« 『人生のちょっとした煩い』 | トップページ | 以上の三種類の愛はそれぞれ本質を異にしているが、もし同一の対象に対してこの三種の愛が同時に体験されることがある »

無用なもの、よけいなもの、多すぎるもの、何の役にも立たないもの

1

-----

 幸福だけの幸福はパンばかりのようなものだ。食えはするがごちそうにはならない。むだなもの、無用なもの、よけいなもの、多すぎるもの、何の役にも立たないもの、それがあたしは好きだ。
    --ヴィクトル・ユーゴー(豊島与志雄訳)『レ・ミゼラブル(四)』岩波文庫、1987年。

----

先週自宅用のパソコンがぶっこ割れて、出張用のノートPCで仕事をしているのですが、どうにも仕事にならないので、少し型落ちしたワークステーションを購入(予定)したのですが、明日といいますか本日配達されてきます。

ですので……。

すこし部屋の片づけをした宇治家参去です。

片づけと申しましても、たいしたアレではないのですが、せっかくやるならば、きちんと“道具”をつかってやろう!

……ということで、荒物屋!(こんな表現すら死語かもしれませんが)にて、“金太郎箒”なる一品をゲットです。

これにて……掃除はうまく完了!

……という一日でしたっ!

掃除機でやるのが常道なのでしょうが、なんでもかんでもメカニカルに杓子定規やっているようでは、文豪・ユゴー(Victor-Marie Hugo,1802-1885)が指摘するとおり、「幸福だけの幸福はパンばかりのようなもの」なんですヨ。

ですから、こうした余裕といいますか、存在における過剰な部分が必要なのが人間世界というものです。

まさに……。

“無用なもの、よけいなもの、多すぎるもの、何の役にも立たないもの、それがあわしは好きだ”

……を実感する宇治家参去です。

ただ……まさに“無用なもの、よけいなもの、多すぎるもの、何の役にも立たないもの”のようでして、掃除にはあまり役に立たなかった次第です。

ですけど、こうしたものがいいんですよねぇ~。

2 3

レ・ミゼラブル 全4冊 (岩波文庫) Book レ・ミゼラブル 全4冊 (岩波文庫)

著者:ヴィクトル ユーゴー
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

レ・ミゼラブル〈4〉 (岩波文庫) Book レ・ミゼラブル〈4〉 (岩波文庫)

著者:ヴィクトル ユーゴー
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 『人生のちょっとした煩い』 | トップページ | 以上の三種類の愛はそれぞれ本質を異にしているが、もし同一の対象に対してこの三種の愛が同時に体験されることがある »

告白・独白・毒吐の日々」カテゴリの記事

現代批評」カテゴリの記事

衣食住」カテゴリの記事

詩・文学・語彙」カテゴリの記事

コメント

金太郎箒って、日本製ですか(笑)

畳を箒で掃く時は、

味わった(使った)後のお茶葉を天日に干し、

乾燥させて畳の上にまき、

箒で掃くと良いとか・・・(確かそんな感じ;)。

パンは、

「偽りによって得たパンは人に快いが、

後に彼の口は砂利で満たされる。」(箴言20:11)

という聖句を、最近友人に教えてもらいました。

パンにまつわる言葉は多いようですね。

投稿: shirokuro_cat_125 | 2012年2月10日 (金) 00時02分

彗は日本製でした。

いまだ現役です。

それから、ご指摘の通り「パン」にまつわる言葉は西洋では多いですね。

ひょっとすると、日本では、「お米」にまつわる言葉が多いかも?……などと思いましたので少しこれは調べて見ようと思います。

投稿: ujikenorio | 2012年2月10日 (金) 14時57分

日本製で良かったです!

日本の文化を象徴する様な、

例えばちりめん細工は、

中国製が多いんです。

中国の人が作るのと、

日本の人が作るのでは、

同じ様な物が出来たとしても、

意味が違うと思うんですよね;

他の国に任せて良いのかな?・・・と。

“生米”だと、宮沢賢治を思い出しますね。

私にとっては、パンを使った言葉より、

お米の方が響きます。

無いならいっそ、

作ってしまえばいい!


投稿: shirokuro_cat_125 | 2012年2月11日 (土) 12時03分

「無いならいっそ、作ってしまえばいい!」

たしかにそうですね!!!

投稿: ujikenorio | 2012年2月12日 (日) 00時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/33806738

この記事へのトラックバック一覧です: 無用なもの、よけいなもの、多すぎるもの、何の役にも立たないもの:

« 『人生のちょっとした煩い』 | トップページ | 以上の三種類の愛はそれぞれ本質を異にしているが、もし同一の対象に対してこの三種の愛が同時に体験されることがある »