« 「教授可能な知」の超克の下準備 | トップページ | 「知人ハ、起ヲ知リ、蛇ハ、自カラ蛇ヲ識ル」 »

「台風」とは「季節的ではあっても突発的な、従ってその弁証法的な性格とその猛烈さとにおいて世界に比類なき形」を取る

01_img_0808

-----

 人間の存在は歴史的・風土的なる特殊構造を持っている。この特殊性は風土の有限性による風土的類型によって顕著に示される。もとよりこの風土は歴史的風土であるゆえに、風土の類型は、同時に歴史の類型である。自分はモンスーン地域における人間の存在の仕方を「モンスーン的」と名づけた。我々の国民もその特殊な存在の仕方においてはまさにモンスーン的である。すなわち受容的・忍従的である。
 しかし我々はこれのみによって我々の国民を規定することはできない。風土のみを抽象して考えても、広い大洋と豊かな日光とを受けて豊富に水を恵まれ旺盛に植物が繁茂するという点においてはなるほど我々の国土とインドとはきわめて相似ているが、しかしインドが北方は高山の屏風にさえぎられつつインド洋との間にきわめて規則的な季節風を持つのとは異なり、日本は蒙古シベリアの漠々たる大陸とそれよりもさらに一層漠々たる太平洋との間に介在して、きわめて変化に富む季節風にもまれているのである。大洋のただ中において吸い上げられた豊富な水を真正面から浴びせられるという点において共通であるとしても、その水は一方においては「台風」というごとき季節的ではあっても突発的な、従ってその弁証法的な性格とその猛烈さとにおいて世界に比類なき形を取り、他方においてはその積雪量において世界にまれな大雪の形を取る。かく大雨と大雪との二重の現象において日本はモンスーン域中最も特殊な風土を持つのである。それは熱帯的・寒帯的の二重性格と呼ぶことができる。温帯的なるものは総じてなにほどかの程度において両者を含むのではあるが、しかしかくまで顕著にこの二重性格を顕すものは、日本の風土を除いてどこにも見いだされえない。この二重性格はまず植物において明白に現われる。強い日光と豊富な湿気を条件とする熱帯的な草木が、ここでは旺盛に繁茂する。盛夏の風物は熱帯地方とほとんど変わらない。その代表的なるものが稲である。しかるにまた他方には寒気と少量の湿気とを条件とする寒帯的な草木も、同じく旺盛に繁茂する。麦がその代表者である。かくして大地は冬には麦と冬草に覆われ、夏には稲と夏草に覆われる。しかしかく交代し得ない樹木は、それ自身に二重性格を帯びて来る。熱帯的植物としての竹に雪の積もった姿は、しばしば日本の特殊の風物としてあげられるものであるが、雪を担うことに慣れた竹はおのずから熱帯的な竹と異なって、弾力的な、曲線を描き得る、日本の竹に化した。
    --和辻哲郎『風土 人間学的考察』岩波文庫、1979年。

-----

結局のところ、東京都下では、大雨という状況は到来せず、高湿度の到来という一日でした。

無事にそれてくださいましたので、日本を代表する倫理学者・和辻哲郎(1889-1960)の人文地理書ないしは人間風土論とでもいえばいいでしょうか……、名作として知られる『風土 人間学的考察』にて、「台風」と「人間」の関係に関して、ちと復習するある日の宇治家参去です。

何度も読んでおり、何度も指摘しておりますが、和辻の文章はスラスラとしていながら軽薄さがなく、「魅せる」が如く「読ませて」くれます。

明治生まれの知識人のいわば幅の広さとある種の人間・世界理解の深さに唸らされてしまいます。

和辻は『風土』のなかで、人間と風土の関係を三つのパターンに類型化しており、そのひとつが、「モンスーン的性格」になりますが、これに該当するのは、これが広い意味でのアジア地域です。

アジアといっても広いわけですが、そのなかでも特筆すべき「珍しい」ひとつの特異な事例として日本の差異・独自性が論じられております。

ただその叙述には、その対象を礼賛せんとするなにか意志的なものを感じてしまい、宇治家参去の場合はどうしても頷けない部分も多々あります。

もちろん、この著作が表された時代、……すなわち、戦前昭和の時期ですが、この時期は、政治史的アプローチをとるならば、軍国主義的なものの見方が先鋭化してくる時期ですのでその影響だろうと見定めてしまうことは容易です。

しかし、それだけに起因するわけでもありません。

戦前昭和とはどのような時代でしょうか。

それは、明治以降の学問受容のあゆみがひとつの完成をみた時期です。
いわば、欧米から文物の導入に血眼になったその受容の歴史が、導入だけでなく、自前で論ずることができるようになった--それが戦前昭和という時代です。

ですからそのいわば「自信」といってよいかと思いますが、そうした「胸を張る」ような気概が随所に見受けられますし、そのひとつの表れととらえることができるだろうと思います。

西洋の先端の思想・哲学を「輸入」して「翻訳」する時代から、自前で「哲学」「思想」していく時代意識への転換のなせるわざでありますから、そのひとつの応答としての「自信」なのでしょう。

以前にも言及しましたが、例えば和辻なんかは、自信以上に「乗り越えた」自負なども見られます。『風土』の冒頭にて、その考察のきっかけとなった現代ドイツの大哲学者・ハイデッガー(Martin Heidegger,1889-1976)の思想から着想を得たとしているものの、どちらかといえば、そうした思想を発展し、展開させたという「自負」が散見されるほどです。

さて話がずれこみましたが、特異な事例に戻ります。

極端なものの見方かもしれませんが、特異な事例とは、そのひとつだけではないのが現実でしょう。

すべてを形成する個々の特異な事例には、高低浅深は本来ないなずなんです。
だからこそ「特異」であり、そのひとつひとつが、還元不可能な特異な事例に他なりません。であり、それに対する価値評価はどうしても恣意的に流れがちな事を勘案するならば、これこそ特異な「他に抜きん出た独自性」などとやられてしまうと、すこし違和感があるというのが正直なところです。

対他としての「特異」性が現象世界のすべてを構成するわけなのですが、ここで厄介なのが、その対他としての「特異」性が、対自としての「自信」「自負」以上になってしまう、そしてそこへ流れがちになってくるのが世の常なのですが、これがまさに実に厄介です。

こちらの「特異」が「偉いぞう」となってしまうと、真夏の蝉が鳴き始めるように、どれもこれも他に比べて「偉いぞう」となってしまいます。

そして、恣意的な根拠が不動の根拠となり、伝統がかたちづくられていってしまう……そのあたりが実に厄介なものですから、なるべくそれに近づかない、もしくは、一人で小声ぼそっとささやく程度に止めておくほうが利口かななどと思ってしまうわけですが……。
いずれにしましても、宇治家参去の場合、ナショナル・アイデンティティと関連したレースにはあまり近づかないようには努めており(もちろん、元来スポーツ観戦等には全く興味がないということにも起因しますが)、そのなかで、そしてそのおかげでしょうか、リベラリズムとリバタリアニズムの中間領域でアイロニカルで彷徨っております。

しかし、不思議なもので「日本」の「竹」はよろしいです。
何と比べてと言うわけではありませんが、そのへんに自己自身が立脚すべきあり方とリアルな感情との隔離に悩みます。

その感情こそ、おそらく自分自身に内在する、消しがたい血のようなものなのでしょうか。

そういうところを昔学問の仲間と酒を飲みつつ論じあっていたとき、

「それじゃア、やっぱり宇治家参去さんは、リベラルでもリバタリアンでもなく、生粋のオールド・リベラリストですよ」

などと言われたことがあります。

そう指摘してくださった方は自称中道右派でしたが、検討の結果その仏教学者さんは「ウルトラ・ナショナルですね!」と落ち着いたのがいい思い出です。

ともあれ、和辻哲郎も「オールド・リベラリスト」に列するお方ですので、その後塵を浴びつつ、過激にならないことを心がけながら、探求するほかありません。

ということで?
最後に和辻の文章をもういちど。

-----

 次にモンスーン的な忍従性もまた日本の人間において特殊な形態を取っている。ここでもそれは第一に熱帯的・寒帯的である。すなわち単に熱帯的な、従って非戦闘的なあきらめでもなければ、また単に寒帯的な、気の永い辛抱強さでもなくして、あきらめでありつつ反抗において変化を通じて気短に辛抱する忍従である。暴風や豪雨の威力は結局人間をして忍従せしめるのではあるが、しかしその台風的な性格は人間の内に戦争的な気分を湧き立たせずにはいない。だから日本の人間は、自然を征服しようともせずまた自然に敵対しようともしなかったにもかかわらず、なお非戦闘的・反抗的な気分において、持久的ならぬあきらめに達したのである。日本の特殊な現象としてのヤケ(自暴自棄)は、右のごとき忍従性を明白に示している。第二にこの忍従性もまた季節的・突破的である。
    --和辻哲郎、前掲書。

-----

しかしなあ、ってところです。
いずれにしましても、ヤケにならず、極端を排しながら、よりよき倫理的探究を続けるほかありません。

というところで?、本性は先鋭化したポストモダンではなく、感覚的なオールド・リベラリストですから、ここはひとつ、戦後昭和を代表するウィスキー『トリスウィスキー Black』(SUNTORY)を、「HALF ROCK SODA」にしてやってみます。

嗚呼、昭和の味がします。

03_img_0818

 風土 人間学的考察 風土 人間学的考察
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

|

« 「教授可能な知」の超克の下準備 | トップページ | 「知人ハ、起ヲ知リ、蛇ハ、自カラ蛇ヲ識ル」 »

哲学・倫理学(東洋②日本)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/30925777

この記事へのトラックバック一覧です: 「台風」とは「季節的ではあっても突発的な、従ってその弁証法的な性格とその猛烈さとにおいて世界に比類なき形」を取る:

« 「教授可能な知」の超克の下準備 | トップページ | 「知人ハ、起ヲ知リ、蛇ハ、自カラ蛇ヲ識ル」 »