« わがためにくる秋にしもあらなくに 虫の音きけばまづぞ悲しき | トップページ | 個人倫理と同様に、社会的、政治的な倫理学、社会と政治における倫理の哲学が問題となっている »

「『である』ことと『する』こと」

01a_img_1084

-----

 「権利の上にねむる者」
 学生時代に末弘(巌太郎)先生からの民法の講義をきいたとき「時効」という制度について次のように説明されたのを覚えています。金を借りて催促されないのをいいことにして、ネコババをきめこむ不心得者がトクをして、気の弱い善人の貸し手が結局損をするという結果になるのはずいぶん不人情な話のように思われるけれども、この規定の根拠には、権利の上に長くねむっている者は民法の保護に値しないという趣旨も含まれている、というお話だったのです。この説明には私はなるほどと思うと同時に「権利の上にねむる者」という言葉が妙に強く印象に残りました。いま考えてみると、請求する行為によって時効を中断しない限り、たんに自分は債権者であるという位置に安住していると、ついには債権を喪失するというロジックのなかには、一民法の法理にはとどまらないきわめて重大な意味がひそんでいるように思われます。
 たとえば、日本国憲法の第十二条を開いてみましょう。そこには「この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によってこれを保持しなければならない」と記されてあります。この規定は基本的人権が「人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果」であるという憲法第九十七条の宣言と対応しておりまして、自由獲得の歴史的プロセスを、いわば将来に向かって投射したものだといえるのですが、そこにはさきほどの「時効」について見たものと、いちじるしく共通する精神を読みとることは、それほど無理でも困難でもないでしょう。つまり、この憲法の規定を若干読みかえてみますと、「国民はいまや主権者となった、しかし主権者であることに安住して、その権利の行使を怠っていると、ある朝目ざめてみると、もはや主権者でなくなっているといった事態が起るぞ」という警告になっているわけなのです。これは大げさな威嚇でもなければ教科書ふうの空疎な説教でもありません。それこそナポレオン三世のクーデターからヒットラーの権力掌握に至るまで、最近百年の西欧民主主義の血塗られた道程がさし示している歴史的教訓にほかならないのです。
 アメリカのある社会学者が「自由を祝福することはやさしい。それに比べて自由を擁護することは困難である。しかし自由を擁護することに比べて、自由を市民が日々行使することはさらに困難である」といっておりますが、ここにも基本的に同じ発想があるのです。私たちの社会が自由だ自由だといって、自由であることを祝福している間に、いつの間にかその自由の実質はカラッポになっていないとも限らない。自由は置き物のようにそこにあるのでなく、現実の行使によってだけ守られる、いいかえれば日々自由になろうとすることによって、はじめて自由でありうるということなのです。その意味では近代社会の自由とか権利というものは、どうやら生活の惰性を好む者、毎日の生活さえ何とか安全に過せたら、物事の判断などはひとにあずけてもいいと思っている人、あるいはアームチェアから立ち上がるよりもそれに深々とよりかかっていたい気性の持主などにとっては、はなはだもって荷厄介なしろ物だといえましょう。
    --丸山眞男「『である』ことと『する』こと」、『日本の思想』岩波新書、1961年。

-----

このところオルテガ(José Ortega y Gasset,1883-1955)の市民社会論を再読しているのですが、オルテガにおいてキー概念となるのが「貴族」という言葉です。

近代市民社会においてどうして「貴族」なのか!というわけですが、これは前近代的なイメージ……たとえば「世襲」貴族のようなもの--とは違う「精神性」「矜持」としてのあり方として挑発的に発せられた言葉です。

いうなれば、権利を権利たらしめるための責任・努力をだれに言われるともなく、自ら不断にたらしめる努力をおこたらないあり方がオルテガにおいては「貴族」という意味です。ですから、その対にあるのが、権利に安住してしまう「民」という見通しです。

誤解を招くと恐縮ですから、一言付加えるならば、オルテガは近代に特徴的な制度としての民主主義的なシステムそのものを否定し、封建的な貴族政治の復活をもくろんでいるわけではございません。

成果を所与のものとして反省・自覚しないのであれば、それは通俗的に表現される当の封建的な貴族主義そのものへと陥ってしまうわけですから、そうではありません。

成果を絶えず成果たらしめる努力をおこたらな無名の庶民の自覚、そのことをオルテガはまさに挑発的に「貴族として自覚をもって生きよ」……そう諭しているように思われます。

ですから、ふと丸山眞男(1914-1996)の「である・する」論を再読したくなり、さらにひもといた宇治家参去です

くどくて書かなくても宜しい話題ですが、往々にして人文科学に従事する生き物というのは不思議な奴で、何かを読んでいるとそこから別の物が読みたくなってしまうという無限ループに陥りますので、なかなか前に進まない、そうしたところが存在します。これも喩えるならば、自然科学の世界において、答えを導くために何度も実験をするわけですが、人文科学においては実験というシステムが存在しませんので、論旨が矛盾がないようにと、過去の思想家の思索にその論拠を……それは肯定・批判ふくめてですが……置いていこうと積み重ねていくわけですので、自然と関連分野の他の思想家を実は当該論者よりも論じてしまうというやつです。

さて……話がずれ込みましたが人文科学に携わる者としての常としてご容赦いただき、

しかしながら、やはりさすが丸山眞男です。

俗に戦後民主主義を擁護した「進歩的知識人」の頭目に数えられる人物です
しかしながら、読み直すたびに、そうしたカテゴライズから不断にすっぽりと抜け落ちてしまう深淵さとユーモアが丸山の文章からは鮮やかに踊りだしてしまいますので、「進歩的知識人」として「片づけてよい」と思うことができません。

というところで?

「である」ことと「する」こと、をもう一度、この時期だからこそ確認する必要があるのだろう--ということで向かいあった次第です。

あっちからこっちへ読み進めると、「である」ことと「する」ことの違いに深く感動を覚えた訳ですが、これを全共闘的世代でいうならば「ザイン」と「ゾルレン」ということに相通じてしまうわけですが、いずれにしましても、「である」に安住することなく、そしてこれが大切なのですが、誰からも命じられるまでもなく「する」ということを自覚的に選択していかない限り難しいのかなと思った次第です。

丸山のフレームワークとして払拭しがたいのは、やはり時代的制約もありますが、単純化のきらいを臆面もなく発するとすれば、対峙する構造としての「権力」という図式になります。ポスト・モダンの権力論においては、そうした「できあがった」「体系」「システム」を「想定」して「格闘」する「スタイル」の有効性には疑義が提示られているわけです。

もちろんそうした「暴露」的ポスト・モダンの営みに関してもいっしょくたんに払拭することは不可能ですが、それが批判している発想と同時に丸山の説くまろやか?な「である」「する」論を否定することも出来ない……それが現実生活の事実かもしれません。

この問題は、政治思想史に限定された問題ではありません。

あらゆる関係性に関して関わってくる問題なのでしょう。

我とシステムにおける関係性……

我と汝における関係性……

我と我における関係性……

それを“当たり前”と思ってしまったときに、その崩壊は始まるのかも知れません。

だから、それを“当たり前”と“開き直”らない柔軟な発想が求められているのかも知れません。

そこに……宇治家参去のモットーの一つである……「ノブレス・オブリージュ(noblesse oblige)」が要請されざるを得ない状況があるのでしょう。

人間主義に関しても同じです。
人間のためという探究を欠如した人間主義は人間中心主義へと陥ってしまいました。
そしてその獲得の所為かが「所与の前提」となってしまったとき、丸山眞男は激怒った次第です。

同論文の中盤での小見出しに「理想状態の神聖化」という表題がつけられておりますが、あらゆるあり方、関係性において「理想状態」なるものを「である」ものとして「神聖化」(宗教史の言語でいえば“国教化”という事態ですが)すると同時に、理想は腐敗臭を放ってしまうのかもしれません。

……ということで、オルテガ論は後回し?……といいますか後日にとっておき、KIRIN「秋味」と「双璧」をなすSUNTORY「秋生」をやってみましたが……

やはり「秋味」のほうが旨かったです。

もちろんこれは、ビールVS発泡酒というカテゴリーが違うという超克しがたい壁があるわけですが、いずれにしましてもやはりビールは酒の王者です。

01b_img_1084 01c_img_1094

日本の思想 (岩波新書) Book 日本の思想 (岩波新書)

著者:丸山 真男,丸山 眞男
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

大衆の反逆 (ちくま学芸文庫) Book 大衆の反逆 (ちくま学芸文庫)

著者:オルテガ・イ ガセット
販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« わがためにくる秋にしもあらなくに 虫の音きけばまづぞ悲しき | トップページ | 個人倫理と同様に、社会的、政治的な倫理学、社会と政治における倫理の哲学が問題となっている »

哲学・倫理学(現代)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「『である』ことと『する』こと」:

« わがためにくる秋にしもあらなくに 虫の音きけばまづぞ悲しき | トップページ | 個人倫理と同様に、社会的、政治的な倫理学、社会と政治における倫理の哲学が問題となっている »