« 教会の名においてではなく、市民社会の一員としての自分自身の名においてであること | トップページ | 権力者というものは、おのれの暴力行為をつねになにか宗教上の理想、世界観上の理想で飾りたてようとするものである »

理性のある動物、人間とは、まことに都合のいいものである

00_r0014872

-----

 理性のある動物、人間とは、まことに都合のいいものである。したいと思うことなら、何にだって理由を見つけることも、理窟をつけることもできるのだから。
    --フランクリン(松本慎一・西川正身訳)『フランクリン自伝』岩波文庫、1957年。

-----

先が思いやられるのですが、今年の夏はあつくなりそうです。
まだ6月……といってももはや本日のみですが、かなりじめじめ、むしむし、としており、ちょゐとメタボリック星人を自他共に任ずる宇治家参去としては、過ごしにくい季節でございます。

6月といえば、ジューン・ブライド(June bride)が有名ですが、ブライダル産業における結婚式の稼働率は、6月まっただ中というよりも、実は春先と晩秋の方が繁忙期だそうで、6月は統計的にはすくないのだとか。

そりゃあそうです。
これだけ蒸し暑いと、せっかくの衣裳も化粧も台無しになってしまいますから……。

……って話がずれ込みました。

宇治家参去が講義をする場合、どんなに暑くても、ネクタイを締め、上着をきて、場合によっては8月の真夏でも三揃えで講義をします。

ことしは6月のあたまに三揃えをきて授業をしましたが、とけてしまいました。
7月、8月は無理そうです。

ですけど、「伝統的な学問」である哲学とか倫理学を講じるにあたっては、スタイルも伝統的なスタイルにこだわらなければならない……というのを金科玉条にしておりますので、ベストは着用できないかもしれませんが、このスタイルを崩したくはないものです。

ちなみに、月曜に短大へ出講すると、だれもネクタイをしめておりませんでした。

半袖のドレスシャツ!に、クールビズ!

ウラヤマシイ!

……くはありませんよ(苦笑)。

我が道を歩み抜く中に、真実の道が開かれてくるわけですから、いかに暑くとも、溶岩がふりそそごうともこのスタイルだけは変更することが不可能なようです。

しかし、夏の掟を最近変更してしまいました。

宇治家参去、日に10杯以上は、本格コーヒー……すなわちインスタント、缶コーヒーを除く……を摂取しております。

むかしから、どんなに暑い日でも「アイス・コーヒー」は退けながら、ガチ熱い「ブラック」にこだわり続けてきました。

よくいうではありませんか!
夏は冷えたお茶よりも、熱々のお茶のほうがかえって暑さがひくと……。
それを謹厳実直な帝国陸軍憲兵大尉の如く励行してきましたが、最近その掟が崩れつつあります。

「アイス・コーヒー」がうまい!

……とゴマカシながら、ホットコーヒーを退けつつ、堪能しております。

うまいし、暑いときには、ホットとアイスを混在させたほうが、すかっとするのではなかろうか……などと理由を付けてしまいました。

それでよしとします!

「伝統的な学問」にこだわるのであれば、コーヒーも伝統的にホットで飲まなければならないのですが、人間とは不思議なモノで、「したいと思うことなら、何にだって理由を見つけることも、理窟をつけること」ができますので、ちょいと許して貰おうかと思います。

しかし、本日も蒸し風呂ですね、八王子は。

33度でございました。

がんばって授業では上着をとりませんでしたが……。

……ということでご褒美!

日本酒はホットよりアイスに限ります。
細君が月に一度、人間関係世界の必然的理由によって地酒購入してくれますので、今日は半年ぶりに「純米吟醸酒「出羽燦々誕生記念  (本生)」です。

山形の日本酒はどうしてここまでうまいのでしょうか。
清らかな水、そして瑞々しい米に、作り手の優しさがあるのかも知れません。

……ということで、酒は冷やに限るというのを金科玉条にしておりますので、それを職務に忠実且つ謹厳実直な帝国陸軍憲兵大尉の如く、実行して参ろうかと思います。

おやすみなさい。

01_r0014785 02_p1200023

フランクリン自伝 (岩波文庫) Book フランクリン自伝 (岩波文庫)

著者:フランクリン
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 教会の名においてではなく、市民社会の一員としての自分自身の名においてであること | トップページ | 権力者というものは、おのれの暴力行為をつねになにか宗教上の理想、世界観上の理想で飾りたてようとするものである »

告白・独白・毒吐の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 理性のある動物、人間とは、まことに都合のいいものである:

« 教会の名においてではなく、市民社会の一員としての自分自身の名においてであること | トップページ | 権力者というものは、おのれの暴力行為をつねになにか宗教上の理想、世界観上の理想で飾りたてようとするものである »