« Ob's stürmt oder schneit,Ob die Sonne uns lacht,Der Tag glühend heiß Oder eiskalt die Nacht | トップページ | ありふれたものをわたしは歌う »

そんなものはむなしく消えていく「知的道化師のロマンティシズム」であり、仕事に対するいっさいの責任を欠いた態度である

01_img_1139 02_img_1142

-----

 政治家にとっては、情熱(Leidenschaft)--責任感(Verantwortungsgefuühl)--判断力(Augenmaß)の三つの資質がとくに重要であるといえよう。ここで情熱とは、事柄に即するという意味での情熱、つまり「事柄(ザッヘ)」〔「仕事」「問題」「対象」「現実」〕への情熱的献身、その事柄を司どっている神ないしデーモンへの情熱的献身のことである。それは、今は亡き私の友ゲオルク・ジンメルがつねづね「不毛な興奮」と呼んでいた、例の精神態度のことではない。インテリ、とくにロシアのインテリ(もちろん全部ではない!)のある種のタイプに見られた--ジンメルの言葉がぴったりな--態度、また現在「革命」という誇らしげな名前で飾り立てられたこの乱痴気騒ぎ(カーニヴアル)の中で、ドイツのインテリの間でも幅をきかせているあの精神態度。そんなものはむなしく消えていく「知的道化師のロマンティシズム」であり、仕事に対するいっさいの責任を欠いた態度である。実際、どんなに純粋に感じられた情熱であっても、単なる情熱だけでは充分ではない。情熱は、それが「仕事」への奉仕として、責任性と結びつき、この仕事に対する責任性が行為の決定的な基準となった時に、はじめて政治家をつくり出す。そしてそのためには判断力--これは政治家の決定的な心理的資質である--が必要である。すなわち精神を集中して冷静さを失わず、現実をあるがままに受けとめる能力、つまり事物と人間に対して距離を置いて見ることが必要である。「距離を失ってしまうこと」はどんな政治家にとっても、それだけで大罪の一つである。ドイツのインテリの卵たちの間ではこうした傾向が育成されれば、彼らの将来は政治的無能力を宣告されたも同然である。実際、燃える情熱と冷静な判断力の二つを、どうしたら一つの魂の中でしっかりと結びつけることができるか、これこそが問題である。政治は頭脳でおこなうもので、身体や精神の他の部分でおこなうものではない。であるが、もし政治が軽薄な知的遊戯でなく、人間として真剣な行為であるべきなら、政治への献身は情熱からのみ生まれ、情熱によって培われる。しかし、距離への習熟--あらゆる意味での--がなければ、情熱的な政治家を特徴づけ、しかも彼を「不毛な興奮に酔った」単なる政治的ディレッタントから区別する、あの強靱な魂の抑制も不可能となる。政治的「人格」の「強靱さ」とは、何を措いてもこうした資質を所有することである。
 だから政治家は、自分の内部に巣くうごくありふれた、あまりにも人間的な敵を不断に克服していかなければならない。この場合の敵とはごく卑俗な虚栄心のことで、これこそ一切の没主観的な献身と距離--この場合、自分自信に対する距離--にとって不倶戴天の敵である。
    --マックス・ヴェーバー(脇圭平訳)『職業としての政治』岩波文庫、1980年。

-----

夏がおわりました。
ひとつの夏がおわりました。

いつも思うのですが、夏が終わる直前には、台風とか大雨とか、そうした惨波がやってきて、次の日から秋になっちゃうんです。

土曜日は灼熱地獄でした。
家族3人で炎天下を放浪しましたが、ここちよい疲れでした。
またちょいと灼けたようでもあります。

日曜日は、台風11号の影響で、昼過ぎから空模様があやしくなり、日付がかわってから帰宅するときは驟雨にて、ひさしぶりのぬれねずみとなりました。

しかし、蒸し暑くないので、かえって寒いほどで……、秋の到来を感じてしまいました。

携帯電話をおととい充電しました。
しかし、今日はよくつかったのでしょうか?
電池の残量がほとんどなくなっていました。

ぼちぼち機種変更の縛りがきれるのでiPhone3GSに変えたろうか……などと思っておりますが、このNokiaのスマートフォンも自分自身と一緒に消しがたい歴史を刻んでいるんだなア~などと思いました。

つかわないと4-5日は電池が持つのですが……。

本日は昼過ぎから仕事でしたので、ここでもう一度マックス・ヴェーバー(Max Weber,1864-1920)と対話をしなければならない!と一人で決意!しましたので、休憩中に読んでおりましたが、ひとり頷くこと多く……、正直なところ、自分自身の学問的立場からすると、ものごとに対するアプローチのひとつとしての社会学の手法というのは受け入れがたいといいますか、それですべてを代弁してしまう学の雰囲気に辟易としてしまう……要は数値とか社会調査のデータから溢れ出してしまう声なき声がスルーされてしまうので……わけなのですが、その創始者の言葉には、妙に納得することが多く、侮りがたい……などと思った次第です。

ヴェーバーは、第一次大戦での敗北後成立した、混乱するワイマール共和国において、急進的変革に熱狂する学生たちをまえに、「政治の矜持」を語ったのがうえの『職業としての政治』です。

いやはや再読したところですが、痛快です。

右的熱狂をぶった切る鋭利なやいばの返す刀で理論的優位にたちつつも心根が同じである左的似非理論をも分断する、冷静な叫びには、……「社会学」!っていうカテゴリーにおさまりきらない、いうなれば、人間としての強さを感じつつ、何が人間を牽引していくのか……そこを探究したヴェーバーの慧眼にはおどろくばかりです。

「乱痴気騒ぎ(カーニヴアル)」に惑わされてはいけない。
ぶれない頭と心を養っていき、力でねじ伏せるのではなく、ひとびとと言葉をかわすなかで、「事柄(ザッヘ)」〔「仕事」「問題」「対象」「現実」〕に向かいあっていくしかないのかもしれません。

これは洪水とか鉄砲水ではなく、ひとびとの暮らす地上から遙か数百メートル下にこんこんと歩みをやめない水脈のような営みなのでしょう。

そこにひとびとはなかなか敏感にはなれません。
しかし、水脈がこんこんと歩みをやめないような努力は人間にも必要であり、それこそが生きるということの「責任」かもしれません。

……ということで一応、この夏は公私ともによくがんばったので、ご褒美を心と頭にあたえ、沈没しますです。

なにしろ、秋が始まると、「仕事」が山積しておりますので、まさに個々人と現実との思想的格闘戦が開幕しますから。

本日のお供は「山古志」(お福酒造・新潟県)でございます。

さきの中越地震で棚田が大被害を蒙った山古志地域の銘酒です。
崩壊した水田の復興は機械でもシステムでも行政でもなく、ひとりひとりの人間の手でおこなわれたようです。

そしてそこで育まれた「特別純米酒」が「山古志」に他なりません。

コピーには次のような表現があります。
すなわち、

「棚田には錦鯉の色を鮮やかにすると言われる程の清冽な沢の自然水が流れ込み、また春から夏にかけて朝晩の気温差が15℃という環境が、しっかりとした稲を育み、食べても酒にしても美味しい米を稔らせるからです」

……とのことだそうな。

瞬間湯沸かし器?とかではなく、こうした鮮烈な沢の自然水として生きていきたいものです。

しかし、なんです。
印象批判めいた文章で恐縮ですが……っていつもそうですが……、古代ローマの劇作家・政治家テレンティウス(Publius Terentius Afer,195/185-159 BC)の言葉が染みこんできます。

-----

私は人間である。人間に関することで私と無縁なものは一つもない。
Homo sum. Humani nil a me alienum puto.
    --テレンティウス(木村健治ほか訳)『 西洋古典叢書 ローマ喜劇集<5>』京都大学学術出版会、2002年。

-----

がなり声とか罵声とか、マイクとか拡声器とかテレビとかラジオとかから流れてくる声にかきけされそうな声ほど、力強い声はありませんし、今こそ「人間に関することで私と無縁なものは一つもない」……その言葉を味わうべき新しい時代が到来したのだと思われて他なりません。

ですから飲んで寝ます。

03_img_1177

職業としての政治 (岩波文庫) Book 職業としての政治 (岩波文庫)

著者:マックス ヴェーバー
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ローマ喜劇集〈5〉 (西洋古典叢書) Book ローマ喜劇集〈5〉 (西洋古典叢書)

著者:テレンティウス
販売元:京都大学学術出版会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« Ob's stürmt oder schneit,Ob die Sonne uns lacht,Der Tag glühend heiß Oder eiskalt die Nacht | トップページ | ありふれたものをわたしは歌う »

現代批評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/31172611

この記事へのトラックバック一覧です: そんなものはむなしく消えていく「知的道化師のロマンティシズム」であり、仕事に対するいっさいの責任を欠いた態度である:

« Ob's stürmt oder schneit,Ob die Sonne uns lacht,Der Tag glühend heiß Oder eiskalt die Nacht | トップページ | ありふれたものをわたしは歌う »