« 最近、ふと思うのが、人間は人間以上でもないし、人間以下の存在でもないということです | トップページ | はしご蕎麦 »

「驚異(タウマイゼン)の情(こころ)」

01_img_0280

-----

実にその驚異(タウマイゼン)の情(こころ)こそ智を愛し求める者の情なのだからね。つまり、求智(哲学)の始まりはこれよりほかにはないのだ。
    --プラトン(田中美知太郎訳)『テアイテトス』岩波文庫、1966年。

-----

どうも宇治家参去です。
眠いです……が、がんばります。

火曜になんとか! 哲学の第二講義を終えました。

ぐったりと疲れましたが、心は春風のごとくここちよい具合です。

哲学とは、フィロソフィアというギリシア語に由来しますが、これは、「~を愛する」というフィロと、「智慧」を意味するソフィアによる合成語です。

要するに哲学とは、「智慧を愛する」学問というわけです。

その意味では、教室とか教材とか限定されず、人はどこからでも「哲学する」=「智慧を愛する」ことが可能です。

では、どこからひとびとは「智慧を愛する」ようになるのでしょうか。

すなわち、それは対象に対して「驚いた」ときなんですね。

何かに「驚く」からこそ、「それはなんやねん」となるわけです。

そこから「それ」に対する探求が始まるという寸法です。

ですから、S短大での授業では、「智慧を愛する」をテーマにしたレポートを学期末に提出するようにしておりますが、それは、、、

「みなさん、自分が一番関心があることってなにかありますよね。まあ、この場合一番でなくてもいいですが、それをちょっと探求してみませんか?」

……ってことで、こちらから議題をふるわけではなく、ひとりひとりに、自分が深めたいことを「調べて」「書き」「発信(=レポート化)」する課題を貸しております。

それをガイダンスで紹介するわけですが(第二講義でも第一講義を履修していないひとがいるので、ちょいとフォローをしますが)、、、

結構、「レポートあるよん」

……ってやりますと、

「うぇ~ん」

……ってなってしまうパターンが多いのですが、

学生さんからのリアクションペーパー(授業感想)を読み直しておりますと、存外に、

「さっそくレポートの調査はじめました」
「レポートが楽しみです」

……っていうのが、おおく、、

まさに「驚異(タウマイゼン)の情(こころ)」を抱いてしまった宇治家参去です。

7月までの短い期間ですが、お互いに充実した教室にして参りたい、そう決意した一日です。

さて……。
ハイ、ひとつの授業は終わりましたが、明日から……もとい、本日から、千葉のT短大にて今度は「倫理学」の講義です。

さきほど、ようやくパワーポイントが完成しました。

……ってことで、またまた気を引き締め直して挑戦の日々、の開始です。

この初回の講義が済みますと、週末は福岡にて通信教育部の「倫理学」の講義です。

ぶっちゃけ、GWの折り、法事で実家へ帰省する以外に、なんとなく休日がなさそうなのですが、なんとか、やっつけていこうと思います。

去年の自分よりも今年の自分に関して、まさに「驚異(タウマイゼン)の情(こころ)」を明年いだきたいものですので、チト、エンジンにハイオクガソリンを注入しようかと思います。

つう、わけで、本日はハンブルクの「Holsten Premium」でもやりましょうか。

800年の歴史を誇る本格的ドイツビールなのですが、こういうものも輸入されているものなんですねえ。

まさに「驚異(タウマイゼン)の情(こころ)」がフル回転でございます。
「ビール純粋令」に準拠して大麦、ホップ、水のみで製造されているビールなわけですが、そのおかげで、風味とコクが素晴らしいです。

ま、あまり飲み過ぎずに、本日の授業を最高のものにしてまいろうかと思います。

最後ですが……

そうそう、

昼食を学食でやりましたが、日替わりメニューの「鯖の唐揚げ・きのこの餡かけそーす和え」なかなかでございました。

02_img_0282 03_img_0303

テアイテトス (岩波文庫 青 601-4) Book テアイテトス (岩波文庫 青 601-4)

著者:プラトン
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

真理の本質について―プラトンの洞窟の比喩と『テアイテトス』 (ハイデッガー全集) Book 真理の本質について―プラトンの洞窟の比喩と『テアイテトス』 (ハイデッガー全集)

著者:ハイデッガー
販売元:創文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

プラトン全集〈2〉クラテュロス・テアイテトス プラトン全集〈2〉クラテュロス・テアイテトス

販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 最近、ふと思うのが、人間は人間以上でもないし、人間以下の存在でもないということです | トップページ | はしご蕎麦 »

哲学・倫理学(古代ギリシア)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「驚異(タウマイゼン)の情(こころ)」:

« 最近、ふと思うのが、人間は人間以上でもないし、人間以下の存在でもないということです | トップページ | はしご蕎麦 »