« 「苦しくとも嘆かず、絶望するとも没落せず、動揺するとも転覆せしめられない」独立性を育む | トップページ | まだ生きている人間にとっては、生きている人間として行動をなし続ける以外の策はない »

「人間とは器具に奉仕される知性なり」

01_r0013043 02_img_1069

-----

 十九世紀は道具の時代である。そして道具は私たちの身体から発展したものである。「人間は万物の尺度である」とアリストテレスは言った。「手は道具のなかの道具であり、人間精神は形相のなかの形相である。」人間の身体は発明の倉庫であって、特許局であって、そこには、あらゆるヒントをひきだせるおびただしい模型がおさめてあるのだ。この地上のあらゆる道具と機械は、人間の四肢と感覚の延長にほかならない。人間に関する定義の一つに、「人間とは器具に奉仕される知性なり」というのがある。機械は人間の肉眼を助け得るだけであって、その代わりをつとめることはできない。人間の肉体は一つの尺度である。人間の目はフート尺(ざし)にしがみついているが、老練な職人は、自分の親指と腕をつかって、同じくらい正確にものを測ることができる。すぐれた測量師は、十六ロッドの距離を、ただ歩くだけで、他の人間が巻尺で測るよりも正確に測ることができる。インディアンや石投げの名人が、目と手の感応によって意志を的に当てたり、木こりや大工が、丸太の上に細くひいた線に斧をうちこんだりするのも、この例である。およそどんな感覚でも器官でも、かならず、微妙な働きをなしうるものである。
    --エマソン(小泉一郎訳)「仕事と日々」、『エマソン選集3 生活について』日本教文社、昭和36年。

-----

19世紀に限らず、人間の歩みと切っても切り離すことができないのが道具という事物の存在なのでしょう。

哲学者ベルクソン(Henri-Louis Bergson,1859-1941)」は、人間とは「Homo feber(ホモ・ファーベル;工作する人)と表現しましたが、道具を使うだけでなく、器官をも駆使しながら、なにかを創造してゆかんとする人間のバイタリティには驚くばかりです。

さて……。

買っちゃいました。

ウワサのVaio type-P。

ときどきやっちゃうんです。

必要もない?(ことはない)のに、新しいガジェットを見てしまうと、どうも、元来の浪費癖に火がついてしまうようで、がんばれば手に入れることができる!という状況であると、「改めて購入する必要がないのでは……?」などと冷静な理性的判断が可能であるにもかかわらず、手が伸びしてしまう宇治家参去です。

自宅では、HPのワークステーションにvista(64bit)をぶっこんで使っております。メモリも4Gオーヴァーですので、大抵のことはこれですませており、電源を落とすこともほとんどありません。

出張用に使用しているのは一年弱前に購入したLenobo(旧IBM)のThinkPad X61というマシンで、Core2Duoでメモリも3Gぶちこんでいますので、出先でも大抵の仕事は問題ありません。ただ使うのは出張のときだけで、自宅で開くことはほとんどありません。

ですから……別に新しいPCを新調する必要は全くないのが、わが家の現実です。

で……。
EeePCに始まる、昨年来よりブームの到来したネットブック(UMPC)の類。
やはり、みていると……

「現実に、出張なんかで、わざわざ重いVistaを使う必要もないよな。ネットに接続できて、パワーポイントが使えれば問題ないし……Xpで充分だよな」

……ということで、早速、AcerのAspireOneというのを昨年購入してみましたが、たしかに「出先でネットに繋いで、オフィスの編集をしたり、DVDを見たり、パワーポイントを使う」ぐらいは全く問題ありませんでした。

3倍の価格のするThinkPad X61の方が体感的には「モッサリ」です。
Vistaゆえ、32Bitのメモリ認識上限を突っ込んでも、なんかな~という感じでしたが、AspireOneの場合、Xpだけれども……現実には割りきって使えば、「全く問題なし!」ということを体感しました。

実際にも、昨年後半の出張では大活躍で、ネットブックより200gくらい、ちょい重いThinkPadは自宅の片隅に追いやられ、息子殿のYoutubeマシンと化してしまいました。

ただ……、全く問題ないことは「ありがたい」わけですが……

何かがものたりません。

いわば、持つ喜び……とでもいえばいいのでしょうか……確かに相手は道具ですから、「使えれば問題ありません」。

しかし、「面白くない」んですよね。

人間とは確かに「工作人」であり、「道具を使う生き物」です。
しかし、それだけに収まりきらない射程を秘めているのが「人間」という“生き物”であり、遊ぶ人であり、寝る人であり、衝動買いをしてしまう存在です。

そんな矢先、念頭に発表された、600数グラムのSonyのType-P。

SonyのPCにはこれまでも何度も痛い目を喰らわされており、「真面目にハードに仕事に使うなら(旧)IBMに限る!」という揺るぎない信念を保持しているにもかかわらず、触手が動いてしまいました。

最初はSonyStyleで、HDDではなくSSD搭載の、CPUもワンランク上のカスタマイズモデル(VGN-P90)にしようかとBTOで見積もったところ……どんどん積み重ねていくと軽く10万円をオーヴァーしてしまい、「これでは、割りきって使うマシンとしてはコスト高過ぎ!」という難点にひっかかるとともに、出荷まで半月以上もかかるので、ちと悩んでおりました。

どのみち、息子殿に奪われたThinkPadも、次期OS・windows7発売時位に、出先でも「割りきらずにがんがん使える!」ハードモバイルに買い換えだよな!とおもっておりますので、「割りきりマシン」に10万円なんてとても出せません。

悩むこと数ヶ月?の煩悶です。

で……。
いわゆる店頭モデル……いわば最小構成スタイルでワンセグなんかのついた一般ウケ用もモデルですが、この値段がこなれてきましたので……、一昨日、即買いというヤツで……、自分の浪費癖に「辟易」とはするものですけれども、また「Sony」に裏切られる?のも承知のうえで、とうとう買っちまいました(VGN-P70)。

これだから人間は不思議?です。

HDDモデルでVistaBasic搭載PCですが、初期状態で使用すると「きわめてモッサリ」。

まず、使わない機能やらソフトやらの機能をそぎ落とし、マア、なんとか実用レベルまでカスタマイズし、起動にはどうしても時間はかかりますが、立ち上がってしまえば、「割りきって使えるレベル」までには仕立て直すことができました。

Xpをぶち込むことも考えておりますが、当分はとりあえずVistaで流してみようかと思います。

液晶はおどろくほど綺麗で、何よりも軽い!
そして、一番の利点はキータッチの良さです。

この記事もType-Pで書いておりますが、今年の出先でのPC利用にはどうやら活躍してくれそうです。

しかし、何台もPCは必要ないので、AspireOneと、これまた全く使っていなかった、SharpのD4(ウィルコム端末・Atom搭載のVistaHomePremiumu)も売却、とりあえず、今年の地方スクーリングでは、X61かType-Pの構成で楽しめそうです。

出張の際は、一応……念のため、2台持参します。

X61+AspireOneよりも、X61+Type-Pの方が数百グラムほど軽いので、今年は軽装で何よりです。

で……。

ヘロヘロになって帰宅すると新しい特選・地酒の登場です!

ワタクシの細君、月に一度、地酒専門店へ出かける必然的な要件があり、その折り、地酒を買って来てくれます。その店の2Fが地酒バーになっているのでいずれ、宇治家参去自身が市中巡回する必要があるのですが、こういう不用意な出費が多く、なかなかいけないのですが、月の一度の銘酒のプレゼントはありがたいものです。

細君も酒はまったくワカラナイ人間ですが、店主にすすめられるままに、今回は静岡県の銘酒を一品!。
※ちなみに、ここで勧められた地酒ではずれがこれまで全くなし!

生貯蔵酒の大吟醸(大吟醸も久し振りだよな~!)で、「正雪 無量寿」(株式会社 神沢川酒造場・静岡県)。

はじめて口にする酒ですが、ひとくち口にゆっくりと含むと、鮮烈な香りが、喉から鼻にぬけていくとでも言えばいいのでしょうか……抜けて参ります。

山女なんかが泳いでいそうな、新緑の5月の冷烈で香ばしい、そして爽やかな大地と水の香りが五臓六腑を駆けめぐるとはまさにこのことです。

飲みほすのが惜しい銘酒とはこのことでしょう。

……って、これから数時間後には起きて、初回の講義ですので、深酒しないで今日は休まないと……。

00_img_1131

|

« 「苦しくとも嘆かず、絶望するとも没落せず、動揺するとも転覆せしめられない」独立性を育む | トップページ | まだ生きている人間にとっては、生きている人間として行動をなし続ける以外の策はない »

告白・独白・毒吐の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「人間とは器具に奉仕される知性なり」:

» 山本寛斎 限定 木桶仕込五年熟成原酒 [山本寛斎 限定 木桶仕込五年熟成原酒]
山本寛斎氏と純米蔵福光屋(石川県金沢)と国分の3社 コラボレーションの商品限定!! [続きを読む]

受信: 2009年4月 6日 (月) 02時52分

» BTOパソコン通販、比較ナビ [BTOパソコン通販、比較ナビ]
BTOパソコンを上手にカスタマイズして購入しましょ。 [続きを読む]

受信: 2009年4月 9日 (木) 11時09分

» 激安BTOノートパソコンGIGABYTE [激安ノートパソコン]
15.4インチワイド液晶モニタ(B4サイズ)を搭載したBTOノートパソコン。 [続きを読む]

受信: 2009年4月 9日 (木) 18時11分

» 自作BTOパソコン、パーツ通販、販売 [自作BTOパソコン、パーツ通販、販売]
自作BTOパソコン、パーツ通販、販売 [続きを読む]

受信: 2009年4月10日 (金) 01時56分

» BTOパソコン比較、直販ガイド [BTOパソコン比較、直販ガイド]
BTOパソコンを比較して、お気に入りの一台がみつかる直販ガイド [続きを読む]

受信: 2009年4月10日 (金) 02時26分

» BTOパソコン比較WEB [BTOパソコン比較WEB]
BTOパソコンを徹底比較 [続きを読む]

受信: 2009年4月10日 (金) 04時42分

» BTOパソコン比較とレビュー [BTOパソコン比較とレビュー]
BTOパソコン比較とレビューブログ。おすすめパソコンがわかる。 [続きを読む]

受信: 2009年4月10日 (金) 08時02分

» BTOおすすめパソコン通販、比較 [Blue Track搭載ゲーミングマウス、SideWinder X8 Mouse激安通販]
おすすめなBTOパソコン、ブログ、サイトなどを比較できます。 [続きを読む]

受信: 2009年4月10日 (金) 20時48分

» 加湿 器 [加湿 器]
加湿 器 [続きを読む]

受信: 2009年4月26日 (日) 14時43分

« 「苦しくとも嘆かず、絶望するとも没落せず、動揺するとも転覆せしめられない」独立性を育む | トップページ | まだ生きている人間にとっては、生きている人間として行動をなし続ける以外の策はない »