« Reality precedes thought | トップページ | 「なるほど枕はない筈だ、これまで枕をして寝たことがなかったから」と初めて気が付いたころ(2) »

「なるほど枕はない筈だ、これまで枕をして寝たことがなかったから」と初めて気が付いたころ(1)

01_img_1010
-----

 およそこういう風で、外に出ても内にいても、乱暴もすれば議論もする。ソレゆえ一寸と一目見たところでは--今までの話だけを聞いたところでは、如何にも学問どころのことでなく、ただワイワイしていたのかと人が思うでありましょうが、そこの一段に至っては決してそうではない。学問勉強ということになっては、当時世の中に緒方塾の右に出る者はなかろうと思われるその一例を申せば、私が安政三年の三月、熱病を煩うて幸いに全快に及んだが、病中は括枕(くくりまくら)で、座布団か何かを括って枕にしていたが、追々元の体に回復して来たところで、ただの枕をしてみたいと思い、その時に私は中津の倉屋敷に兄と同居していたので、兄の家来が一人あるその家来に、ただの枕をしてみたいから持って来いと言ったが、枕がない、どんなに捜してもないと言うので、不図(ふと)思い付いた。これまで倉屋敷に一年ばかり居たが、ついぞ枕をしたことがない、というのは、時には何時でも構わぬ、殆ど昼夜の区別はない、日が暮れたからとといって寝ようとも思わず、頻りに書を読んでいる。読書に草臥(くたび)れ眠くなって来れば、枕の上に突っ臥して眠るか、あるいは床の間の床側(とこぶち)を枕にして寝るか、ついぞ本当に蒲団を敷いて夜具を掛けて枕をして寝るなどということは、ただの一度もしたことがない。その時に初めて自分で気が付いて「なるほど枕はない筈だ、これまで枕をして寝たことがなかったから」と初めて気が付きました。これでも大抵趣がわかりましょう。これは私一人が別段に勉強生でも何でもない、同窓生は大抵みなそんなもので、およそ勉強ということについては、実にこの上に為しようはないというほどに勉強していました。
    --福澤諭吉(富田正文校訂)『新訂 福翁自伝』岩波文庫、1978年。

-----

福澤諭吉(1835-1901)の修学時代の思い出を読み返しながら、--その修学時代というのは今の時代で言えば大学時代ということになりましょうが--、そうした時期には、人間という生き物は対象が学問であれ何であれ、徹底的にやり抜いていくことができるものなんだよな、などとフト思われます。

お恥ずかしながら宇治家参去の場合、適塾の塾生のごとく、寝ても覚めても勉強してわけではなく、どちらかといえば劣等生といってよろしいのでしょうが、それでもそうした時期にこれだけはと決め手やったこと、挑戦してきたことの一つや二つはあるものですから、徹底的にとことんやっていくということの大切さを否定することはできません。

ただ福澤諭吉をはじめとする適塾と同じなのはやんちゃ具合と枕がなくても睡眠OKということぐらいでしょうか(苦笑)。

さて、話がずれ込みましたが、いずれにしても何かを徹底的にやり込むということは、人間が生きていく上でのゆるぎない基盤を形成する上で必要不可欠なわけですし、そのことは老若男女に差はありません。

とくに自分自身が大学教育に関わるようになって……などとぼんやり考えておりますと、講義時間になってしまいました。

2010年初の講義ですが、年度最終講義です。

またあとで・・・。

02_img_1011 03_img_1014

|

« Reality precedes thought | トップページ | 「なるほど枕はない筈だ、これまで枕をして寝たことがなかったから」と初めて気が付いたころ(2) »

プロフィール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/33034258

この記事へのトラックバック一覧です: 「なるほど枕はない筈だ、これまで枕をして寝たことがなかったから」と初めて気が付いたころ(1) :

« Reality precedes thought | トップページ | 「なるほど枕はない筈だ、これまで枕をして寝たことがなかったから」と初めて気が付いたころ(2) »