« ぼくが日本社会を見て思うのは、痛みというか、苦痛のない正さは意味のない正しさだということです | トップページ | 哲学の目的は、思想を論理的に明澄化することである »

【覚え書】「米人気教授 東大で「白熱教室」、イチロー年収 再分配すべきか」、『毎日新聞』2010年8月26日(木)付。

00

-----

米人気教授 東大で「白熱教室」
イチロー年収 再分配すべきか

 NHK番組「ハーバード白熱教室」で人気のマイケル・サンデル米ハーバード大学教授(57)が来日し、25日、東京・本郷の東大安田講堂で公開講義を開いた。日本人に身近な難問を題材に「正義(Justice)」を論じ、予定を約1時間半オーバーする4時間超の熱い対話型講義となった。
 「ハーバード白熱教室 in Japan」と銘打った講義には、東大生350人と公募の社会人や学生約1100人が参加。壇上から具体的な問題を投げかけて、参加者の答えを臨機応変に取り込みながら政治哲学を説くサンデル教授の巧みな講義に、会場はたちまち熱気に包まれた。
 日米で問題になっている格差をめぐる討論では、「イチロー選手の年収はオバマ大統領の約40倍、日本の教師の約400倍にのぼる。私はイチローのファンだが、彼の所得は公正か。国家が税をかけて所得の再分配をするのは正しいだろうか」と問いかけた。
 この日の講義は10月31日、11月7日の2回にわけてNHK教育テレビで放送予定。
   【岸俊光、佐藤由紀】
    --「米人気教授 東大で「白熱教室」、イチロー年収 再分配すべきか」、『毎日新聞』2010年8月26日(木)付。

-----

ちょいと忙しく……というか本日中に履歴書2通しあげないとまずいので、すいませんが覚え書をひとつ。

米ハーバード大学教授・マイケル・サンデル氏(Michael J. Sandel,1953)が来日、昨日東大にて白熱教室をやったのですが、その報道記事を紹介しておきます。

正直なところ、正義論には違和感もあるのですが、正義に関してはtweetでぼちぼちささやいておりますので、まとまったところで構成しなおしてupしようとは思っておりますので、すこしお待ち下さいませ。

ということで白熱ならぬ灼熱晩夏が続きます。
皆様ご自愛専一心よりお祈り申し上げます。

01 02

これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学 Book これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学

著者:マイケル・サンデル,Michael J. Sandel
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

リベラリズムと正義の限界 Book リベラリズムと正義の限界

著者:マイケル・J. サンデル
販売元:勁草書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

民主政の不満―公共哲学を求めるアメリカ〈上〉手続き的共和国の憲法 Book 民主政の不満―公共哲学を求めるアメリカ〈上〉手続き的共和国の憲法

著者:マイケル・J. サンデル
販売元:勁草書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Book 完全な人間を目指さなくてもよい理由−遺伝子操作とエンハンスメントの倫理−

著者:マイケル・J・サンデル
販売元:ナカニシヤ出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ぼくが日本社会を見て思うのは、痛みというか、苦痛のない正さは意味のない正しさだということです | トップページ | 哲学の目的は、思想を論理的に明澄化することである »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/36368533

この記事へのトラックバック一覧です: 【覚え書】「米人気教授 東大で「白熱教室」、イチロー年収 再分配すべきか」、『毎日新聞』2010年8月26日(木)付。:

» Twitter Trackbacks []
[続きを読む]

受信: 2010年8月26日 (木) 15時01分

« ぼくが日本社会を見て思うのは、痛みというか、苦痛のない正さは意味のない正しさだということです | トップページ | 哲学の目的は、思想を論理的に明澄化することである »