた言葉ではないかと思う。どの思想家の思想をやってもよいのだが、根本的には、それをどうして扱うのか踏まえた上で、その対極がはっきり見えていなくても、関心としては自分の中での青写真(ヴェーバーのいう価値自由の自覚)が必要だ、そして最初はできるだけ、“大物”から研究しなさい、といわれたものです。なかなかそれがひとつの大きな成果にならないところが申し訳ないのですが、今年はひとつ提出する流れになっているので、よそ見をせずにまとめていきたいところです。

功罪あわせもつ大人物と呼ばれる思想家ないしは神学者ないしは哲学者たちは、うえの文章でも触れられているとおり、『私に矛盾が多い、それは私が大きいからである』を地の通り歩んだ人物が多い。最初はマイナーなほうがいいよな……なんて思っていましたが、そういわれ、大物を読むようになると、その矛盾に魅力を感じて読み耽るようになったものです。

さて……。
丸山眞男といえば、戦後日本の論壇をリードし、民主主義を擁護した進歩派知識人のひとりであり、左右両者から批判をあびながらも、確立した個人のあり方と歴史としての共同体との関わり方(あるべきあり方)を論じたその軌跡は、今なお光彩を失っていないと思う。もちろん、通俗的な左右からの丸山批判だけでなく、ポストコロニアル批評の立場からの丸山批判も散見されるが、やはり知の巨人であることには変わりない。宇治家参去ぐらいの世代までは比較的、丸山の名著とかベストセラーは読まれたものですが、最近ではどうでしょうか……。

大学で教鞭をとるようになってちょうど今年で5年目に突入するが、つくづく実感するのが、ゆとり以後の学としての基礎体力の低下と、ナショナルアイデンティティの自明化ないしは刷り込みの強化とでもいえばいいのでしょうか……、“日本は美しい国ですよ、貴方の言うようなことはないはずでは……?”のような雰囲気を“以後”の学生たちには顕著に感じるようになっている。時期的にも教科書問題以後の義務教育の学生さんたちということになるのだろうが……、そういうところには、デモクラシー(民権)とナショナリズム(国権)の緊張的なバランスを模索した丸山の歩みの入り込む隙間はないのかもしれませんね。そういうところには、少し寂しい部分を感じ取る宇治家参去ですが、逆からみれば、そう感じる宇治家参去は、一昔前の知識人のスタイルであると、ポストモダンの批評世界からは批判されそうですが。

いずれにしても、ナショナルアイデンティティの問題は、当人がどのようにそれに対する関係を結んでいくのかという意味では至極個人の信念系の立て方の問題になってくるが、それにしても、たえずその関係を問い直していかない限り、「本来そこにたたえられていた内面的緊張は弛緩し、多角性は磨かれて円滑となり、いきいきした矛盾は「統一」され、あるいは、その一側面だけが継承されることによってかえってダイナミズムを喪失して凝固」してしまうのであろう。このことは何もナショナルアイデンティティだけに限定される問題ではない。

宇治家参去の専門とする神学思想史の世界でも様々な論者を扱うが、たえず、テクストと向かい合うなかで、そうした陥穽に陥らぬ自覚と努力が必要であろう。もちろん陥穽に陥らぬ保証は全くない。現在の批判理論の指摘からも明らかである。しかし、そうしたアンチノミーを自覚しつつも、その対象を了解し、自らの自己認識を高めていく創造的過程を緊張的に継続していくほかあるまい。

「もっとも個性的であることによってもっとも普遍的なものを蔵する思想こそ学ぶに値する思想である。と同時にまたそれは「学ぶ」に容易ならぬ思想でもある。もっとも思想家らしい思想の亜流に、往々にしてもっとも思想家くさい思想業者がうまれる」ようにはならないようにしないといけませんね。

03_080418213120

Book 忠誠と反逆―転形期日本の精神史的位相 (ちくま学芸文庫)

著者:丸山 眞男
販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ビールはご自分でお注ぎになったほうがうまいと思います | トップページ | 蛙の子は蛙にならないでよろしい »

哲学・倫理学(現代)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『私に矛盾が多い、それは私が大きいからである』:

« ビールはご自分でお注ぎになったほうがうまいと思います | トップページ | 蛙の子は蛙にならないでよろしい »