« 【覚え書】「〔オピニオン〕インタビュー急接近 米国の新聞はどこで間違ったのですか ノンフィクション作家 ゲイ・タリーズさん(77)」、『毎日新聞』2009年04月03日(金)付。 | トップページ | 「苦しくとも嘆かず、絶望するとも没落せず、動揺するとも転覆せしめられない」独立性を育む »

理性を最上のものとしようとして出発するにもかかわらず、終局には理性を破壊することに

01_img_1143

-----

 もちろん、健全と思われるある教義を国民に押しつけようとする欲求は新しいものではなく、また現代に特有なものでもない。けれども、多くの現代の知識人がこのような企てを正当化しようとする議論は新しい。そのいうところは次のようである。およそわれわれの社会において思想の真の自由はない。なぜなら大衆の意見や好みは、宣伝、広告、上流階級の手本、さらに人々の思考を必ず月並みの型にしてしまう、その他の環境的要因によって形づくられるものだからである。このことから、大多数のものの理想や好みが常にわれわれの支配することのできる事情によって形づくられるものとすれば、われわれは意識的にこの力を利用して、人々の思想を望ましい方向と考えられるところへ向けるべきであると結論されるのである。
 大多数のものが自主的にほとんど考えることができず、大部分の問題について彼らが既成の見解を受け入れ、また彼らがある一連の信念または他の一連の信念に引き込まれたり、甘言をもって引き入れられたりして、同じように満足しているということはおそらく真実である。いかなる社会においても、思想の自由ということは、おそらく単に少数のものにとって直接の意義がある。けれども、このことはだれかがこの自由をもっている人々を選択する資格があるとか、選択権をもっているべきであるというようなことを意味しているのではない。それはたしかに、ある集団が人々の考えたり、信ずべきものを決定する権利を要求するというような推定を正当化するものではない。いかなる種類の体制下においても、多数の国民はだれかの指導にしたがうものであるから、すべての人々が同じ指導にしたがうべきものとしても、なんら異なることはないということは、思想の完全な混乱である。知的自由がすべての人々に対して独自の思想の可能性を意味しないからという理由で、知的自由の価値に反対を唱えることは、知的自由に価値を与える理由をまったく見落としていることになる。知的自由をして知的進歩の主要な発動機としての機能を果たさせるために必要なことは、各人が何かを考えたり、書いたりすることができるということではなくて、なんらかの主張や考えがだれかによって論議されるということである。意見の相違が抑圧されないかぎり、常にだれかが同時代に支配的である考えについて疑問を抱き、その議論や宣伝の当否をたしかめるために新しい考えを提示するであろう。
 異なる知識や異なる見解をもっている個人のこのような相互作用は、精神生活を形づくる。理性の発展はこのような相違性の存在を基礎とする一つの社会的過程である。その本質はその結果が予言されえないということ、またどの見解がその発展を助け、どれが助けないかということが知られえないということ、簡単にいえば、この発展は現在われわれの抱いているなんらかの見解によって支配されるときは、常に妨げられるということにある。精神的発展またはそれに関するかぎりの一般的進歩を「計画化」したり、「組織化」することは言葉自体の矛盾である。人間精神がそれ自身の発展を「意識的」に統制すべきであるという考えは、それだけが何ものをも「意識的に統制」することのできる個人の理性と、その発展が依存している個人相互間の過程とを混同したものである。その発展を統制しようとすることによって、われわれはただその発展を妨げ、おそから早かれ思想の停滞と理性の低下をもたらすに違いないのである。
 集産主義的思想が理性を最上のものとしようとして出発するにもかかわらず、理性の発展の依存している過程を誤解するために、終局には理性を破壊することになるというのは、集産主義的思想の悲劇である。
    --フリードリヒ・A・ハイエク(一谷藤一郎・一谷映理子訳)『隷属への道 全体主義と自由』東京創元社、1992年。

-----

3月末で市井の職場のアルバイトの方々が数名退社されました。
ただし、新規採用は凍結が全社的な方針ですから、今いる人間でまわせという!というかけ声のもと、理性的な経営判断にもとづく合理化が吹きすさぶ現状です。

それがいいことなのか、わるいことなのかは、門外漢の宇治家参去にとっては熟知の及ばないところです。一見すると、経営を一番圧迫するのは、人件費ということになりますから、そこを「抑制」するというのは、たしかに理性的な合理化の方策のひとつなのでしょう。理性を備え理性的に人間は確かに生きております。しかしそれだけでもなく、理性に該当しない部分も多分にそなえており、現実には後者に従って……その良し悪しは問いませんし、両方があるというのが実情でしょう……生きていることの方が多いのかも知れません。

仕事もおなじで、得意・不得意もあれば、得手・不得手もあります。
欠員が出た場合、その欠員の業務を今いる人間が収得し、それで廻すという理性的判断はたしかに「革命的な進歩」をもたらすかも知れません。

しかし、現実にはなかなかそこまでついてまわらないもので、下々の話ですが、結局は、ある程度、何でもできる人間に負担が回ってくるものです。

経営をデザインするのは飽くなき合理性を追求する理性の導きによるものです。しかしそのデザインに導かれる人間そのものが理性的でもあれば、理性的でもない存在だから、マアこれがうまく働かないわけで、その意味では、理性と非理性の間で呻吟しているのが今の市場経済の最前線なのでしょう。

理性に至上の地位を見出したのは、言うまでもなくフランスの啓蒙思想です。理性の命令に従いながら、現状を再構築していくことで理想郷が実現するとの発想ですが、現実には、「再構築」するどこかろか「既存のシステム」を「諸悪の根源」として「告発」し、がむしゃらに破壊してきたのが、その歩みです。

フランス革命の結末を見るまでもなく、そしてロシア革命の惨劇を引き合いに出すまでもありません。

たしかに「正しい」ことは「正しい」のでしょう。

しかし「問題」の全否定・全消滅が「正しさ」を「実現」させることにはならない……そのことを歴史は物語っているのかも知れません。敵か味方かの二者択一論の不幸も個々にあるのでしょう。

人間は現存の秩序をすべて破壊し、そこにまったく新しい秩序を建設できるほど賢明ではありません。むしろ、理性の傲慢さのもたらす危険性を常に自覚しながら活用していく道を模索すべきなのでしょうが、マアこれも理性を司る人間そのもの非理性の導きなのでしょうか……理性の傲慢さを非理性が加速化させているのかもしれません。

ハイエク(Friedrich August von Hayek,1899-1992)は、デカルト以来の「理性主義」を先験的な理性主義(constructivist rationalism)を批判し、自己自身の理性主義を経験的な理性主義(evolutionary rationalism)と呼び、両者を峻別しております。

ハイエクによると人間はその本質において、非常に誤りに陥りやすい存在であります。

だからこそ改革を目指す場合、「漸進的な発展」を期待すべきであって、理性を濫用した特効薬(=「漸進的な発展」に対してそれは「革命的な発展」)を利用すべきではないと説きます。特効薬を利用してしまうと結局は人間社会そのものを破壊してしまう--そのことを革命のと暴力の20世紀から学んだからなのでしょう。

理性に限らず、あらゆる先鋭化と急進主義的アプローチは、結局のところ、生きてゐる人間からますます離れていくばかりなのでしょう。

生きてゐる人間に根ざしつつ、そのなかで、できる変革を試行錯誤していく--その「積み重ね」のなかで、文明とか文化が形成されるとハイエクは説きますが、その意味では、理性そのものが文明とか社会そのものを創造する能力はもっていないのかもしれません。
人間の歩みはどちらかといえば過ちの方が多いでしょう。
しかし、その過ちを積み重ねながら、試行錯誤と取捨選択を積み重ねることにより人間の表情がつくられてくるのかもしれません。

理性主義に内在する集産主義の悲劇は、過去の遺物ではなく、姿をかえて、身近なところに潜んでいるかも知れません。

ただ……
こう、疲れたときには蕎麦がききます。

02435pxf_hayek 03_img_1066

隷従への道―全体主義と自由 Book 隷従への道―全体主義と自由

著者:フリードリヒ・A. ハイエク
販売元:東京創元社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 【覚え書】「〔オピニオン〕インタビュー急接近 米国の新聞はどこで間違ったのですか ノンフィクション作家 ゲイ・タリーズさん(77)」、『毎日新聞』2009年04月03日(金)付。 | トップページ | 「苦しくとも嘆かず、絶望するとも没落せず、動揺するとも転覆せしめられない」独立性を育む »

現代批評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/28958728

この記事へのトラックバック一覧です: 理性を最上のものとしようとして出発するにもかかわらず、終局には理性を破壊することに:

« 【覚え書】「〔オピニオン〕インタビュー急接近 米国の新聞はどこで間違ったのですか ノンフィクション作家 ゲイ・タリーズさん(77)」、『毎日新聞』2009年04月03日(金)付。 | トップページ | 「苦しくとも嘆かず、絶望するとも没落せず、動揺するとも転覆せしめられない」独立性を育む »