« 知らないあいだに幸福と和解している | トップページ | 降る音を 肴にしつつ 雪見酒 »

顔はほとんど存在するとさえ思われていない諸関係の領野を開く

01_img_0572

-----

 存在者との関係は顔への請願であり、すでにして発語であるということ。この関係は地平との関係であるよりもむしろ深さとの、地平にうがたれた穴との関係であるということ。私の隣人は存在者の最たるものであるということ。光り輝く地平線上に存在する、それ自体では無意味なシルエットとして、地平線上に現前することでのみ意味を獲得するものとして、存在者をあくまで捉えつづけようとするのであれば、いま述べたことはいずれもかなり驚くべきことと映るかもしれない。しかるに、顔はこのようなシルエットとは別の仕方で意味する。顔においては、われわれの権能に対する存在者の無限の抵抗が殺意に抗して確証される。顔は殺意に立ち向かう。というのも、顔は完全に剥き出しのものとして自力で意味を有するからであり、このような顔の裸は何らかの形式を備えた形象ではないのだ、顔は開けである、とすら言えない。そう述べるだけで、顔とその周囲を充たすものとが関係づけられてしまうからだ。
 事物は顔をもちうるのだろうか。芸術とは、事物に顔を付与する鋭意ではなかろうか。家の正面、それはわれわれを見つめているのではなかろうか。これまでの考察では、これらの問いに十全に答えることはできない。ただ、芸術においては、リズムの非人称的な動きが魅惑的で魔術的なものと化して、社会性、顔、発語にとってかわるのではないだろうか。
 地平を起点として把持されるような了解と意味に、われわれは顔の「意味すること」(signifiance)を対置する。顔の観念を導入した際、われわれはごく簡略な説明をしたにすぎない。顔はほとんど存在するとさえ思われていない諸関係の領野を開くものなのだが、この説明だけで、顔が了解のなかで果たす役割や顔の諸条件のすべてを少しでもご理解いただけであろうか。われわれが顔の観念についてかいま見たことは、ただし、カントの実践哲学によって示唆されているように思われる。われわれはカントの実践哲学に対して格別の親近感を覚えているのである。
 どの点において、顔のヴィジョンはもはやヴィジョンではなく、聴取と発語であるのか。顔との遭遇、言い換えるなら、道徳認識は、いかにして、意識そのものの開示の条件として記述されうるのか。意識はいかにして殺人の不可能性として確証されるのか。顔の現れ、殺人への誘いとその不可能性の条件はどのようなものなのか。いかにして私は自分自身に対して顔として現れるのか。最後に、他者との関係ないし集団はどの程度、了解には還元不能な無限との関係であるのか。こうしたテーマこそ、存在論の優位に対する初めての異議提起から生まれたものである。いずれにせよ、哲学的探究は自己や実存に関する省察に甘んじてはならない。こうした省察がわれわれに証すのは、個人的実存の物語、孤独な魂の物語でしかない。たとえ自分から逃げるかに見えても、孤独な魂はたえず自分自身に回帰してしまう。権力ならざる関係に対してのみ、人間的なものは姿を現すのである。
    --レヴィナス(合田正人訳)「存在論は根源的か」、合田正人編訳『レヴィナス・コレクション』ちくま学芸文庫、1999年。

-----

月初になりますと、前月分のクレーム分析が届けられるのですが、それを目に通していると、製品そのものに対する苦情から店舗の業務・販促内容に関するものまで様々な苦情がマアあるわけですけれど、接客苦情に関しては、やはり「顔を見て“ありがとうございました”と言ってくれない」というものが毎月、上位にランクしております。

その現場現場でそれは改善してかなければならない問題ですが、別の側面から見てみますと、これは既存の日本文化・習俗風習に対する善い意味での挑戦ではないかとおもう宇治家参去です。

これまでの伝統的な日本の人間関係観においては、あまり「目と目をつきあわせて」「顔と顔をつきあわせて」向かい合うという態度は、あまり称賛されるべきあり方ではなく、むしろ恥辱をともなう、避けるべき態度として流通していたフシがあります。

「目と目をつきわせて」「顔と顔をつきあわせて」話し合う、論じ合う……という態度は日本ではあまりなじみのないもので、どちらかといえば、欧米のディベート文化の象徴のように思われているところもあるのですが、考えても見れば、たしかに「目はよくものをいう」通り、「目と目をつきあわせて」「顔と顔をつきわせて」話し合う、論じ合うことをしなければ、「ほんとうのこと」がわからないというのもある意味では厳然たる事実なんだよなと思うことがしばしばあります。

緊密な間柄でもそうですが、お互いに向き合って話すところに「実は……」という本音がぽろりと出てきたり、宇治家参去のごとく(少し酒をいれながら)「ぶっちゃけ……」とやることによって、一段深い自己理解・他者理解というのも可能になるものです。

そしてこのことは上記のクレーム分析にも見られるように、緊密な間柄だけに限られた問題ではないのかもしれません。

市井の仕事へ行きますと、売り上げ業績の影響から、アルバイトさんたちの新規採用が基本的に凍結されておりますので、マア、がっつり食品レジをうつわけで……アリエナイときは……レジをうちながら、内線の携帯電話で問い合わせ対応をやるわけですが……そのレジをうつなかでも、お客様の顔を見て、「○○円になります」「ありがとうございました」と実際にやってみますと、いろいろと発見があります。

たとえば、「この御仁、難しそうな人だよな」と初見で判断しても、「レジ袋はご利用ですか」と顔をみて発語すると、「今日はもってきましたよ!」と明るく応対されたり、「このおば様、スピーディーにレジ打たないと激怒るタイプだよな」というオーラ全開の方でも、「大変お待たせいたしました。いらっしゃいませ」と顔をみて、てきぱきと応対すると金銭授受のあと「ありがとうございました、またお越し下さいませ」とお礼を申しあげると、「お世話さま」なんて素敵に言葉を交わしてくれるケースもあります。

逆に言えば、忙しいときなんかに、初見でこのひとは大丈夫だよな……って思って、顔を伏せて「いらっしゃいませ」なんかとやると、別に激怒するわけではありませんが、邪険にお金を投げて、なんとなくプンプンしてそそくさとかえられるお客様も存在します。

もちろん、一概に、顔と顔をかわしながら応対するのが万事ベストだ!というわけではありません。もちろん「なにジロジロ見てんだよ」って式に、伝統的な日本のストロングスタイルのハンマーを受ける場合もあります。

しかしながら、眼差しを交差させなくとも、そのことを意識しながら応対するということは実は大切なことで、このことはそうした対面販売の営業最前線にかぎられた話題ではないのだろうと思います。否、むしろ、人間の生活世界において「意識して応対」すべきあり方なのかも知れません。

ちょうど、仕事へ行く前、ちょい時間があったので、職場近くのドトールで珈琲を飲みながら、私淑するフランスの倫理学者・レヴィナス(Emmanuel Lévinas,1906-1995)を読んでいたわけですが、レヴィナスは、根源的倫理の立ち上がりを「顔」の中に見出します。すなわち根源的倫理とは「汝殺す勿れ」という命題ですが、これをどのように構築していくのかという問題ですが、レヴィナスは、他者の顔そのもののなかにその命令が宿っていると申します。

議論としては確かに理解できるわけですが、なんとなくそのことを仕事をしながら、血肉かさせることができたのかな……などと安普請の議論ですがそう思う次第で……。

とわいえ、不思議なものですが、誤解を招くような表現ですが、自分自身についてくるお客様っていうのもポツポツ出来てくるのが不思議なものです。

自分としては「クレームを受けたくない」という消極的発想に「アイ・コンタクト」を意識的に励行する原因がそもそもあるわけですが、マアそれでもスピードもはやい部分もあるので、どんなに長蛇になっても自分のレジに並ぶお客様っていうのが存在します。

これはこれでアリガタイと考えるべきであって、そのお客様という「他者」の「汝殺す勿れ」と無限要求してくる眼差しと向かい合う練習をさせていただいているのかもしれません。

まさに「顔はほとんど存在するとさえ思われていない諸関係の領野を開く」ものなのでしょう。

そういえば、レヴィナスが最後に言及しているカント(Immanuel Kant,1724-1804)も道徳哲学を論ずるなかで、大切なのは「打解け易いこと、愛想のよいこと、慇懃なこと、鄭重にもてなすこと、温和なこと」だと申しておりますが、そういった手法も人間世界を「あらきめず」に生きぬ中では必要なのかも知れません。

しかし、宇治家参去さんのレジに必ず並んでくださる女性陣は、やはりわたしに惚れているのだろうか?

そうなると貴女は間違いなく火傷をすると思います。

で……もとい。
蛇足ですが、カントの文章もついでに。

これまだ蛇足ですが、最近オーストラリアのワインを週に2-3本飲んでおりますが、これもマアなかなかいけますです。

-----

 道徳的に完全に相互に交際し合い(officium commercii,sociabilitas 交際の義務、交際上手)、孤立する(separatistam agere)ようなことがないのは、自己自身に対する義務であると等しく他人に対する義務でもある。もとより自己自身をば自己の原則の不動の中心点となすのではあるが、併しこの自己を中心とした仲間をば、世界公民的な信条を抱ける一切を包括する仲間の部分を構成せる一つの仲間と見做すこと、世界全体の福祉を目的として促進せしめるのではなくして、ただ、間接にそれに導く手段を、即ち世界に於ける快適、融和、交互の愛と尊敬と(慇懃なことと礼儀正しいこと humanitas sesthetica et decorum)を陶冶し、かくして徳に優美を伴わせるようにする、このようなことを実行することはそれ自体徳の義務である。
 このようなことは実際、徳にまがう美しい仮象を与える補助物乃至は附属物(parega)であるにすぎず、その仮象たるや何人もこれを何と解せねばならぬかを知っているから、たしかに欺くことはしない。それは成程小銭にすぎないのではあるが、併しこの仮象を出来るだけ真理に近づけようとする努力によって、打解け易いこと、愛想のよいこと、慇懃なこと、鄭重にもてなすこと、温和なことに於いて(反対意見を述べるにしても何ら争うことなく)、総じていえば、親切の念を顕わにし、それによって同時に他人を親切ならざるを得ないようにさせる単なる交際の仕方として--このような交際の仕方は徳を少なくとも好ましいものたらしめるが故に確に道徳的心情を牽き起さしめるものである--徳の感情そのものを促進せしめるのである。
 ところがここに問題がある、人は不品行の者とも交際を結んでよいものであるかどうか、と。彼等と会うことを避けることは出来ない、そうでなければ世界外に行くより仕方がなかろう、そして彼等に関するわれわれの判断でさえ権威あるものではない。--併しながらその悪徳が不正事件であり、即ち厳粛な義務の法則を軽蔑する公然たる実例であり、従って、又不名誉を伴っている場合には、たとい国法がそれを罰しないにしても、その時までなし来たった交際は断絶せられ、もしくは出来るだけ避けられるのでなくてはならない。蓋し交際を更に続けてゆくことは、徳からあらゆる名誉を奪い去り、そして徳を、苟も贅沢に飽かしめて食客を買収するに足る程の富あるならば、何人にでも売品に出すことなのであるから。
    --カント(白井成允・小倉貞秀訳)『道徳哲学』岩波文庫、1954年。

-----

02_img_0574 03_img_0441

Book レヴィナス・コレクション (ちくま学芸文庫―20世紀クラシックス)

著者:エマニュエル レヴィナス
販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 レヴィナス・コレクション レヴィナス・コレクション
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

|

« 知らないあいだに幸福と和解している | トップページ | 降る音を 肴にしつつ 雪見酒 »

哲学・倫理学(現代)」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。
サービス業における接客とは、非常に難しい問題で多くの苦い経験を私も持っています。
私の経験から鑑みるに、大きく分けて3タイプの客がおり、内訳としては①人間的交際を求めてくる者、②人間的交際は求めておらず、とにかくある意味での奴隷的接客を求めてくる者、そして、③特に接客に何も求めてない者。③のタイプでトラブルことはまずないのですが、①と②のタイプの組み合わせが非常に難しい。特にカウンター業務などでスピードが重視される業務においては、①との交際的接客を長引かせることは、後列の客に不快感を与えることは必至であるし、またその際の態度というものも日本式接客すなわち謙ることが上司から求められてくる。謙れば謙るほど、無限ループの会話に巻き込まれて、長めの接客になってしまい、その後ろに②タイプなんかがいたらもう最悪。嫌味の一つも言われるような状況に陥ってしまう。しかも①が瞬時に②に変化してみたりも。結局②のタイプが私の世界に存在してくれなければいいのですが、サービス業にである限り出会わざるをえない。しかも、なんと②のタイプが日本に多いことであろうか。欧米などでは、How are you?、Helloなどと聞いてくることからしても、接客者と客が対等の位置に有るように思えるが、それと対比すれば対比するほど日本では接客者は奴隷のように思われているようにも思える。ここに見られるのは欧米との文化的差異というよりも日本人だけが持つ非常に特殊なメンタリティーのようにも思えます。
結果、藤村操の言葉を借りて、「ホレーショの哲學竟に何等のオーソリチィーを價するものぞ、萬有の真相は唯だ一言にして悉す、曰く「不可解」。」とでも言っておきます。

投稿: うへの | 2009年3月 3日 (火) 07時31分

うへのさんゑ

こんばんわ。

サービス業の経験がおありですか。
自分は30超えてからこの業界に関わるようになりましたので、すべてがカルチャーショックです(苦笑)。

タイプのうちわけはおっしゃるとおりですね。
とくにGMSだと基本的に、前提条件として「奴隷的接客」を求めるという商文化でお互いが成立しているフシがありまして、お客様も売り手もそうしたところを暗黙の前提にしているわけなのですが、事実①と②の組み合わせは非常に難しいですね。
自分の勤務店舗のマーケットは中高年・高齢者がマジョリティのところですから、①をもとめてくる方と②を求めてくる方がごちゃまぜになって登場してきますので、或意味でキツイですが、マア受けとめ方をかえれば、マア学ばせていただいているのかな--などと思うこともあります。

ただそれがいいことなのか、あるいはわるいことなのかはわかりませんが、ご指摘のように「欧米などでは、How are you?、Helloなどと聞いてくることからしても、接客者と客が対等の位置に有るように思えるが、それと対比すれば対比するほど日本では接客者は奴隷のように思われているようにも思える。ここに見られるのは欧米との文化的差異というよりも日本人だけが持つ非常に特殊なメンタリティーのようにも思えます」というのは疑う余地のない事実なんだろうと思います。

とわいえ、不思議なもので、現実には笑顔でかえしてくれますと、うれしいのも事実であり、自分自身の人間性を鏡として見て取るときがたまにあります。

しかし、藤村操ではありませんが、現場は「煩悶の時代」ですね。

投稿: 宇治家参去@モバイル | 2009年3月 3日 (火) 20時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 顔はほとんど存在するとさえ思われていない諸関係の領野を開く:

« 知らないあいだに幸福と和解している | トップページ | 降る音を 肴にしつつ 雪見酒 »