« 作業用【覚え書】「斜面」、『信濃毎日新聞』2010年8月17日(火)付。 | トップページ | 作業用【覚え書】「ロイヤルホース:生ではの魅力 老舗ジャズライブハウス35周年--兎我野町 /大阪」、『毎日新聞』(地方版:大阪)2010年8月31日(火)付。 »

【研究ノート】円においてあらゆる対立は止揚される

001

-----

 円は人類が所有するもっとも古い象徴のひとつで、石器時代の岩絵から現代の様々な美術作品にいたるまであらゆる時代をとおして重要な意味をもってきた。美術上の造形に限らない、信仰や文学や思想においても円はつねにモチーフとして繰り返し現われる。多くは指輪や車輪や花冠に変形され、あるいは立体的な球に移し変えられてきた。その際、円は外側から人間に対峙するのみならず、すでに原型として人間の魂の内部に錨をおろしていたということがわかり、かならずしも厳密に意識されなかったが、二つの円--すなわち、神の知ろしめす宇宙という円と私たち自身の生という円のそれぞれ中心を符号させることによって、生存在の不調和と不確実性から脱出することが、幾千年もの間の人間のもっとも深い憧憬であった。これが、古代オリエントの文様やインドの瞑想像やキリスト教の礼拝堂、さらには神秘家の幻視や錬金術師の記録などに見られる円の象徴の本来の意味である。円においてあらゆる対立は止揚される。あらゆる力は円の内に包括される。その単一性と完全性において、円は、神谷宇宙や人間に関するあらゆる観念が合流する幾何学図形であり、つまりは存在のもっとも内的な構成原理であり万有の秩序の規範となる神聖なる核の神秘の象徴である。
    --マンフレート・ルルカー(竹内章訳)『象徴としての円 人類の思想・宗教・芸術における表現』法政大学出版局、1991年。

-----

エリアーデ(Mircea Eliade,1907-1986)のシンボル研究に入る前に、少し具体的なシンボル論を!と思い、シンボルのなかで、まあ完全のシンボルとも言える「円」についてまとめられたマンフレート・ルルカー(Manfred Lurker,1928-)をぱらぱらと紐解いております。

「円」とは人類が所有する最も古い象徴のひとつであり、太古の昔から現代に至るまで、信仰や思想、そして様々な芸術作品において常に繰り返し用いられてきたモチーフのひとつです。

しかし「象徴」(SYMBOL)の存在とは、そもそも本来的に表現不可能なものを表現しようとする欲求の産物であることは、まちがいなく、対象が象徴となった時点で、対象そのものとはことなるものになってしまうリスクを孕んだ行為なわけですが、それでも人間はそのリスクを犯しつつ、仮象に過ぎないSYMBOLを通して、SYMBOLの向こう側におぼろげながら浮かび上がってくるそのものを憧憬しているんだよなあ・・・というところです。

完全な象徴の代表例が「円」(DER KREIS)というわけですけども、そもそも円周率が超越数でありますし、構成する点と線そのものが実体を持たないように、完全な円そのものも存在しない……。

しかしだからこそなのでしょうか・・・人間はそこに完全性とか何かを表象するという訳でしょうか。

ま、いずれにしてもその辺はひとまずおいて(それはそれでマズイのですが)、どうやら人間はそこに何かの原型を見いだしていることだけは確かなようです。

少し読み進めながら、人間の表象機能と表象される対象の歴史を探究してみたいと思います。

そーいや、ビール瓶の底も「円」だ!

そんで、ビール瓶を酒屋へもっていくと「円」になる!

でわ☆

002 003

エジプト神話シンボル事典 Book エジプト神話シンボル事典

著者:マンフレート ルルカー
販売元:大修館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

シンボルのメッセージ (叢書・ウニベルシタス) Book シンボルのメッセージ (叢書・ウニベルシタス)

著者:マンフレート ルルカー
販売元:法政大学出版局
Amazon.co.jpで詳細を確認する

シンボルとしての樹木―ボッスを例として (叢書・ウニベルシタス) Book シンボルとしての樹木―ボッスを例として (叢書・ウニベルシタス)

著者:マンフレート ルルカー
販売元:法政大学出版局
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 作業用【覚え書】「斜面」、『信濃毎日新聞』2010年8月17日(火)付。 | トップページ | 作業用【覚え書】「ロイヤルホース:生ではの魅力 老舗ジャズライブハウス35周年--兎我野町 /大阪」、『毎日新聞』(地方版:大阪)2010年8月31日(火)付。 »

【研究ノート】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【研究ノート】円においてあらゆる対立は止揚される:

» Twitter Trackbacks []
[続きを読む]

受信: 2010年9月 2日 (木) 15時49分

« 作業用【覚え書】「斜面」、『信濃毎日新聞』2010年8月17日(火)付。 | トップページ | 作業用【覚え書】「ロイヤルホース:生ではの魅力 老舗ジャズライブハウス35周年--兎我野町 /大阪」、『毎日新聞』(地方版:大阪)2010年8月31日(火)付。 »