« 「そのままにしておいて。」 | トップページ | どうでもいいけど、たぶん、どうでもよくない »

思考の幼年時代をどこにでも見出すこと

01_r0011565 02_r0011561

-----

……思考は、おそらく、人が一八歳のときよりも三五歳のときのほうが、そして学校の課程の内よりは外でのほうが、より大きな幼年時代を手に入れることができる。教育的思考の新しい努めは以下のようなものだ。思考の幼年時代をどこにでも見出すこと、実際の幼年時代の外にさえも。
    --J・F・リオタール(管啓次郎訳)『こどもたちに語るポストモダン』ちくま学芸文庫、1998年。

-----

今日は年末に僅かに残された貴重な休日の一日で、朝から、「さあ、仕事をしよう」と思っていたのですが、「仕事をするまえに、掃除だよな」ってところで、自室の資料を整理して、机の上を片づけていると、『八甲田山』(東宝・シナノ企画,1977年)のDVDが出てきたので、「見ながら掃除だよな」って掃除をしておりますと、見いってしまい、掃除はおわりましたが、仕事をすることなく一日が終了してしまいました。

青森歩兵第5連隊・神田大尉のせりふ「天は我々を見放した」は渋かったです。

ただし古今東西の賢者が予見したごとく、凡人が「何かをしながら何かやる」というのはあまりよくないことだなと学習させていただいた次第です。

「何やってんだか」と反省する暇はあったのですが、せっかくのクリスマスイブでしたが、夫婦ふたりでは、ケーキを買っても食べきれないと思い買っておりませんでしたので、夕方からちょい外出し、近所の喫茶店にてささやかにケーキを戴きました。

で……。
この店、基本的には、カップはウェッジウッド。
宇治家参去としては、ウェッジウッドよりも、マイセンかアラビアのほうが品があってよいよな……といつも思うのですが、使いこなれたウェッジウッドの柄もなかなかよいものだなと、ウェッジウッドの美を再確認です。

この手の陶器は使わないと「栄(は)える」色彩なのですが、使い込んでいけばいくほど「馴染む」という部分があるのではと思います。

……と、とやかくやっていると、もう夜で……。
仕事は明日、頑張ります。

今日は、思考を解き放つ幼年時代の休日ということで。

03440pxjeanfrancois_lyotard_cropped

 こどもたちに語るポストモダン こどもたちに語るポストモダン
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

|

« 「そのままにしておいて。」 | トップページ | どうでもいいけど、たぶん、どうでもよくない »

趣味(時計・カメラ・万年筆・ライター)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思考の幼年時代をどこにでも見出すこと:

« 「そのままにしておいて。」 | トップページ | どうでもいいけど、たぶん、どうでもよくない »