« 「のらくらと日を送る」ようにみせながら…… | トップページ | 「等価物を絶対に許さないものは尊厳を具有する」から悩むんです »

「微笑もて正義を為せ!」

01_img_1261

-----

……智慧の実を食べると、人間は、笑いを失うものらしい。以前は、お茶目で、わざと間抜けた失敗なんかして見せて家中の人たちを笑わせて得意だったのだが、このごろ、そんな、とぼけたお道化が、ひどく馬鹿らしくなって来た。お道化なんてのは、卑屈な男子のする事だ。お道化を演じて、人に可愛がられる、あの淋しさ、たまらない。空虚だ。人間は、もっと真面目に生きなければならぬものである。男子は、人に可愛がられようと思ったりしては、いけない。男子は、人に「尊敬」されるように、努力すべきものである。このごろ、僕の表情は、異様に深刻らしい。深刻すぎて、とうとう昨夜、兄さんから忠告を受けた。
 「進は、ばかに重厚になったじゃないか。急に老けたね。」と晩ごはんのあとで、兄さんが笑いながら言った。僕は、深く考えてから、答えた。
 「むずかしい人生問題が、たくさんあるんだ。僕は、これから戦って行くんです。たとえば、学校の試験制度などに就いて、--」
 と言いかけたら、兄さんは噴き出した。
 「わかったよ。でも、そんなに怖い顔をして力んでいなくてもいいじゃないか。このごろ少し痩せたようだぜ。あとで、マタイの六章を読んであげよう。」
 いい兄さんなのだ。帝大の英文科に、四年前にはいったのだけれども、まだ卒業しない。いちど落第したわけなんだが、兄さんは平気だ。頭が悪くて落第したんじゃないから、決して兄さんの恥辱ではないと僕も思う。兄さんは、正義の心から落第したのだ。きっとそうだ。兄さんには、学校なんか、つまらなくて仕様が無いのだろう。毎晩、徹夜で小説を書いている。
 ゆうべ兄さんから、マタイ六章の十六節以下を読んでもらった。それは、重大な思想だった。僕は自分の現在の未熟が恥ずかしくて、頬が赤くなった。忘れぬように、その教えをここに大きく書き写して置こう。
 「なんじら断食するとき、偽善者のごとく、悲しき面容(おももち)をすな。彼らは断食することを人に顕さんとて、その顔色を害(そこな)うなり。誠に汝らに告ぐ、彼らは既にその報を得たり。なんじは断食するとき、頭(かしら)に油をぬり、顔を洗え。これ断食することの人に顕れずして、隠れたるに在(いま)す汝の父にあらわれん為なり。されば隠れたるに見たまう汝の父は報い給わん。」
 微妙な思想だ。これに較べると、僕は、話にも何もならぬくらいに単純だった。おっちょこちょいの、出しゃばりだった。反省、反省。
 「微笑もて正義を為せ!」
 いいモットオが出来た。紙に書いて、壁に張って置こうかしら。ああ、いけねえ。すぐそれだ。「人に顕さんとて、」壁に張ろうとしています。僕は、ひどい偽善者なのかも知れん。よくよく気をつけなければならぬ。
--太宰治「正義と微笑」、『パンドラの匣』新潮文庫、昭和四十八年。

-----

ちょと時間もないので、コメンタリーできませんが、太宰治(1909-1948)を読んでいてちょいとばかり染みたので一節書き残しておきます。

「いいモットオが出来た。紙に書いて、壁に張って置こうかしら。ああ、いけねえ。すぐそれだ。「人に顕さんとて、」壁に張ろうとしています。僕は、ひどい偽善者なのかも知れん。よくよく気をつけなければならぬ」というこの辺が他人事ではなく……。

ただ……。

「微笑もて正義を為せ!」

いい言葉です。

こんなのを読んで独り染みているから、うだつが上がらぬのでしょうかねぇ。

02ph_008_01

03_img_1351

パンドラの匣 (新潮文庫) Book パンドラの匣 (新潮文庫)

著者:太宰 治
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 「のらくらと日を送る」ようにみせながら…… | トップページ | 「等価物を絶対に許さないものは尊厳を具有する」から悩むんです »

告白・独白・毒吐の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「微笑もて正義を為せ!」:

« 「のらくらと日を送る」ようにみせながら…… | トップページ | 「等価物を絶対に許さないものは尊厳を具有する」から悩むんです »