« 三日坊主で終わらなかったtwitter | トップページ | フツーのなかで立ち上がる »

すべての人間は、生まれつき、知ることを欲する。

01 02

-----

 すべての人間は、生まれつき、知ることを欲する。その証拠としては感覚知覚〔感覚〕への愛好があげられる。というのは、感覚は、その効用をぬきにしても、すでに感覚することそれ自らのゆえにさえ愛好されるものだからである。しかし、ことにそのうちで最も愛好されるのは、眼によるそれ〔視覚〕である。けだし我々は、ただたんに行為しようとしてだけでなく全くなにごとを行為しようとしない場合にも、見ることを、言わば他のすべての感覚にまさって選び好むものである。その理由は、この見ることが、他のいずれの感覚よりも最もよく我々に物事を認知させ、その種々の差別相を明らかにしてくれるからである。
    --アリストテレス(出隆訳)『形而上学 上』岩波文庫、1959年。

-----

月曜日は急遽休みになりましたので、家族と多摩六都科学館へ行って来ました。

息子殿には、人文科学よりも自然科学に馴染んで欲しいというのと、たまたま無料券があったというわけで、往復の道中だけで日焼けしてしまうというような猛暑のなか行って来たわけですが、ちょうど、「ロクト大昆虫展」なんかもやっておりましたので、虫を始め動物に興味のある息子殿にはちょうど良かったのではないかと思います。

アトラスオオカブトムシなんぞと触れ合う?催しのようなものもあったりしましたので、実際に見て、さわるというのは貴重な機会だったのではないかと思います。

ちなみに売店でも販売しておりましたが、クジをやったところ3等が当選。これがアトラスオオカブトムシ(雄)1匹というもので、我が家へと迎え居られた次第です。ただ日本のカブトムシもすでに4匹ばかりおりまして……、ケージがまた増えるという始末です。
※いったい、誰が世話をするのかというアポリアです。

さて……。
ここのウリは、プラネタリウムなのですが、それは「怖い!」ということでキャンセルしてから帰路についたわけですが、回転鮨ですが名高い!銚子丸がありましたのでちょいと寄るか!

……と思いきや、帰路にある別の回転鮨……すなわち「かっぱ寿司」の方がいい!

……とのことで、「かっぱ寿司」に逗留。
CMなんかで「かっぱ、かっぱ~」ってよく流れておりますので、一度は行ってみたかったのだと思います。

銚子丸を横目でみながら、「かっぱ寿司」というわけです。

今日は一日何も用事がない祝日でしたので、昼から「プレミアムモルツ」でかる~く、一杯!

すでに猛暑にやられておりましたので、さっぱりと涼を取らせて戴きました。

03

帰宅してから仮眠。

夕刻もそもそと起き出してから、紀伊國屋書店に注文していた本をサルベージするついでに再び家人と外出です。

国分寺の駅ビルに入っている「炙りゃんせ」という干物やでかるーくいっぺえやるかと思っていたのですが、こちらもおこちゃまの食べるメニューが殆どありませんので、あえなく却下。

しょうがなく「月の宴」にて晩餐です。

最近、家ではあまり日本酒をやらないのですが、これまたひさーしぶりに「上善水如」(純米吟醸)を頂きましたが、いやーさっぱりしていて夏にはベストですね。

まあ、一日中呑んだ休日ですが、家人にも楽しんでもらえたようなのでよしとしましょう!

今日からまた激闘?の開始!

04 05 06

形而上学〈上〉 (岩波文庫) Book 形而上学〈上〉 (岩波文庫)

著者:アリストテレス
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 三日坊主で終わらなかったtwitter | トップページ | フツーのなかで立ち上がる »

家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すべての人間は、生まれつき、知ることを欲する。:

« 三日坊主で終わらなかったtwitter | トップページ | フツーのなかで立ち上がる »