« 隣人とは、端的に、ただそのひとが、ひとりの人間として存在するというだけの理由によって、私がなにものかを負うている者のこと | トップページ | 「理論が純粋になるだろうと「考えないこと」、純粋に応用できるような現場が見つかるとは思わないこと」 »

これからの「倫理」の話をしよう、八王子灼熱教室w

01

夏スク、初日。

いやー。

あつかった。

空調のよくないA棟というのもあるのですが、学生とガチで勝負できたというであつかった。

こちらは例の如くスリーピース。

いやー。

暑かった。

終了後、きんぎょご婦人とオリバーさんと昼食。

終了後、講堂脇で煙草を吸っていたら教員バスが出発。

ああ、いっちゃったあ~っておもっていて、路線バスで駅へ向かうために定座するとどこかに傘を置き忘れてきたーっておもったら、バスに履修されているボリビアからの学生さんご夫婦が同道。

3時間ばかり会食>?しながら呑んでました。

こういうのもあり。

やけど、きわめて疲れているので今日は寝ます。

写真あるけどupなしですいません。

※翌日にupしますたw

02 03

|

« 隣人とは、端的に、ただそのひとが、ひとりの人間として存在するというだけの理由によって、私がなにものかを負うている者のこと | トップページ | 「理論が純粋になるだろうと「考えないこと」、純粋に応用できるような現場が見つかるとは思わないこと」 »

プロフィール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/36250234

この記事へのトラックバック一覧です: これからの「倫理」の話をしよう、八王子灼熱教室w :

» Twitter Trackbacks []
[続きを読む]

受信: 2010年8月19日 (木) 21時12分

« 隣人とは、端的に、ただそのひとが、ひとりの人間として存在するというだけの理由によって、私がなにものかを負うている者のこと | トップページ | 「理論が純粋になるだろうと「考えないこと」、純粋に応用できるような現場が見つかるとは思わないこと」 »