« ひとつの認識を形づくるには、一個の表象だけでは十分でない | トップページ | 気合いの冴え »

オプティミスムは誓約を求めている

01_r0014876
-----

 93 誓わねばならない

 悲観主義は気分によるものであり、楽観主義(オプテイミスム)は意志によるものである。気分にまかせて生きている人はみんな、悲しみにとらわれる。否、ただそれだけではすまない。やがていらだち、怒り出す。子どもの遊びを見ればわかる。子どもの遊びは規則がないと、けんかになってしまう。自分自身をさいなむあの無秩序な力以外にここではどんな原因もないのである。ほんとうを言えば、上機嫌など存在しないのだ。気分というのは、正確に言えば、いつも悪いものなのだ。だから、幸福とはすべて、意志と自己克服とによるものである。いずれの場合も理屈は奴隷みたいなものだ。命令にしたがって動くだけだ。気分には驚くべき思考システムがあって、それが狂人にあっては拡大されて見られる。被害妄想にとらわれている不幸な人のおしゃべりには、いつも真実味と雄弁とがある。オプティミスムから生まれた雄弁は、人の気持ちを和らげる類いのものであって、憤慨の饒舌とは好対照をなすものである。その雄弁を聞くと心が和らぐ。真価を発揮するのは口調(トーン)であって、ことばそのものなど小唄ほどにも意味がないのだ。気分のなかでいつも聞こえてくるあの犬どものうなり声、あいつはまず第一に、やめさせねばならない。なぜなら、あのうなり声こそわれわれの心のなかにある確かな病気であって、しかもそれは、われわれの外にありとあらゆる種類の病気をもたらすものだから。したがって、礼儀作法(ポリテス)は政治(ポリティック)にふさわしい規則である。この二つのことばは親類である。礼儀をわきまえた者、それこそが政治家である。
 その点について、不眠症の例は示唆的である。あの何とも言えない気分のことはだれでもよく知っている。そういうふうに生きていること、それ自体が耐えがたいように思われるのである。ここでは、子細に考える必要がある。自己支配は、生存を組み立て、生存を保証している。そのことはまず、行動によってわかる。丸太を輪切りにしている人の夢は、いともたやすくよい方向に変わって行く。猟犬の群は獲物を追いかけている時にはけんかなどしないものだ。思惟の病に対する第一の治療法は、したがって、丸太を輪切りにすることである。しかし、はっきりと目ざめた思惟は、それ自身のなかにすでに気持ちを和らげる力をもっている。選びとることによって排除している。ところで、不眠症の病根はここにあるのだ。眠りたがっているのに、自分に対して、動くな、選ぶな、と命じているからだ。こうして自己支配ができないために、すぐにからだと心とが一緒になって、機械的(メカニック)な、無意識の流れにしたがってしまう。犬どもがけんかを始める。あらゆる運動が痙攣的であり、あらゆる観念が刺戟的である。そうなってしまうと、最大の友人までも疑うようになる。しるしというしるしはすべて、悪い方に解釈されているのである。自分自身、ばかをやっていて阿呆らしいと思うようになる。だが、こういう見かけはなかなか強いので、丸太を輪切りにするどころではない。
 そこから非常によくわかることは、オプティミスムは誓約を求めていることである。最初はどんなにおかしな考えに見えようとも、幸福になることを誓わねばならない。主人の鞭によってあの犬どものうなり声をすべてやめさせねばならない。最後に、用心のために言っておく。憂鬱な思考はすべて、自分をだます落胆だと思ってさしつかえない。そう考えてよいのだ。なぜなら、われわれは何もしないでいると、すぐに自ずと不幸をつくり出してしまうものだから。退屈さがそれをあかししている。しかし、われわれの考えは、それ自体では棘々しいものではない。また、われわれがいらだつのは自分自身の心の動揺である。そのことを最もよく示しているのは、からだの中のものがすべて弛緩したあの半睡状態という幸福な状態である。だが、これは長続きしない。こうして眠りが告げられたなら、ほんとうの眠りはすぐにやってくる。ここで自然のはたらきを促進させている眠りの方法は、とりわけ、中途半端に考えようとは絶対しないことだ。思考に没頭するか、それとも全然考えないか、どちらかである。自己支配を欠く思惟はすべて、誤ったものだという経験を活かすことだ。こういう毅然たる判断によって自己支配を欠く思惟はすべて、夢想レヴェルに格下げされる。そして棘をもたないあの幸福な夢が準備される。逆に、夢を開く鍵はなんでもかで重大視してしまう。それこそ不幸を招く鍵である。
    一九二三年九月二十九日
    --アラン(神谷幹夫訳)「幸福にならねばならない」、『幸福論』岩波文庫、1998年。

-----

ちょいと長いのですが載せておきます。

20世紀最大のモラリストといってよいアラン(Emile-Auguste Chartier,1868-1951)の「楽観主義」論がうえの文章です。

月曜の講義にて学生さんたちと話し合うために、アランの文章を材料に考えてみたわけですが、なんで哲学の講義で楽観主義か!などと深い突っ込みはお許し下さいませ。

哲学というものが根本原理の探究であるとすれば、人間が哲学するということは文字っ面だけのはなしではなく、生き方の問題と密接に関わってくるわけですから、「楽観主義」の問題とも対峙せざるを得ません……それが実情です。

さて、楽観主義の問題に関しては、アメリカを代表する心理学者A・マズロー(Abraham Harold Maslow,1908-1970)に代表される、人間の自己実現を「欲求の階層」によって「説明」するアプローチが人口に膾炙されております。

そしてその「説明」に納得することも多く、マズロー自身が根っからのヒューマニストであったがゆえに出てきた言説であることも承知なのですが、いかんせん、心理学の還元主義的アプローチにちょいと違和感を覚えなくもないので、「説明」することで学生自身が「考える」「暇」を奪ってしまうのも難だよな……。

……ということでアランの文章を紹介した次第です。

マズローの「説明」よりも難解で「エスプリ」溢れる文章ですが、アランの言葉は、楽観主義を「説明」してはいないものの、その極意を突いている部分があり、その言葉と向かい合うことで、学生自身が「楽観主義」=○○である、と定義を覚えるのではなく、言葉を頼りに、一人一人が思索を深めていく機会になればと思い、今の若い学生にはすこし難しいかなア~とぼやきつつも、提示してみたところ、ドンペリ……いや、失礼、ドンピンだったことには、チャレンジして正解だったのかな?

さて……。
そのきっかけは前回の講義に端を発しております。
学生さんからの楽観主義理解に関する質問がそれにあたります。

ちょうどガンジー主義の現代性について議論していたわけですが、ガンジーは自身の心情を次のように吐露しております。

-----

 私はどこまでも楽観主義者である。正義が栄えるという証拠を示し得るというのではなく、究極においては正義が栄えるに違いないという断固たる信仰を抱いているからである。
    --ガンジー(K・クリパラーニー編・古賀勝郎訳)『抵抗するな・屈服するな ガンジー語録』朝日新聞社、1970年。

-----

-----

 わたしは手に負えないオプティミストです。わたしのオプティミズムは、非暴力を発揮しうる個人の能力の、無限の可能性への信念にもとづいています。
    --マハトマ・ ガンディー(森本達雄訳)『 わたしの非暴力I』みすず書房、1970年。

-----

思うに、思想の人間であれ、経綸の人間であれ、卓越した人物というものは、 ほぼ間違いなく楽観主義者の風格をもっているようです。そうした人物の中で群を抜いているのがやはりガンジーであり、その生涯はけれん味なく、あざやかな見本をしめしているようで、その楽観主義には驚くばかりです。

ガンジーの歩みを振り返ってみるならば、客観的情勢分析やその分析に基づく見通しに依拠して生み出された者ではありません。なにしろ、そうした手法をとってしまうと相対論に陥ってしまいますから。

しかしそうではなく、なにがあろうとも貫き通したその生涯をみてみるならば、まさに、絶対的・楽観主義ともいうべき力強い息吹を感じてしまうものであり、徹底した自己洞察の結果、どのような条件も容喙することのできぬ信念に近いダイナミズムを感じてしまわざるを得ません。

そしてそれが何に根ざすのでしょうか。
それはすなわち、人間への絶対的な信頼であり、死をもってしても奪い取ることのできない不壊の信念にほかならないのでしょう。

だからこそガンジーはひとりの人間が魂の次元において変革できるはずだ、そしてその変革は大地をも揺るがし、歴史をも転変させてしまうのだと歩み抜いたのだろうと思います。

まさにガンジーの楽観主義とは、菩薩の誓願にも似た人間への深い信頼と変革への革新に似た何かなのだろうと偲ばれます。

さて、話がガンジーの歩みの振り返りになってしまいましたが、その辺を前回呟いていたのですが、

「“どんなつらい困難な状況でも負けずに前向きにいることだと思ったけど・・・”、楽観主義ってこんなふうに考えればよいのでしょうか」

……と質問が出てきましたので、うえのアランの文章で、一緒に考えてみました。

たしかに、どんなつらい困難な状況でも負けずに前向きいることができれば、それにこしたことはありませんし、その歩みは楽観主義って状況の一つの事例なのでしょう。

しかし、なかなかそれを貫き通すのは困難でありますし、時には負けることもあれば、打ちひしがれることもあり、簡単に「負けずに前向きいる」ことだと言い切るわけにもいきません。

いい切ってしまうのは実に簡単なんです。
しかし、いい切ってしまうことで、現状の自分を否定しまくったあげくに、自暴自棄へと至る道程もたやすいものですから、そのヘンが難しいものです。

最初に通俗的な楽観主義理解、すなわち、棚からぼた餅・賽銭でOK式の楽観主義論の陥穽を指摘したうえで……宇治家参去はこの楽観主義理解を「根拠を欠いた夢想的楽観主義」理解と読んでおります……、学生さんたちに考えさせてみて、そしてアランの文章を読ませてみました。

いやはや、このアランの文章、冒頭から染みこんできます。すなわち「悲観主義は気分によるものであり、楽観主義(オプテイミスム)は意志によるものである。気分にまかせて生きている人はみんな、悲しみにとらわれる。否、ただそれだけではすまない。やがていらだち、怒り出す」。

悲観主義が気分の問題であるするならば、「根拠を欠いた夢想的楽観主義」も「気分の問題」なのでしょう。

では、その対極に位置する楽観主義とは何でしょうか。

アランによれば「楽観主義(オプテイミスム)は意志によるものである」ものだそうな。
「意志によるもの」だとすれば、その楽観主義とは「根拠を欠いた夢想」ではありません。

まさに根拠形成を丹念に仕込んでいくのがその楽観主義なのでしょう。

棚からぼた餅はおちてきませんし、賽銭投げても願いは叶いません。

そして今日は疲れたのであれば、今日は寝ればよいでしょうし、泣きたいときは泣けばいいのでしょう。

しかし、根本に「意志の問題」を置くならば、次の日からでも、1ヶ月後からでも、10年後からでも「意志」に基礎をおきながら、ヘンな言い方ですが、棚からぼた餅がおちてくるように「工作(耕作)」していけばよいわけですから。

その「工作(耕作)」は気分の問題ではありません。
ガンジーの実践にみられるような、まさに菩薩の誓願のごとく、結実した……このことは言い換えるならば、最初から決まったこと!を組み立てていくあり方なのだろうと思います。

まさに「証拠を示し得る」歩みではなく、証拠ははなからありますから「栄えるに違いない」組み立てをしてくわけですから……。

再びアランの言葉に即して考えるならば、つぎのあたりでしょうか。

「オプティミスムは誓約を求めている」

「自己支配は、生存を組み立て、生存を保証している」。

「自己支配を欠く思惟はすべて、誤ったものだという経験を活かすことだ」。

確かに自己支配という言葉に耳を傾けるならば、まさにそれは気分=悲観主義と対極にある人間存在論になってくると思います。気分に支配されると言うことはすなわち自己支配を欠くわけですし、自己支配を丁寧に組み立てていくことはまさに自分自身に対する「誓約」なのでしょう。

だから、最初に「幸福になることを誓わねばならない」ということができれば、左右されずに生きていくことができるし、そこには人生の「退屈」さは一切存在しないのでしょう。

「退屈」も「悲観」も気分の問題です。

……あとは学生さんたちに考え、生活の中で、言葉と摺り合わせながら内面化してもらうしかありませんが……。

しかし、この文章、昔も読んだことがありましたが、再読するなかで文章のタイトルが「誓わねばならない」ということには度肝を抜かれてしまいました。

ということで?
短大での哲学の授業ものこすところ最終講義一コマのみ。
今季は教材に沿いながらも、なるべく学生さんたちの関心や疑問応答とのなかで、哲学することを考えることが多く、遅々として授業計画どおり進みはしませんでしたが、「共に」考えることができたのは、楽観主義に限らず、お互いにとって実りあるひとときになったよな……と思わざるを得ません。

例えば、占いの是非、平和を願うのであれば平和のイメージとはどんなもの? また学生として平和にするためには何ができるの?……等々、拳と拳?で議論できたことは自分自身にとってもかけがえのない財産になったと思います。

……つうことで?

いやはや、本日の八王子は、ぐらぐらと煮えかえる地獄の釜の湯のごとく、暑さの酷い一日でございました。

大学の正門付近にある温度計は33度を示しておりました。

例の如く、出勤前に、ホット・コーヒーを我慢して、アイス・コーヒーで許してあげた次第です。

しかもおまけに「甘いモノ」まで付けてしまいましたので、なんだか男気あふれる宇治家参去が軟弱化しているようですが……暑いから仕方ありませんかね?

蛇足ですが、アランの文章の中断を読むと、現代の政治家たちには、礼儀もヘッタクレもなければ、アランなんかも読んだことがないのだろうな……などと推察されていほかなりません。

次の一文は公共に関わる人間には必要不可欠だろうと思います。

「礼儀作法(ポリテス)は政治(ポリティック)にふさわしい規則である。この二つのことばは親類である。礼儀をわきまえた者、それこそが政治家である」。

02_r0014876 03_r0015068

幸福論 (岩波文庫) Book 幸福論 (岩波文庫)

著者:アラン
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 わたしの非暴力 1 わたしの非暴力 1
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

|

« ひとつの認識を形づくるには、一個の表象だけでは十分でない | トップページ | 気合いの冴え »

現代批評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/30535525

この記事へのトラックバック一覧です: オプティミスムは誓約を求めている:

» 不眠症 不眠症対策と不眠症治療 [不眠症 不眠症対策と不眠症治療]
不眠症で悩んでいる人って多いと思います。不眠症は、ストレス社会の中で多くの問題を抱えています。不眠症を改善して、快適な生活を送りましょう。 [続きを読む]

受信: 2009年8月 4日 (火) 06時06分

« ひとつの認識を形づくるには、一個の表象だけでは十分でない | トップページ | 気合いの冴え »