« 「肉がないのに肉にかける塩をほしがる子供の状況」への挑戦 | トップページ | 「智見や真理やまた自分の霊魂を出来得るかぎり善くすること」を気にかけたい昼下がり »

旨いもの・酒巡礼記(番外編):埼玉県・川越市編「FRUMENTO MERCATO 小麦市場」、〝鬼の居ぬ間の心の洗濯〟つき

01_img_6807 02_img_0073 03_img_680

-----

 欲求を欲望、気まぐれ、空想、悪癖と区別し、糧を珍味や毒と区別する第一の特徴は、欲求に対応する糧に限界があるように欲求にも限界があるということだ。悋薔漢にとって手にする黄金が充分すぎることはない。だがいかなる人間にも、食べられるだけたらふくパンを与えられていれば、もうこれで充分だと思う瞬間がやってくる。糧は満腹をもたらす。魂の糧についても同様である。
    --ヴェイユ(冨原眞弓訳)『根をもつこと』岩波文庫、2010年。

-----

一応、残して置こうかと思います。
昨日の慶應祭の中盤、ランチに訪れたのが、「FRUMENTO MERCATO 小麦市場」という〝素材の味を生かした【直球イタリアン】〟です。

用件が済んで、本川越へ移動するまえに昼食をとったのがこの銘店です。
間口は狭いのですが、店内は地中海沿いの南欧風の開放的なつくりで、給仕のお兄さん、お姉さんの躾もよく、たのしく時間を過ごさせて戴きました。

とりあえず、昼時でしたので、お肉のランチを頂戴しました。
※お肉の他に、お魚のランチ、ピザ、パスタのランチがそれぞれ数点づつ用意されております。

オープンテラスも用意されておりますが、日差しがきつかったので、店内で頂いた次第です。

04_img_0472 05_img_0474 06_img_0471

さて……。
気になるお肉のランチですが、その日は、「鹿児島産黒毛豚肩ロースの照焼」です。サラダと焼きたてパン(食べ放題)、珈琲(ドリンク)がついて、ランチとしては1400円とチト高めですが、1400円分は楽しめるシロモノというところでしょうか。

だいたい、黒毛にしてもその他の種類にしても、往々にして豚肉というのは硬くなるわけなのですが、仕込みと焼き具合がちょうどいいのでしょうか……。

豚肉本来の適度な噛みごたえを残しつつ、コクはあるのですがくどくない味付けで、卯月の昼下がりをまったりとたのしませていただきました。

表面はカリッとしつつも、しっとりしたパンの味わいもなかなかで、さすが店名に「小麦」と掲げるだけのことあります。

ご案内してくださったM氏に感謝です。

07 08 09

で……。
このお店のウリは、ワインなんですワ。
用件も済んでいるので、チトグラスワインぐらいは飲まないとマズイだろう……ってわけで、メニューを物色していたのですが、昨日は却下されてしまいました。

チキショーって店内で叫んで、テーブルをひっくり返すほど昭和ロマンの男でもありませんので、状況を粛々と甘受し、お店を後にした次第です。

ですけど、ヴェイユ(Simone Weil,1909-1943)は「だがいかなる人間にも、食べられるだけたらふくパンを与えられていれば、もうこれで充分だと思う瞬間がやってくる。糧は満腹をもたらす。魂の糧についても同様である」と指摘しましたが、そもそも、燃料としての大人向けの飲料を摂取していないわけですから、〝漢(おとこ)〟宇治家参去このままで「充分だと思う」ヘチマも何もあったものでもありません。

さすがにワインではありませんが、本川越に移動してから、細君どもが「楽」というパンやを物色している間に、待っているかき氷やさんで、ソッコーで缶ビールをぐびりとやった次第です。

これが俗にいう「鬼の居ぬ間の心の洗濯」というヤツです。

……ってしっかりばれましたが、とほほ。

さて……「小麦市場」
チト駅から遠いところですが、大自然の中?で、しっかりと本格イタリアンが手軽に楽しめる隠れ家です。気になる方はどうぞ。

■ FRUMENTO MERCATO 小麦市場
〒350-0821 埼玉県川越市福田59-1
ランチ  11:00~15:00
カフェ  15:00~17:00
ディナー 17:00~22:00(L.O.21:00) 
http://r.gnavi.co.jp/b216800/

根をもつこと(上) (岩波文庫) Book 根をもつこと(上) (岩波文庫)

著者:シモーヌ・ヴェイユ
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 「肉がないのに肉にかける塩をほしがる子供の状況」への挑戦 | トップページ | 「智見や真理やまた自分の霊魂を出来得るかぎり善くすること」を気にかけたい昼下がり »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旨いもの・酒巡礼記(番外編):埼玉県・川越市編「FRUMENTO MERCATO 小麦市場」、〝鬼の居ぬ間の心の洗濯〟つき:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/04/26 09:05) [ケノーベル エージェント]
川越市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年4月26日 (月) 09時06分

« 「肉がないのに肉にかける塩をほしがる子供の状況」への挑戦 | トップページ | 「智見や真理やまた自分の霊魂を出来得るかぎり善くすること」を気にかけたい昼下がり »