« 酒中の微弱なる甘味をさえ甘露の如く愛好する酒徒の舌は…… | トップページ | from the “Clash of Civilizations” to the“Dialogue among Civilizations” »

【覚え書】「視点 未曾有08 田母神事件  容認する政界の風潮こそ問題 論説委員 岸本正人」、『毎日新聞』2008年12月28日(日)付。

01_img_0186

-----

 <言論><暴力>を対立する概念と規定するところから、文弱の思想が生まれ、戦後擬制の民主主義の迷妄は発する。言論は暴力であり、武闘と文闘は権力を撃つ双つの矛(つるぎ)であるという認識を私たちは持たなくてはならない。さもないと、天下大乱に先立つ言論統制は、再びなべての反体制的言辞を容易に圧殺してしまうであろう。
    --竹中労『決定版 ルポライター事始』ちくま文庫、1999年。

-----

20代の頃、およそ10年あまり専門紙(機関紙)の編集に従事した経験から、自分自身もものを書く……フランス現代思想風にいえば、<表象する>とでも言えばいいでしょうか……生活を経験してきましたが、<表象する>とこととは、ひとつの暴力的な行為だと思っております。暴力と表現すると「聞こえが悪い」ですが、広くいえば、良かれ悪しかれ、何らかの影響を与えてしまう行為ということです。

何らかの影響を与えてしまう行為とは、<表象する>という行為に限定されませんが、文章というメディアに顕著な特徴的とは、その営みが必ず記録として残されてしまうということでしょう。

そうした経験の所為か、そのことを書き手は把握しておく必要があるよな……っていつも思う宇治家参去です。

言論の自由とか、表現の自由という表現は存在します。

しかし、書き手は自分自身の営みに対しては「自由」ではありません。

そこを錯覚してしまうと、最終的には自分自身で自分自身の首を絞める結果になってしまうのでしょう。

文筆業との関わりから、私淑するようになったのが上に引用したルポライター・竹中労(1930-1991)の数々の言葉です。

さて……。
「よろず喧嘩、売ります買います」……。

「えんぴつ無頼」を自称し、まさにえんぴつ一本を武器に文闘の生涯をおくった「ルポライター」が上に引用した竹中労(1930-1991)ですが、今朝、新聞を読んでいると、たまげた記事が1本あったので、【覚え書】として残しておきます。

おそらく竹中労であったならば、ラリアットをかましたかも知れません。

何がって?

「表現の自由」と自己の表現の担保として「元首相2人の名前を挙げて「私の考えは支持されている」」という言い方は両立しないのではなかろうか……と。

08年秋口より、話題になっているのが、例の田母神論文事件ですが、論旨よりも興味深いのが、実は、その周辺のポリティカル・エンヴァイロメントなんですが、そのあたりを手際よくまとめた記事がありましたので、ひとつ。

ちなみの蛇足ですが、フランスのクォリティ・ペーパー『le monde』で名前の検索をかけたところ1本もひっかりませんでした。

-----

 イージス艦の漁船衝突事故に始まり、田母神(たもがみ)俊雄航空幕僚長(更迭・定年退職)の論文問題に暮れた今年も、防衛省にとって不祥事の1年だった。特に、田母神氏の問題は、文民統制(シビリアンコントロール)の機能不全を象徴する事件だった。
 田母神論文は、閣議決定された、戦前の植民地支配と侵略を謝罪する「村山談話」を否定し、集団的自衛権の行使などで政府方針に異を唱えた。制服組最高幹部が政府見解・方針に真っ向から反する内容を公然と主張する行動は前代未聞だった。
 田母神氏は「表現の自由」を根拠に論文発表を正当化する。しかし、表現の自由も、公務員の政治的行為を制約する法的規制の対象となる場合があるほか、厳しい規律を持った実力組織・自衛隊は、文民統制の制約を受ける。政府見解・方針への見解表明には、これらの制約がもたらす限界がある。田母神氏の特異な歴史認識だけでなく、この「表現の自由」をはき違えた言動にも強い違和感がある。
 そして、誰もが衝撃を受けたのは、田母神氏のような人物が実力組織のトップに上り詰めることができる「現実」だった。
 田母神氏の過去の言動をチェックできなかった人事権者・防衛相ら政治の側に責任があるのは間違いない。また、制服組の人事案がOBら内輪の意向で事実上決まり、内局(背広組)や防衛相はこれを追認するだけという構造上の問題もある。
 しかし、同時に、田母神氏の主張を許容・支持する政治潮流の存在を指摘せざるを得ない。
 実際、田母神氏は論文の発覚直後、辞職を迫る防衛省幹部に対し、元首相2人の名前を挙げて「私の考えは支持されている」と辞表提出を拒否したという。
 歴史認識をめぐっては、過去、閣僚が侵略や植民地支配を正当化する発言をし、辞任する自体が繰り返されてきた。田母神氏の空幕長就任を閣議で了承したのは安部内閣だったが、その安部晋三元首相は、首相就任後に村山談話を踏襲する考えを表明したものの、就任前は日本の戦争責任への明言を避けていた。その落差と本音の建前の使い分けと見られていた。そして、集団的自衛権の行使を可能にするため、政府の憲法解釈を見直す目的で有識者懇談会を発足させたのも阿部首相だった。論文と同じ内容の言論を隊内で繰り返していた田母神氏が、そうした「政治の風」を背中に受けていたのは間違いないだろう。
 政治家は、今回の問題で、統制する側である自らの「文民としての資質」こそが問われたことを自覚しなければならない。
    --「視点 未曾有08 田母神事件  容認する政界の風潮こそ問題 論説委員 岸本正人」、『毎日新聞』2008年12月28日(日)付。

-----

02_img_0192

03m20005211

決定版ルポライター事始 (ちくま文庫) Book 決定版ルポライター事始 (ちくま文庫)

著者:竹中 労
販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 酒中の微弱なる甘味をさえ甘露の如く愛好する酒徒の舌は…… | トップページ | from the “Clash of Civilizations” to the“Dialogue among Civilizations” »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/26592414

この記事へのトラックバック一覧です: 【覚え書】「視点 未曾有08 田母神事件  容認する政界の風潮こそ問題 論説委員 岸本正人」、『毎日新聞』2008年12月28日(日)付。:

« 酒中の微弱なる甘味をさえ甘露の如く愛好する酒徒の舌は…… | トップページ | from the “Clash of Civilizations” to the“Dialogue among Civilizations” »