« 「聖典の成立そのものが、すでに一つの神話である」。聖典を破壊するアレクサンダーは大嫌い | トップページ | 自己への配慮のこの原則こそが、生活術の必要性に根拠をあたえて、その展開を支配し、その実践を組み立てるのである »

革命家たちの宴

01

-----

 アナキズムは、〝運動論〟を欠いた言えば無何有の幻想である。と、一般に考えられているが、それはロマンチックな誤解である。いちめん文芸の思想であると等しく、無政府主義は具体的な運動をともなう、政治の思想なのである。大正・その時代、むしろ革命のリアリズムはボルシェヴィキよりもアナキストの側にあった。
    --竹中労『断影 大杉栄』ちくま文庫、2000年。

-----

昨日は19時に青春の町?高円寺の集合して、人生の先輩と参人でがっつり飲んでおりました。

一軒目はチェーン店の居酒屋。
二件目はちょいあやしい店。
三件目はJAZZBAR。
四件目はオープンテラスの飲み屋。

気が付くと朝。

夏の怪飲!

人生の先輩と飲むことは大切ですね。

同世代でやるのもいいのですが、それだけでは枠がせばまってしまいます。

種々ご無礼あったかと思いますが、今後ともどうぞよろしくお願いします。

02 03

|

« 「聖典の成立そのものが、すでに一つの神話である」。聖典を破壊するアレクサンダーは大嫌い | トップページ | 自己への配慮のこの原則こそが、生活術の必要性に根拠をあたえて、その展開を支配し、その実践を組み立てるのである »

告白・独白・毒吐の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 革命家たちの宴:

« 「聖典の成立そのものが、すでに一つの神話である」。聖典を破壊するアレクサンダーは大嫌い | トップページ | 自己への配慮のこの原則こそが、生活術の必要性に根拠をあたえて、その展開を支配し、その実践を組み立てるのである »