« 学とは人と人との間の局面的面受の関係 | トップページ | 知恵は老年医学である必要はない »

旨いもの・酒巡礼記:高松編 「串揚 ゴン太」

00_p1030251

旨いもの・酒巡礼記:高松編 「串揚 ゴン太」

さてスクーリング初日目。
21時まで会場で学生さんたちと懇談。
その後、やはり飲兵衛の血の騒ぎがおさまらず、学生さんの自動車で市内まで送ってもらう。あとは感をたよりに、適当に徘徊すると素敵な店を1軒発見する。

串揚 ゴン太
ひなびた感じの、古くからある感じの店構えだが、店内は比較的清潔で、席はカウンターのみ。

野菜・肉・海鮮といった定番な物から創作された珍しいメニューや地産の一品まで串はどれでも1本150円。サイドで冷や奴やなめ茸おろしなど小鉢類。ビールはモルツプレミアムで、地元の酒が並んでいる。

野菜、肉、海鮮、ひととおり注文するが、目の前で揚げてくれ、そのままだしてくれる。熱いのをふうふういながらほおばり、ビールですかっと流すと爽快感は百倍だ。

定番メニュー以外にもその日限りの素材も楽しめるし、宇治家参去のような一見さんにも温かく出迎えてくれる雰囲気がなによりよい。

お薦めは、明太子串。
明太子と言えば、そのまま食べるか、何かと合わせるイメージが強いが、明太子に串をさし、衣を付けてあげただけの一品だが、食べると明太子観を一新させること間違いない。

近くにお立ち寄りの際は、どうぞ。

串揚 ゴン太
香川県高松市古馬場町6-18
087-822-6725
PM18:00~AM3:00/Lo.AM2:30(定休日、日曜日)

01_p1030241 02_p1030243 03_p1030249

|

« 学とは人と人との間の局面的面受の関係 | トップページ | 知恵は老年医学である必要はない »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旨いもの・酒巡礼記:高松編 「串揚 ゴン太」:

« 学とは人と人との間の局面的面受の関係 | トップページ | 知恵は老年医学である必要はない »