« 家庭のない中産階級など笑止で、現代の大都会はまさに小金のある流民で満ちている | トップページ | 【研究ノート】円においてあらゆる対立は止揚される »

作業用【覚え書】「斜面」、『信濃毎日新聞』2010年8月17日(火)付。

001

-----

8歳か9歳の夏、キャンプに行った伊豆諸島の三宅島で“幽霊”に会ったことがある。肝試しで数人の小学生と指導員の学生と一緒に、噴火で埋まったという集落跡を歩いていた

   ◆

立ち入り禁止の小山に、白い服を着た10人ほどの集団が現れた。ランプのような明かりを持ち「おーい。おーい」と、こちらに手を振ってくる。キャンプのメンバー以外、人はいない場所。ほかのグループだなと思って、みんなで「入っちゃだめだ」と叫んだ。それでも集団は手を振り続け、再び小山を登り始めた。先頭から順に明かりが消え、姿も見えなくなった

   ◆

宿に戻ると、ほかのグループは小山に立ち入っていないと言う。地元の古老が「魂は人と一緒に遊びや祭りを楽しむと、ほどなく人に生まれ変われる、と伝えられている」と教えてくれた。いまもお盆の時期になると、この出来事を思い出す。あの魂は、人に生まれ変われたのかな、と

   ◆

全国で高齢者の「所在不明」が問題になっている。亡くなっている人もいるだろう。発覚が続いたのは、もうこの世にいないことを早く知ってほしかったのではないか、という気がする。家族関係を断ち切られた人の魂は、お盆にどこへ帰るのか。考えると切なくなる

   ◆

子どもの肝試しに顔を出したりするのはそういう人たちの魂なのか。それとも、世知辛い世の中には帰りたくないと考えているだろうか。
    --「斜面」、『信濃毎日新聞』2010年8月17日(火)付。

-----

002

|

« 家庭のない中産階級など笑止で、現代の大都会はまさに小金のある流民で満ちている | トップページ | 【研究ノート】円においてあらゆる対立は止揚される »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/36475469

この記事へのトラックバック一覧です: 作業用【覚え書】「斜面」、『信濃毎日新聞』2010年8月17日(火)付。:

» Twitter Trackbacks []
[続きを読む]

受信: 2010年9月 1日 (水) 03時23分

« 家庭のない中産階級など笑止で、現代の大都会はまさに小金のある流民で満ちている | トップページ | 【研究ノート】円においてあらゆる対立は止揚される »