« 教養には、自分自身に対する節度と距離をわきまえる普遍的な感覚がある | トップページ | 環境とはつねに更新するジレンマ »

文章ではなくって字引 からの 逸脱

01_p1030270

-----

 大抵のイズムとか主義とかいうものは無数の事実を几帳面な男が束にして頭の抽出(ひきだし)へ入れやすいように拵えてくれたものである。一纏めにきちりと片付いている代わりには、出すのが億劫になったり、解(ほど)くのに手数がかかったりするので、いざという場合には間に合わない事が多い。大抵のイズムはこの点において、実生活上の行為を直接に支配するために作られた指南車というよりは、吾人は知識欲を満たすための統一函である。文章ではなくって字引である。
 同時に多くのイズムは、零砕の類例が、比較的緻密な頭脳に濾過されて凝結した時に取る一種の形である。形といわんよりはむしろ輪郭である。中味(なかみ)のないものである。中味を捨てて輪郭だけを畳み込むのは、天保銭を背負う代りに紙幣を懐にすると同じく小さな人間として軽便だからである。
 この意味においてイズムは会社の決算報告に比較すべきものである。更に生徒の学年成績に匹敵すべきものである。僅一行の数字の裏面(りめん)に、僅か二位の得点の背景に殆どありのままには繰返しがたき、多くの時と事と人間と、その人間の努力と悲喜と成敗とが潜んでいる。
 従ってイズムは既に経過せる事実を土台として成立するものである。過去を総束するものである。経験の歴史を簡略にするものである。与えられたる事実の輪郭である。型である。この型を以て未来に望むのは、天の展開する未来の内容を、人の頭で拵えた器に盛終(もりおお)せようと、あらかじめ待ち設けると一般である。器械的な自然界の現象のうち、尤も単調な重複を厭(いと)わざるものには、すぐこの型を応用して実生活の便宜を計る事が出来るかも知れない。科学者の研究が未来に反射するというのはこのためである。しかし人間精神上の生活において、吾人がもし一イズムに支配されんとするとき、吾人は直に与えられたる輪郭のために生存するの苦痛を感ずるものである。単に与えられたる輪郭の方便として生存するのは、形骸のために器械の用をなすと一般だからである。その時わが精神の発展が自個天然の法則に遵(したが)って、自己に真実なる輪郭を、自らと自らに付与し得ざる屈辱を憤る事さえある。
 精神がこの屈辱を感ずるとき、吾人はこれを過去の輪郭がまさに崩れんとする前兆と見る。未来に引き延ばしがたきものを引き延ばして無理にあるいは盲目的に利用せんとしたる罪過と見る。
 過去はこれらのイズムに因って支配せられたるが故に、これからもまたこのイズムに支配せられざるべからずと臆断して、一短期の過程より得たる輪郭を胸に蔵して、凡てを断ぜんとするものは、升を抱いて高さを計り、かねて長さを量(はか)らんとするが如き暴挙である。
    --夏目漱石(三好行雄編)「イズムの功過」、『漱石文明論集』(岩波文庫、1986年)。

-----

東京は真剣に暑くなってきました。
この夏初めて自宅のエアコンを18度の設定で“急冷”にした宇治家参去です。
今日は久し振りの休みですが、休みが休みでない荒野を彷徨っておりますので、朝から起きて、先月末のスクーリングの後始末(採点・旅費精算etc)、そしてレポートの添削(ってやっていると次の束が送付されてきた! 夏季スクーリング前なので多いのかも)、そして、来週の講義内容の仕込み……。

気が付くと16時過ぎ……。息子さんがこれから英語の塾へ行くところであった。
軽くウルトラの挨拶を交わして送り出し、送迎から帰ってきた細君へ、

「今日はどこか外へでますか?」と誰何する。

本人も期待していたようなので、息子さんの授業が終了後、彼をサルベージしてそのまま外食(という名の宇治家参去にとっては酒飲み大会)という流れになる。

うちの家では恒例ですが、出張後は、基本的に家族と外へ出ることにしています。
出張中、いわば、宇治家参去自身が当地で美食を堪能しているわけですので、そのお裾分けといいますか、埋め合わせといいますか、配慮が必要だと自分自身で実感していますので(といういいわけを作りながら自分も楽しんでいるわけですが)、気晴らしをします。
今日は比較的、総菜の旨い居酒屋で一献する。
細君はまったく飲めない人なので、酒は呑みませんが、この飲み屋が比較的気に入っている。チェーン店ですが、個店ごとに比較的工夫をしており、少々値ははりますが、それなりにうまいものをだしてくれるので、母子ともにご満悦です。

今日のクリティカル・ヒットは、山芋・明太子の餅・チーズ鉄板焼き(薬味の葱多め)と季節モノですが、鰹のたたきでしょうか。

前者の混じり合うウマミと、後者の旬が宇治家参去とその郎党を圧倒する。

この行事(?)はある意味で恒例の、ルーティン化された行事なのですが、その形式と内実を今回はサプライズさせる。細君には花束を、息子さんには例の如くですが、ウルトラ怪獣のプレゼント。金はないけど出せる範囲で工夫をしてみた。二人とも大いに喜んでくれて幸いである。その喜びそのものが自分自身の喜びとなるのが人間という世の中の不思議な部分である。

へんな話ですが、形式と内実は、それぞれが別個に存在するモノではなく有機的関連しあった間柄的な関係(和辻哲郎)にあると思っています。ですので生活の中で、ときどき、その両者を点検する必要があるとおもっている宇治家参去です。

些細な日常を、「ふと……」点検してしまうと、恐ろしいことに、それまでの日常とはまったく違う日常が展開してしまいます。

それが形式に縛られない内実を創造する、イズムと訣別した日常だと思います……って早く寝よう。

02_080704180901 03_080704181607

漱石文明論集 (岩波文庫) Book 漱石文明論集 (岩波文庫)

著者:夏目 漱石
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 教養には、自分自身に対する節度と距離をわきまえる普遍的な感覚がある | トップページ | 環境とはつねに更新するジレンマ »

告白・独白・毒吐の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文章ではなくって字引 からの 逸脱:

« 教養には、自分自身に対する節度と距離をわきまえる普遍的な感覚がある | トップページ | 環境とはつねに更新するジレンマ »