« 呑杉晋作。 | トップページ | 兄は、真実の光のなか立ちあがれるのか、それとも、自分の信じないものに仕えた恨みを、自分とすべての人にぶつけ、憎しみのなかで滅びるのか »

【覚え書】非社交的社交性

01 02

-----

◇非社交的な社交性
  自然が人間のすべての素質を完全に発達させるために利用した手段は、社会においてこれらの素質をたがいに対立させることだった。やがてこの対立関係こそが、最終的には法則に適った秩序を作りだす原因となるのである。対立関係(アンタゴニスム)という言葉はここでは人間の非社交的な社交性という意味で理解していただきたい。これは、人間が一方では社会を構築しようとする傾向をもつが、他方では絶えず社会を分裂させようと、一貫して抵抗を示すということである。この素質が人間の性質に内在しているのは明らかである。人間には、集まって社会を形成しようとする傾向がそなわっている。それは社会を形成してこそ、自分が人間であることを、そして自然の素質が発展していくことを感じるからである。
  ところが人間には反対に、一人になろうとする傾向が、孤立しようとする傾向がある。人間には孤立して、すべてを自分の意のままに処分しようとする非社交的な傾向もあるのであり、そのためにいたるところで他者の抵抗に直面することを予期するようになる。自分のうちにも、他者に抵抗しようとする傾向があることを熟知しているからである。この抵抗こそが、人間にそなわるすべての力を覚醒させ、怠惰に陥ろうとする傾向を克服させ、名誉欲や支配欲や所有欲などにかられて、仲間のうちでひとかどの地位を獲得するようにさせるのである。人間は仲間にはがまんできないと感じながらも、一方でこの仲間から離れることもできないのである。
  人間が粗野な状態から文化へと進むための真の一歩が、ここに始まる。文化とはそもそも人間の社会的な価値を本質とするものだからだ。こうしてあらゆる才能が次第に伸ばされ、趣味が豊かになり、啓蒙がつづけられることによって、ある種の思考が鍛えられるようになる。この思考によって、当初はまだ自然の粗野な資質によって善悪の倫理的な判断をしていた人々が、時とともに明確な実践的[道徳的]な原則に基づいて判断するようになる。そして当初は情念に基づいた強制のもとで社会を形成していたとしても、やがては道徳に基づいた全体的な社会を構築するようになるのである。
  こうした非社交的な特質はたしかにあまり好ましいものではないし、利己心にかられて思い上がったふるまいをする人は、こうした特性のために抵抗に直面せざるをえないものである。しかしこうした非社交的な特性がなければ、人々はいつまでも牧歌的な牧羊生活をすごしていたことだろう。その仲間のうちで完全な協調と満足を相互の愛のうちに暮すことはできても、すべての才能はその萌芽のままに永遠に埋没してしまっただろう。人間は自分たちが飼う羊のように善良であるだろうが、自分たちには飼っている羊たちと同じくらいの価値しかないと考えるようになっただろう。そして創造という営みが、人間のために理性を行使する大きな空白部分を残しておいてくれたというのに、理性的な本性をもつ人間が、その満たすべき目的を実現することはなかっただろう。

◇悪の起源
  だから人間は自分に協調性が欠けていること、互いに妬み、争いを求める嫉妬心をそなえていること、決して満たされることのない所有欲に、ときには支配欲にかられていることを、自然に感謝すべきなのである。こうしたものがなければ、人間のうちに秘められたすべての傑出した自然の素質は、永遠に目覚めることなく、眠りつづけただろう。人間は協調を欲する。しかし人類に何が必要であるかをよく知っている自然は、人間に不和を与えることを選んだのである。人間はくつろいで楽しく暮らすことを欲している。しかし自然が人間に望んでいるのは、怠惰で、無為なままに満足して暮らす生活から抜け出して、労働と労苦の生活のうちに身を投じることであり、智恵を働かせて、この労働と労苦の生活から抜け出すための手段を見つけることである。そのために用意された自然の原動力は、非社交性と、いたるところでみられる抵抗の源泉である。ここから多くの悪が生まれる一方で、これがさまざまな力をあらたに刺激して、自然の素質がますます発展するようにしているのである。賢き創造主はこのように手配してくれたのであり、悪霊のようなものがいて、創造主のすばらしい配置をこっそりといじったわけでも、嫉妬のあまり破壊したわけでもないのである。
    --カント(中山元訳)「世界市民という視点からみた普遍史の理念」、『永遠平和のために/啓蒙とは何か』光文社古典新訳文庫、2006年。

-----

ちょい時間がないので覚え書でお茶濁しですいません。

カント(Immanuel Kant,1724-1804)は、「社会を構築しようとする傾向」(社交性)をもつと同時に「一人になろうとする傾向が、孤立しようとする傾向」(非社交性)をひとりの人間が同時に持っていると指摘しております。

そして、人間はこの矛盾する両面をもつがうえに、みずからの素質を発展させ、文化・文明を切り開いてきたと論じるわけですが、このカントの考察は示唆に富んでおります。

人間は本来、関係世界のなかにあり、その関係世界のなかにいきているがゆえにつねに両面の緊張を孕んでいる……それが現況なのでしょう。

そしてその緊張のなかで、還元不可能な個人がはぐくまれ、リアルな関係世界としての社会を形成発展させることが可能になる。

まあ、その辺りをわすれてはいけないのだと思い、ひとつ新訳を入力した次第です。

現実の世界では、そうした緊張関係はどちらかといえば放棄されている始末です。

「どうでもいいや」「関係ねえや」「ほっといてくれ」「ナニモカワラナイ」……というぼやきとその対極に位置する「国家に尽くせ」「共同体に生きろ」って恫喝のみ。

カントの言葉はそれを超克するひとつの可能性の提示かもしれません。

ということで、呑んで沈没します。

昨日あれだけ呑んで悲惨な一日だったにもかかわらず、このザマです。

まあこれが社交性と非社交性の緊張関係に「たたずむ」というところでしょうか。

03

永遠平和のために/啓蒙とは何か 他3編 (光文社古典新訳文庫) Book 永遠平和のために/啓蒙とは何か 他3編 (光文社古典新訳文庫)

著者:カント
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 呑杉晋作。 | トップページ | 兄は、真実の光のなか立ちあがれるのか、それとも、自分の信じないものに仕えた恨みを、自分とすべての人にぶつけ、憎しみのなかで滅びるのか »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/35883719

この記事へのトラックバック一覧です: 【覚え書】非社交的社交性 :

« 呑杉晋作。 | トップページ | 兄は、真実の光のなか立ちあがれるのか、それとも、自分の信じないものに仕えた恨みを、自分とすべての人にぶつけ、憎しみのなかで滅びるのか »