« 自己への配慮は、他者への配慮から解放された場合、「自分自身を絶対化する」という危険を冒すことになりませんか? この自己への配慮の「絶対化」は、他者を支配するという意味で、他者にたいする一種の権力行使になりうるのではないでしょうか? | トップページ | 無題 »

ともかくも、こうして酒に親しむという気分を、 (わるいものではない) と、おもいはじめてきたらしい。

00

-----

 大治郎は、また老人に出会った。
 山谷堀の南に、真土山(まつちやま)の聖天宮(しょうてんぐう)がある。
 この日も、大治郎は田沼屋敷からの帰りで、いつもよりは時刻も早かったものだから、聖天宮へ参拝してから、門前の〔月むら〕という蕎麦屋へ入り、
 「酒をたのむ」
 と、いった。
 大治郎も、大分に変わってきたようだ。
 長い修行を終え、江戸の父の許(もと)へ帰って来たころの秋山大治郎は、一人きりで蕎麦屋へ入って酒をのむことなど、おもってもみなかった。
 いや、蕎麦は食べても、まだ明るいうちに酒を口にするなどとは、それこそ、
 (とんでもない……)
 ことだったといってよい。
 小兵衛とちがって、二合ものめば真っ赤になってしまう大治郎なのだが、ともかくも、こうして酒に親しむという気分を、
 (わるいものではない)
 と、おもいはじめてきたらしい。
 それもこれも、父・小兵衛のすることを見ているからであろう。
 酒がくると、おもいついて蕎麦掻きもたのんだ。
 月むらは、一年ほど前に開店した蕎麦屋だが、場所柄、小ぎれいな店構えで、奧には小座敷もある。
 酒も蕎麦もうまいというので、たちまちに客がつき夕暮れ間近い、この時刻にも入れこみは客で埋まっていた。
 入れこみの真中に通路があって、突き当たりに大川(隅田川)をのぞむ小座敷が二つある。
 黒塗りの小桶の、熱湯の中の蕎麦掻きを箸で千切り、汁につけて口に運びつつ。大治郎はゆっくりと酒を楽しんだ。
 こんなことを秋山小兵衛が見たら、何というだろう。
 「せがれめ、小生意気なまねを……」
 苦笑を洩らすにちがいない。
    --池波正太郎「逃げる人」、『剣客商売⑫ 十番斬り』新潮文庫、平成六年。

-----

別にむしゃくしゃしたわけでも、凹んでいたわけでも、そして嬉しかったり、悲しかったりしたわけでもないんですが、ただ、「独りでちょいと呑みたい」って時が男にはあるんです。

なんといいましょうか。

日常生活世界から逸脱することは理論的にも現実的には不可能です。

しかし、ちょっとした雑事を、ものの考え方としてですが、すこしだけ(しかしそれは幻影にすぎないことは承知ヨ、ツッコミなナシで)裁ち切り、ちゅうぶらりんにすこしだけ浮いてから、また現実に戻って、「さあ、がんばろうか」って逸脱をしてみたくるなるのが男という生き物なのかもしれません。

上述した通り、別に今日も何があったわけでもなく、平和な賃金労働者の一日でした。
クレームもトラブルもなく、まあ平和などこにでもころがっているような、まさに小説のネタになるような一日でもありません。

しかし、ふと、、

「なんだか呑みにいきてえな」

……などとした想念がぽつねんと惹起してきますと、

「まあ、そうなのよねん」

……などと飲み屋に行ってしまった次第ですorz

さて……。
とわいっても仕事が終わってからですから24時前。

吉祥寺だとかそのあたりまで出る気力もありませんので、近所でお茶を濁すという寸法で、まあ、チェーン店で済ませるかかいな!などと思いつつ、職場を後にしたのですが、そういえば宇治家参去一家御用達の、まあ、呑んで食べても間違いのない「ささ花」@花小金井が、土曜日は26時までやっているはずだ!

……と思い、一路進行を「ささ花」へ。

なじみの店長さんに誘われて着座してしまった寸法です。

ただ、20時頃に食べたエースコックのすうぱあかっぷがかなり胃の腑に残っていましたので、がっつりというムードではなかったのですが、店長さんが、「点盛りでなくても一品からやりますよ」って声をかけてくださいましたので、

エビスを頼んでから、鯛か平目であるものを、ってお願いしますと、真鯛のお造りの登場!

鯛はどのように食べてもウマイ魚の王様ですが、素材がよろしければ、お造りがウマイ!

ゆっくりと、甘~い味わいを舌で転がしつつ、

「何か日本酒のいいのはいってます???」

……って伺うと、

「今日は基本パターンしかないんですよ」

……とのことで、まあ、季節的に黒龍の「雫」があるわけでもない時節ですから、他ではあまり賞味できないない「屋守」(純米吟醸・東京都)、「さ々一」(純米吟醸・山梨県)あたりで攻めるのもひとつのあれかなアと思いつつ、まあ、家に帰ったら「黒龍」の「吟醸いっちょらい」の四合瓶もあることだしと思い、ハイボール(サントリー角瓶)をオーダー。

ついでに「つくね」も頼んだのですが、一皿二本はキツイなアという思いが顔に表れたのでしょうか……。

「一本からいきますヨ」

……との助け船にて、お願いした次第。

新鮮な卵黄を溶いて、すき焼きでも頂くようにほおばりつつ。

大満足。

さて、ブログでも何度も紹介しております「ささ花」さんですが、一番感心するのは料理の良さもさることながら、店員さんの躾のよさ!

もてなしの精神と言ってしまえば、マーケティングの教材のようでorzですが、結局は人で決まるということですね。

食ももてなしもいい仕事をしておりましたw

今日もありがとう!

また、寝て起きてからがんばりますワ。

P.S.いつもつかっているデジカメ(Canon Powershot S90)が充電中にて、本日は初代のcanon IXY Digital L という骨董的カメラにての撮影にて粒子があらい画像でスイマセン。

01 02 03

十番斬り (新潮文庫―剣客商売) Book 十番斬り (新潮文庫―剣客商売)

著者:池波 正太郎
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

剣客商売〈12〉十番斬り(1) (大活字文庫) Book 剣客商売〈12〉十番斬り(1) (大活字文庫)

著者:池波 正太郎
販売元:大活字
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 自己への配慮は、他者への配慮から解放された場合、「自分自身を絶対化する」という危険を冒すことになりませんか? この自己への配慮の「絶対化」は、他者を支配するという意味で、他者にたいする一種の権力行使になりうるのではないでしょうか? | トップページ | 無題 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ともかくも、こうして酒に親しむという気分を、 (わるいものではない) と、おもいはじめてきたらしい。:

« 自己への配慮は、他者への配慮から解放された場合、「自分自身を絶対化する」という危険を冒すことになりませんか? この自己への配慮の「絶対化」は、他者を支配するという意味で、他者にたいする一種の権力行使になりうるのではないでしょうか? | トップページ | 無題 »