« お前ら、いいかげんにシオサイ(「潮騒」by三島由紀夫)!! | トップページ | 【覚え書】「〔女の気持ち〕 たたかいます」、『毎日新聞』(2008年9月5日(金)付)。 »

「せがれめ、小生意気なまねを……」

00_080904200651 01_r0010854

-----

 大治郎は、また老人に出会った。
 山谷堀の南に、真土山(まつちやま)の聖天宮(しょうてんぐう)がある。
 この日も、大治郎は田沼屋敷からの帰りで、いつもよりは時刻も早かったものだから、聖天宮へ参拝してから、門前の〔月むら〕という蕎麦屋へ入り、
 「酒をたのむ」
 と、いった。
 大治郎も、大分に変わってきたようだ。
 長い修行を終え、江戸の父の許(もと)へ帰って来たころの秋山大治郎は、一人きりで蕎麦屋へ入って酒をのむことなど、おもってもみなかった。
 いや、蕎麦は食べても、まだ明るいうちに酒を口にするなどとは、それこそ、
 (とんでもない……)
 ことだったといってよい。
 小兵衛とちがって、二合ものめば真っ赤になってしまう大治郎なのだが、ともかくも、こうして酒に親しむという気分を、
 (わるいものではない)
 と、おもいはじめてきたらしい。
 それもこれも、父・小兵衛のすることを見ているからであろう。
 酒がくると、おもいついて蕎麦掻きもたのんだ。
 月むらは、一年ほど前に開店した蕎麦屋だが、場所柄、小ぎれいな店構えで、奧には小座敷もある。
 酒も蕎麦もうまいというので、たちまちに客がつき夕暮れ間近い、この時刻にも入れこみは客で埋まっていた。
 入れこみの真中に通路があって、突き当たりに大川(隅田川)をのぞむ小座敷が二つある。
 黒塗りの小桶の、熱湯の中の蕎麦掻きを箸で千切り、汁につけて口に運びつつ。大治郎はゆっくりと酒を楽しんだ。
 こんなことを秋山小兵衛が見たら、何というだろう。
 「せがれめ、小生意気なまねを……」
 苦笑を洩らすにちがいない。
    --池波正太郎「逃げる人」、『剣客商売⑫ 十番斬り』(新潮文庫、平成六年)。

-----

こういうかたちでさりげなく飲めれば、美しいのですが、いつも飲み始めると鯨がオキアミをたべるごとくに海水を吸い込むような、飲みをしてしまう宇治家参去です。

今日は休憩中、旬のものを発見し、今年は今日が初めてだよな~ってことで、『松茸おこわ』を頂く。総菜屋の出来合いですが、一応松茸ものっており、その風味に舌鼓をうつ。子供の頃は、松茸の旨さが全く分からなかった。父親が自営で会社をやっていた関係で、この季節になると、つけ届け?で、段ボール箱数杯の松茸が我が家に持ち込まれたものですが、当時はまったくその旨さが分からなかった。

男料理になるわけですが、松茸の泥を軽くすすいでから、手で裂いて、アルミホイルであぶっただけのものに、柚子か酢橘をかけ回して、かるく醤油を垂らして、美味そうに、ビールか冷やで一杯やっていた秋が懐かしい。

あれほど毛嫌いしてた松茸をほおばる様を、今は亡き親父殿が見たならば、

 「せがれめ、小生意気なまねを……」
 苦笑を洩らすにちがいない。

さて……、いつも飲んでおりますので、このことは身体的ダメージのみならず、家計にも優しくない部分がありますので、「ホッピー」(ホッピービバレッジ株式会社)はいかがですかという提案があったので、早速挑戦してみた。

実はホッピーなるものを飲むのは初めて。

ホッピー330と、推奨されている甲類焼酎(一番安かったので『鏡月』)をゲットして、公式推奨飲み方でやってみる。
①グラスを冷凍庫で、ホッピー、焼酎を冷蔵庫で冷やす(このことを「三冷」という)。
②注ぐ順番は、焼酎、ホッピーの順で泡立てるようにグラス注ぐ。
③氷をいれず、かき混ぜない。

さて一杯。

まず「なんじゃこりゃぁぁぁぁ」

ビールテイストを想像していたので、出鼻を挫かれる。

さてもう一杯。

「ふうむ~、ビールと思って飲まずに、ホッピーと思って飲めばいけそうかな」

慣れとは肝心かも知れません。
すこしこれからホッピーにシフトできるのであればシフトしてみようと思います。
これで痛風を気にせず飲めるのであれば。

でもビール乃至ホッピーのあとに、結局、酒(日本酒乃至ウイスキー)を飲んでしまうので結局元の木阿弥かもしれません。

が……。
うまく心も乗ってきたので、少し論文に手を入れてから寝ます。
おやすみなさい。

でも……(くどい!)……『剣客商売』を読んでいると、ウマイ蕎麦を手繰りたくなってしまった……どうしよう?

Kenkakusyoubai

十番斬り (新潮文庫―剣客商売) Book 十番斬り (新潮文庫―剣客商売)

著者:池波 正太郎
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« お前ら、いいかげんにシオサイ(「潮騒」by三島由紀夫)!! | トップページ | 【覚え書】「〔女の気持ち〕 たたかいます」、『毎日新聞』(2008年9月5日(金)付)。 »

衣食住」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「せがれめ、小生意気なまねを……」:

« お前ら、いいかげんにシオサイ(「潮騒」by三島由紀夫)!! | トップページ | 【覚え書】「〔女の気持ち〕 たたかいます」、『毎日新聞』(2008年9月5日(金)付)。 »