« 【覚え書】「米人気教授 東大で「白熱教室」、イチロー年収 再分配すべきか」、『毎日新聞』2010年8月26日(木)付。 | トップページ | ……これまでの倫理則はすべて、ただひとつの前提条件の上に成り立っていた。つまり、個人とは、相互に依存しあう諸部分から成る共同体の一員であるということである。 »

哲学の目的は、思想を論理的に明澄化することである

01

-----

4・112
哲学の目的は、思想を論理的に明澄化することである。
哲学は教説ではない。活動である。
哲学上の著作は、本質的に、解明ということに成り立つ。
哲学の成果とは、「哲学的諸命題」のことではない。諸命題が明澄になる、ということである。
哲学は、哲学なしにいわば暗濁混迷の思想を、明澄なものとし、鋭く境界づけられたものにしなくてはならない。
    --ウィトゲンシュタイン(山元一郎訳)『論理哲学論』中央公論新社、2001年。

-----

昨日は市井の仕事がお休みでしたので、ガッツリ仕事をやる予定でした。
ただ出来たのはレポート添削のみ(あと4通で終了)。

通信教育部のレポートですが、8月-9月はレポートの提出率がぐぅ~んとあがります。
しかし添削締切は多かろうが少なかろうが、既定の期日で締切です。

ですので、この時期はうまくやらないと、学問の仕事との調整がうまくできないので、意識的にレポートを先に添削するようにはしているのですが、やはり時間はかかりますネ。

提出してくださる学生さんひとりひとりの魂ですから、時間はかかってしまうのはイタシカタありませんが、様々なタスクに支障はでないように、時間をきちんと決めて、まわしていくほかありません。

さて……。
教員によって違うとは思うのですが、だいたい9月って忙しいんです。
学会の発表が集中するのもこの秋口。
論文(紀要や雑誌)の締切もこの時期。
そんでもって、新しい秋学期も始まる……。
おまけに市井の仕事もスルーできないというか棚卸しもあるので、仕事を「論理的に明澄化」する必要があることだけは確かです。

哲学に限らず、人間の行為とは、ウィトゲンシュタイン(Ludwig Josef Johann Wittgenstein,1889-1951)の指摘するとおり「教説ではない。活動である」からです。

日常における問題を「諸命題」と片づけてしまうことなく、その「諸命題が明澄になる」ように意識的にし向けていかなければ、暗濁混迷なものが暗濁混迷なままになってしまうのですが、そのへんが自分は苦手なものでして……。

まあ、それもイタシカタがありません。

なぜなら「哲学は、哲学なしにいわば暗濁混迷の思想を、明澄なものとし、鋭く境界づけられたものにしなくてはならない」のが哲学者というものですが、宇治家参去は哲学者ではなく神学者ですから……ねぇ。。。

……って理由になっておりません!

さて、結局昨日は仕事の合間に息子殿と遊んだりして疲れ果てましたので、夕刻より焼き肉なんぞをやっちまい、がぶがぶとビール、日本酒、ウィスキーとやっちゃいましたので、そうそうに沈没!

今朝は早くからおきております。
で……。
「論理的に明澄化」する自然の代表が太陽だとすれば、今日も太陽は燦々と輝き、その輝きは生命を焼き殺すかのように、灼熱地獄を呈しておりますが、「論理的に明澄化」というやつも一歩間違えれば、そうした力をもっているのかもしれません。

ワタクシ、夜行性ですから太陽が苦手なんですワ。

ですから、夜半に酒のみながら、ぐだぐだと書く方が宇治家参去には似合っているのでしょうが、まあ、たまには、明澄なそして明晰な言述というのも大事なんだよなあと思いつつ、もうお昼ですね。

今日は昼過ぎから市井の仕事です。

少し仕事を片づけてからがんばろうかと思います。

02 03

論理哲学論 (中公クラシックス) Book 論理哲学論 (中公クラシックス)

著者:ウィトゲンシュタイン
販売元:中央公論新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

形而上学者ウィトゲンシュタイン―論理・独我論・倫理 Book 形而上学者ウィトゲンシュタイン―論理・独我論・倫理

著者:細川 亮一
販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 野矢茂樹/ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』を読む 野矢茂樹/ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』を読む
販売元:HMVジャパン
HMVジャパンで詳細を確認する

|

« 【覚え書】「米人気教授 東大で「白熱教室」、イチロー年収 再分配すべきか」、『毎日新聞』2010年8月26日(木)付。 | トップページ | ……これまでの倫理則はすべて、ただひとつの前提条件の上に成り立っていた。つまり、個人とは、相互に依存しあう諸部分から成る共同体の一員であるということである。 »

哲学・倫理学(現代)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 哲学の目的は、思想を論理的に明澄化することである:

« 【覚え書】「米人気教授 東大で「白熱教室」、イチロー年収 再分配すべきか」、『毎日新聞』2010年8月26日(木)付。 | トップページ | ……これまでの倫理則はすべて、ただひとつの前提条件の上に成り立っていた。つまり、個人とは、相互に依存しあう諸部分から成る共同体の一員であるということである。 »