« ロマンのない倫理学者をうちのめす現実の一言 | トップページ | 「我々は甚だ不快なる機械であるであろう」はずはない »

いつから人は理想を口にしなくなったのだろうか……。

01_dscn7741

-----

女子教育に就て
 左は京都大学講師農学博士新渡戸氏が梅花女学校卒業式に於て演説せられしものの大要なり、文責は記者にあり。

 百姓にとっては花より果(か)が大切である。何事も実用的でなければならぬ。教育に於ても実用を主とせねばならぬというは一般に人の主張するところである。私も二十年前はしか思うておった。殊(よく)に女子教育はしかあるべきものと論じた事もあった。然れど今に及んで考うれば、それは間違っておった。すべて中等の教育は実用などということは寧ろ棄てておいて、それよりは理想を高くするということが必要である。
 元来日本の教育は独逸(ドイツ)に倣(なら)ったために、すべてが規則的で、学科を多くして、能(あた)う限り多くの芸術を教えようとしたのである。これは教育の方針を誤ったものである。教育はつとめて自由で、芸術を教ゆるよりは、その趣味理想の脳力を養うべきである。多くの人の経験によれば、最も楽しい時は、学校である。ちょっと考えると学校を出(いで)て働く時の方が楽しかるべきはずのようなれど、実際はそうでない。今日の社会では悲しい事だが、過程よりも学校の方が寧ろ楽しいのである。これは何故であろう。私思うに学校時代は最(もっとも)理想の高い時であるからであろう。理想さえ高ければ、如何(いか)なる困難に遭(あ)っても楽しむ事が出来る。社会に出(い)でると実際の事実が理想のようにないために失望して失敗するものが多い。然れど常に理想を固く以(もっ)ているものは、その中に於てよく耐忍してこれに勝つことができる。
 この理想を養う所は学校である。私の友人に大学を卒業して立派な官吏となっておる者がある。ある時この人が私に曰(い)うに、ぼくは学校に於て教(おそわ)ったことは何も役に立たなかった、しかし少しばかり学んだ哲学がぼくに非常な利益を与えたと。然からば学校にいる時に最注意することは、技能芸能でなくて人生の理想を養うことである。飯をたいたり漬物をつける位は何処(ほか)でも習える。然れど理想は学校でなくば容易に得られぬ。それ故に学校にある間に善(よ)い詩や文やまたは聖書などによって大(おおい)に理想を養わねばならぬ。なお卒業して社会に出る人にすすめたときことは、事に当ってその養われた理想を思い出して、考えることである。兼ねて聞いた事、思うておった事は「ここだ」と思いかえして誤らないようにすることである。真剣の勝負をする時は、先ず一歩退(しりぞ)いて「ここだ」と心を静めてなすべきだというが、学校を出て実際の社会の立とうとするものはこの事が最必要である。〔一九〇四年四月七日『基督教世界』一〇七五号〕
    --新渡戸稲造(鈴木範久編)『新渡戸稲造論集』(岩波文庫、2007年)。

-----

いつから人は理想を口にしなくなったのだろうか……。
理想を語ると青臭いとなじられる。
理想を語るとその構成の甘さを指摘される。
そして理想を語ると、その実現不可能性が完膚無きまでに破壊されし尽くされてしまう。
ひとはひとに対して自分の理想を語るとき、現実という大きな壁のまえに立ちすくむ居心地の悪さを感じてしまうものだが、人間から理想を奪ったとき、人間は、「シカタガナイ」と零(こぼ)しつつ、諦めと居直りの日々を歩むほかあるまい。

理想を封じ込めてしまう……殺伐として寂寥感……が時代を覆う重い空気となっているのでは?と感じるある日の宇治家参去です。

理想をかたる人間は空気が読めない訳ではない。
理想を目指す人間は、風車に突進するドン・キホーテではない。
理想を願うひとびとの祈りは、何もうごかせないわけではない。

ただ、理想を語るな……という空気を読めよとでもいうべき無言の圧力がひとびとから前進するチカラを奪いつつあるナと実感するある日の宇治家参去です。

古来ひとびとは様々な理想を語り、そしてそれをめざし前進してきた。
理想を目指して前進する人の姿は実に美しい。しかし理想が人々を醜くする側面も実は持っていた。想定された理想が、ひとびとへ“強要”されるとき、理想は地に墜ち、ひとびとを“解き放つ”どころか、ひとびとを“破壊”する魔性として機能してきたことも歴史の事実である。

20世紀の歴史を振り返ると、それは革命と暴力の世紀であったといっても過言ではない。様々な理想が語られ、ひとびとを動員し、ひとびとがひとびとへ手を挙げる歴史の連続であった。その意味でも、まさに“理想”が“動員”されるとき、何かオカシナ事態が生じてしまうのであろう。

現在において“理想なるもの”が大声で語られることに対して敬遠されるムードが醸し出されているのは、そうしたものに対する反省と嫌悪の結果なのかもしれない。それはそれで反省され嫌悪されてしかるべきであろう。

ただしかし……
それと同時に、個々の人々が理想を目指す部分まで廃棄してしまうことは不可能である。産湯を棄てるときに赤ん坊まで流してしまう必要はあるまい。

理想は人に語らなくてもよいし、自分の語る理想を問答無用で、動員させなくてもよい。ただ、自分自身に向ければよい。
それによってそのひとは成長することが可能になる。
相手にも理解して欲しいのであれば、対話すればよい。相手がそれで採用するならそれでよかろう。ただそれだけだ。

「日本人だから、これこれこういう理想を目指しなさい」……なんて言わない方がよい。
「平和にしたいという理想を実現したいのであれば、今すぐこれをしろ!」……なんて言わない方がよい。

ともすると人は、理想を持つことで最終解答を手に取ったと錯覚してしまう。
理想が理想であるとすれば、その最終解答はいまだ証明不可能であることはずだ。しかしどうやら人は、それが完成された最高作品だと事態を錯覚してしまう。当人においてはそれでよいのだが、他者にむけるとき、それはひとつのイデオロギーの強要と化してしまう。

自覚が必要だ。
そしてなおかつ理想を抱くことも必要だ。
そしてそれに向かって自分一人が歩んでいく勇気と努力が必要だ。

そうした心根を欠落してしまうと、気が付いたときは、「シカタガナイ」とぼやく哀れな自己自身しか存在しない。

さて……
その意味では(ちょい跳んだかな)、「理想を養う所は学校である」というのはたしかなことだ。しかし新渡戸稲造のすごいところは、「理想をたたき込む所」としていないところであろう。あくまでも「理想を養う所」としての「学校」である。
学校がそうなったとき、すこしだけ私とあなたの幸せが増進しそうな気がした、またまたある日の宇治家参去です。

理想を語るのは少しこっ恥ずかしい現実社会であり、どうも言葉をつぐんでしまう部分も多々あるが、やはり学校は「理想を養う所」である。そこから現実へ躍り出たとき、まさにひとは理想と現実のギャップに直面する。しかし現実しかないならば、それはおそらく潤いのない不毛な生活しかないことに「シカタガイ」と生きていくしかないのだけれども、どこか自分自身が自分自身に対する「理想」の炎をどこかで消さずに持ち続けた場合、そこには何か潤いと彩りがあるように思われる。

ぐだぐだな現実ですけれども、学校で養った自分自身の「理想」の炎を消したくないものです。
そして、学校をそういう空間であるようにスライドさせていくことを固く決意した、またまたある日の宇治家参去です。

ちょうど今日は、仕事の休憩中に、『新渡戸稲造論集』を読んでいたで……。
本書が上梓されたおり、鈴木先生から頂いたものなのだが、再度読み返していたわけですが、現実と理想のギャップが甚だしいものであったとしても、それは他者におけるその両者の関係ではなく、自己と現実、自己の理想の関係であるから、そこをきちんと見つめ直さない限り、どうにもこうにもならないと読みながら自覚しました。

で……、現実。

市井の職場の休憩時間、それはすなわち宇治家参去の学問の時間なのですが、これまでその入力作業にスマートフォンを利用していた。しかし入力スピードにはそもそも限界がある。時々、VistaのノートPCを持ち込み仕事をすることもあったがいかんせん持ってきてまた持って帰るのが面倒である。そこで会社においておくパソコンを!と思っていた矢先、いい物件を発見した。
もちろんそれは、Windows Vistaがバリバリ動くような先端の“理想”的なマシンではない。ヤフオクでたったの1500円。PentiumII 266Mhz、メモリ160MBというひと世代もふた世代も前の骨董的なノートPCである。とりあえずWindows2000をぶち込んでみるが、テキストの入力、メールのやり取り、ちょい表示にいらつくがインターネットも問題ない。今日から職場に導入し、論文の下書きや授業の準備用に使い始めた。
おそらく、使用しているスマートフォンの方が“頭は良い”のだろうが、やはりフルキーボード、XGA表示では、スマートフォンに勝ち目はない。骨董品の方が優秀だ。

“理想”的な先端マシンではないけれども、“現実”に即した骨董品で、仕事を始めましょう。

写真のパソコンがそれですが、一緒に写っているのが、論文の資料のひとつ。
Harry Harootunian,Overcome by Modernity: History, Culture,and Community in Interwar Japan (Princeton Univ Press,2002).ですが邦訳も既に出ています(H.ハルトゥーニアン(梅森直之訳)『近代による超克―戦間期日本の歴史・文化・共同体』(岩波書店、2007年))。ただし邦訳の方が“高い”ので原著で済ませることにした。論文の〆切は九月なんですが、今月に片づけ、別の課題を夏にやっけようと思っています。

なんとかこの地に“理想”を実現させたいものですから……。

でもなんか最近疲れているなア。

02inazo_nitobe

新渡戸稲造論集 (岩波文庫 青 118-2) Book 新渡戸稲造論集 (岩波文庫 青 118-2)

著者:新渡戸 稲造
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Overcome by Modernity: History, Culture, and Community in Interwar Japan Book Overcome by Modernity: History, Culture, and Community in Interwar Japan

著者:Harry Harootunian
販売元:Princeton Univ Pr
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ロマンのない倫理学者をうちのめす現実の一言 | トップページ | 「我々は甚だ不快なる機械であるであろう」はずはない »

現代批評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/21444919

この記事へのトラックバック一覧です: いつから人は理想を口にしなくなったのだろうか……。:

» 沖縄フランチャイズ/独立のことなら独立Naviにお任せ! [沖縄フランチャイズ☆]
こちら沖縄フランチャイズ/独立のことなら独立Naviにお任せ!案内! [続きを読む]

受信: 2008年6月 6日 (金) 07時28分

» 派遣会社評価/求人情報が集まる総合求人サイト! [派遣会社評価しょうかい]
話題派遣会社評価/求人情報が集まる総合求人サイト! [続きを読む]

受信: 2008年6月 6日 (金) 08時07分

« ロマンのない倫理学者をうちのめす現実の一言 | トップページ | 「我々は甚だ不快なる機械であるであろう」はずはない »