« 「学ぶ」とは「自分をつくる」戦いにほかなりません | トップページ | 【覚え書】「〔オピニオン〕インタビュー領空侵犯 プレゼンツールは要らない 早稲田大学大学院教授 野口悠紀雄氏」、『日本経済新聞』2009年6月8日(月)付。 »

目覚めは人間に固有のものだ、と私は思います

01_r0014433

-----

 --エマニュエル・レヴィナス、たとえば高校三年生の若者がやってきて、あなたが哲学をどのように定義するかをたずねたと想像してみましょう。あなたはその若者に何と答えますか。

 哲学とは人間が語ることがら、また思考しながら語りあうことがらについて問うことを可能にするのだ、と私なら答えるでしょう。言葉のリズムや言葉が示す一般性にうっとりと酔ったままいるのではなく、この現実というもののなかの唯一者の唯一性、つまり他者の唯一性へとみずからを開くことなのです。言い換えるなら、要するに愛へとみずからを開くことなのです。歌うようにではなく真に話すこと、目を覚ますこと、酔いから覚めること、リフレインと手を切ること、それが哲学なのです。すでに哲学者アランは、明晰とされている私たちの文明のなかで「眠りの商人」から到来するあらゆるものについて、私たちに警告していました。すでに目覚めをしるしづけていたさまざまな明白なことがらは、しかし依然として、またつねに夢になってしまっているのですが、そのような明白なことがらのなかで、哲学は不眠として、新たな目覚めとしてあるのです。

 --不眠であることが重要なのでしょうか。
 目覚めは人間に固有のものだ、と私は思います。目覚めとは、酔いからの、より深い哲学的な覚醒を目覚めた者たちが探求することなのです。それはまさしく他者との出会いです。他者が私たちを目覚めへと促すのです。また、目覚めはソクラテスとその対話者たちとの対話に由来するさまざまなテクストとの出会いでもあるのです。

 --他なるものが私たちを哲学者たらしめるのでしょうか。
 ある意味ではそうです。他なるものとの出会いは大いなる経験、あるいは大いなる出来事なのです。他者との出会いは補足的知識の獲得に還元されることはありません。私には決して他者を全体的に把握することなどできません。もちろんそうです。けれども、言語の生誕地たる、他者に対する責任、他者との社会性は認識をはみ出してしまうのです。私たちの師であるギリシャ人たちはこの天に関しては慎重ではありましたが。
    --エマニュエル・レヴィナス(合田正人・谷口博史訳)「不眠の効用について(ベルトラン・レヴィヨンとの対話)」、『歴史の不測 付論:自由と命令/超越と高さ』法政大学出版局、1997年。

-----

許しておくれ、息子殿、そして細君殿!
日曜は、貴方が神学を……もとい、……進学を希望している小学校のオープンキャンパスでしたが、駄目なことで名を知られるお父様は、「目覚め」ることができず、ふたりでいかせてしまいました。

寛大な慈悲でお許し下さいまし。

日頃から、倫理学者(倫理学徒?)をきどっておりながら、敬愛するレヴィナス老師(Emmanuel Lévinas,1906-1995)の訓戒である「目覚めておれ!」の警句を実践できず忸怩たるものです。

「目覚めとは、酔いからの、より深い哲学的な覚醒を目覚めた者たちが探求することなのです。それはまさしく他者との出会いです。他者が私たちを目覚めへと促すのです。また、目覚めはソクラテスとその対話者たちとの対話に由来するさまざまなテクストとの出会いでもあるのです」

一度は目覚めたのです、それは第一に「酔いからの」の目覚めです。
しかしながら、疲れからの目覚めに達することが出来ず、ふたりで行かせてしまい申し訳御座いません。

ふたりがオープンキャンパスに出かけてから、お父様は目覚めることができました。
その眼前にはリアルな他者は存在しておりませんでした。

しかし、同道できなかった事案というのは、まさに「還元不可能」な「他者との出会い」に他ならないと思うわけで、また次回、その弔い合戦に勇んで参加させて頂きます。

今回はねえ……チトねえ、仕事がたまりすぎておりましてですねえ、ここで休んでおかないと後がまわらないというケチ臭い・辛気くさい理由で布団との合体タイムをいつもより長めにとらせていたわけですが、そこに「安住」したり「当然のこと!」などとは開き直りませんから、また一緒に「補足的知識の獲得に還元」できない営みを歩んで参りましょう!

貴方のお父様は、いつも「言葉のリズムや言葉が示す一般性にうっとりと酔ったままいるのではなく、この現実というもののなかの唯一者の唯一性、つまり他者の唯一性へとみずからを開くこと」に注意している中尉ぐらいの存在です。

今日も昼間・夜も仕事で貴方のお相手ができません。

埋め合わせも必要だよね!

だから今日はアニマルカイザーの食玩を買ってきたのでゆるして丁髷じゃ!

んで、今日は大学のお仕事がこれから始まります。
一生懸命がんばりますので、貴方も塾の稼業をがんばってくだしまし。

つらいのはお互い様ですけれども、つらいからこそ「歌うようにではなく真に話すこと、目を覚ますこと、酔いから覚めること、リフレインと手を切ること」ができ、生きていることなかで、あきらめずに考えつづけ、実践し、雄々しく生きていくことができるのだと貴方のお父様は思う次第です。

……ということで、還元不可能な一歩一歩を大切にしましょうや!

……ということで?
……細君および息子殿が不在でしたので食物がなく、つくるのも面倒でしたので、久し振りに、すき家で「ねぎ玉牛丼」を頂きましたが、この手のメニューはたまに食べると「旨い」っていってしまいます。

……ふしぎなもんです。

02_r0014481 03_r0014523

|

« 「学ぶ」とは「自分をつくる」戦いにほかなりません | トップページ | 【覚え書】「〔オピニオン〕インタビュー領空侵犯 プレゼンツールは要らない 早稲田大学大学院教授 野口悠紀雄氏」、『日本経済新聞』2009年6月8日(月)付。 »

家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目覚めは人間に固有のものだ、と私は思います:

« 「学ぶ」とは「自分をつくる」戦いにほかなりません | トップページ | 【覚え書】「〔オピニオン〕インタビュー領空侵犯 プレゼンツールは要らない 早稲田大学大学院教授 野口悠紀雄氏」、『日本経済新聞』2009年6月8日(月)付。 »