« 「めのまえにいる生きている人間と向き合うこと」 | トップページ | ぼくはきみたちに約束します。みなさんのだれ一人、忘れることはありません。 »

「人生って天国なんだから、ぼくたちみんな天国にいるのにそれを知ろうとしないだけなんだよ」

01_img_1084

-----

 兄は精神的にすっかり変わってしまった。ほんとうに驚くべき変化が、いきなり彼のなかではじまったのだ! 年老いた乳母が兄の部屋に入っていって、「ごめんなさいまし、お坊ちゃま、聖像の前に灯明をともしましょう」と言う。以前なら兄はそれを許さず、吹き消してしまうこともあった。
 「ばあや、いいよ、どうぞ、ともしておくれ、少し前まではこんなこともおまえたちに禁じたりして、ほんとうに罰あたりだったね。おまえが灯明をあげながらお祈りをし、ぼくはそういうおまをほほえましく感じながらお祈りするよ。おうすれば同じ神さまにお祈りしていることになるからね」その言葉はわたしたちにとって奇妙に思え、母は自分の部屋にもどると泣いてばかりいたが、兄の部屋に入るときは涙をぬぐい、ほがらかな顔をしてみせるのだった。「ねえ母さん、泣かないでよ」兄はよく口にした。「これからもまだまだ、たくさん生きなくちゃならないんだし、みんなとたくさん楽しく過ごしたいし。だって、人生って、生きるって、ほんとうに楽しくてうれしいことなんだからね!」
 「ほんとうにおまえったら、何が楽しいっていうんだい。夜は熱がでるし、咳ももひどく胸が壊れそうじゃないか」
 「母さん」と兄は母に答えた。「泣かないでよ、人生って天国なんだから、ぼくたちみんな天国にいるのにそれを知ろうとしないだけなんだよ。その気になれば、明日にでも世界中に天国が現れるんだから」だれもがそういう兄の言葉に目をみはった。それぐらい神妙な、毅然とした話し方だったのだ。みんなが感動して泣いた。
 我が家に知人たちが見舞いに訪ねてきた。すると兄はこう言うのだった。「大切なみなさん、あなたがたに愛してもらえる値打ちなど、ぼくのどこにありますか。ぼくみたいな人間をどうして愛してくださるんです。でも、ぼくはどうしてこれまでそれに気づかず、ありがたいとも思わなかったんでしょう」部屋に出入りする召使たちにはいつもこう言うのだった。「大切なみんな、どうしてぼくに仕えたりするんだ、ぼくに仕える価値なんてあるのか? もし神さまが情けをかけて死なずにすんだら、こんどはぼくがおまえたちに仕えてやるからね、だって、だれもがたがいに仕えあわなくちゃならないんだから」
 母はこれを聞いて首を横に振った。「おまえはね、病気のせいでそんなことを言うんだよ」
 すると兄はこう答えた。「母さん、大好きな母さん、たしかに主人と召使のちがいをなくすことなんてできないけれど、ぼくがこの家の召使に仕えるようになってもいいんだ。召使がぼくにしてくれるのと同じようにね。もうひとつ、母さんに言っておくけど、ぼくらはみんな、すべての人に対してすべての点で罪があるんだよ、ぼくはそのなかでもいちばん罪が重い」
    --ドストエフスキー(亀山郁夫訳)『カラマーゾフの兄弟 2』光文社文庫、2006年。

-----

金曜日から日曜日にかけて大阪へ二泊三日の滞在をしましたが、現地では、ひたすら飲むばかりで、何もたべなかった……というのが実態です。

連日2時、3時まで飲むのは飲んでいたのですが、食べておらず……。
大阪をでる前に体重計に乗ったところ3kgほどダイエットできた次第です。

ただ、これもひとつの強制ダイエットになりますので、東京へ戻ると、腹が減るという始末で、エネルギー不足も実感するものですから、かるくひとりで焼き肉大会(ホルモン焼き道場『蔵』)です。

ハラミとホルモン(カシラ、ハツ、テッポ)を少々。
ハーフサイズのカルビクッパが五臓六腑に染み渡るとはこのことなのでしょう。

ゾシマ長老の兄が「人生って天国なんだから、ぼくたちみんな天国にいるのにそれを知ろうとしないだけなんだよ」と語るとおりです。

生きている世界にこそ天国は存在するのだと実感しつつも、その天国を体感するためには、罪の意識がどうしても宇治家参去には不可欠である……そのことも実感する次第です。

自己自身の有限性を自覚する、罪性を自覚するからこそ、無限への飛躍が可能になるのでは……ふとそう思う昨今です。

もういちど、ドストエフスキー(Fyodor Mikhaylovich Dostoyevsky,1821-1881)の『カラマーゾフの兄弟』を読み直すことを開始しました。心がきゅうきゅうと悲鳴を上げざるを得ないのですけど、そこがここちよいのも事実です。

02_img_1163 03_img_1165 04_img_1158 05_img_1159 06_img_1156

カラマーゾフの兄弟2 (光文社古典新訳文庫) Book カラマーゾフの兄弟2 (光文社古典新訳文庫)

著者:ドストエフスキー
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 「めのまえにいる生きている人間と向き合うこと」 | トップページ | ぼくはきみたちに約束します。みなさんのだれ一人、忘れることはありません。 »

告白・独白・毒吐の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「人生って天国なんだから、ぼくたちみんな天国にいるのにそれを知ろうとしないだけなんだよ」:

« 「めのまえにいる生きている人間と向き合うこと」 | トップページ | ぼくはきみたちに約束します。みなさんのだれ一人、忘れることはありません。 »