« 自分の創造性を高め、他者と連携できる全体人間へと成長するための実験室 | トップページ | 「余暇」は人間的であると同時に超人間的な状態だからです。それなしには人間は真実に人間であることができないのですが、同時に人間は自力でそれを克ちとるというより、賜物として受けとるのです。 »

ぬぱっ! やって……もうた! 自分は「俗世の人たちよりも劣っているばかりか、生きとし生けるものに対して罪がある」

01

-----

 「神父のみなさん、愛しあってください」長老はそう説いた(あとでアリョーシャが記憶していたかぎり)。「神の子である民衆を愛してください。ここに来て、この壁のなかに隠遁しているからといって、わたしたちが俗世の人々より神聖であるあかしにはなりません。それどころかここに来た人はだれも、ここに来たという事実によって、自分が俗世のだれよりも、この地上に生きるすべてのものより劣っているということを自覚したことになるのです……。修道僧は、壁のなかの暮らしが長くなればなるほど、ますます身にしみてそれを自覚してかからなくてはなりません。もしそうでなければ、ここにやってくる理由などまるでなかったことになりますからね。自分が俗世の人たちよりも劣っているばかりか、生きとし生けるものに対して罪がある、人間の罪、俗世の罪、個人の罪に責任を負っていると自覚したときにはじめて、わたしたちの隠遁の目的は達せられるのです。
 なぜかと言えば、よいですか、わたしたちひとりひとりは、地上のすべての人、すべてのものに対してまぎれもなく罪があるからなのですよ。俗世の一般的な罪にとどまらず、それこそ個々人が、それぞれこの地上のすべての人、ひとりひとりの人間に対して罪があるのです、この認識こそ、修行をおこなう人間ばかりか、地上に住むすべての人間が歩むべき道の到達点なのです。なぜかと言えば、修道僧といっても他の人間と本質を異にするわけではありませんし、地上に生きている人間がいずれそうなるべき姿にすぎませんからね。わたしたちの心というのは、いずれその時が来てはじめて、飽くことを知らない、無限の、宇宙的な愛にひたることができるのですよ。そうしてあなたがたひとりひとりは、愛によって世界全体をわがものとし、俗世の罪を涙によって洗いながすことができるのです……。
 だれもがご自分の心をしっかり見守り、怠らずに懺悔なさることです。ご自分の罪を恐れてはなりませんし、たとえ罪を自覚しても、悔い改めばよいことで、神さまに何か約束などしてはなりません。あなた方を否定し、あなた方を辱め、あなた方をののしり、あなた方を中傷するものも憎んではなりません。無神論者、悪を教える者、唯物論者を憎んではなりません。そうした人たちのなかの善人はむろん、悪人も憎んではなりません。なぜかと言えば、とりわけ今のような時代には、そういう人のなかにもたくさんの善人がおりますからね。
 そういう人のために、祈りのさいにこう言ってあげることです。『神さま、だれにも祈ってもらえない人たち、あなたに祈ろうとしない人たちも、すべてお救いください』とね。そしてすぐにこうつけ加えるのです。『わたしがこうして祈りを捧げるのはけっしておごりからではありません。なぜかと言えば、このわたしこそだれよりも汚れた身なのですから……』
 神の子である民衆を愛し、羊の群を侵入者に奪われないように気をつけなさい。怠け心や、汚らわしいおごりや、そしてなにより私欲にかまけていたりすれば、四方から侵入者どもがやって来て、あなた方の羊の群を奪い去ってしまいます。民衆には、怠りなく福音を説いてあげなさい……。不正に蓄財してはいけません……。金銀財宝を愛してはいけません、所有してはいけません……。神を信じ、信仰の旗をしっかりたずさえ、高く掲げてください……」
 もっとも、長老の話は、ここに記したものよりも、また後にアリョーシャが書きとめたものよりも断片的であった。
    --ドストエフスキー(亀山郁夫訳)『カラマーゾフの兄弟2』光文社、2006年。

-----

ぬぱっ!

やって……もうた!

たま~に、やるアレです、ハイ。

今年になって2回目です。

そう。

自宅の鍵を持たずに出勤していたようで・・・。

深夜の2時過ぎに細君をたたきおこして、自宅の扉を開いてもらいました。

ドアを開けると無言で寝室へと消えてきました。

ぬぱっ!

やって……もうた!

「自分が俗世の人たちよりも劣っているばかりか、生きとし生けるものに対して罪がある、人間の罪、俗世の罪、個人の罪に責任を負っている」と自覚した次第です。

この怯懦をひしひしとかみしめつつ、いっぺえやって沈没いたします。

02 03

カラマーゾフの兄弟2 (光文社古典新訳文庫) Book カラマーゾフの兄弟2 (光文社古典新訳文庫)

著者:ドストエフスキー
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 自分の創造性を高め、他者と連携できる全体人間へと成長するための実験室 | トップページ | 「余暇」は人間的であると同時に超人間的な状態だからです。それなしには人間は真実に人間であることができないのですが、同時に人間は自力でそれを克ちとるというより、賜物として受けとるのです。 »

告白・独白・毒吐の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぬぱっ! やって……もうた! 自分は「俗世の人たちよりも劣っているばかりか、生きとし生けるものに対して罪がある」:

« 自分の創造性を高め、他者と連携できる全体人間へと成長するための実験室 | トップページ | 「余暇」は人間的であると同時に超人間的な状態だからです。それなしには人間は真実に人間であることができないのですが、同時に人間は自力でそれを克ちとるというより、賜物として受けとるのです。 »