« 作業用【覚え書】「ロイヤルホース:生ではの魅力 老舗ジャズライブハウス35周年--兎我野町 /大阪」、『毎日新聞』(地方版:大阪)2010年8月31日(火)付。 | トップページ | 予言者も、先覚者もいなければ、傀儡すら存在しない・・・ »

作業用【覚え書】タゴール「「人間は孤立すると、自己を見失う。……」、『人間の宗教』

A01

-----

 しかし、肉体的なレベルでつづけられてきたこの進化には、おのずから限界があった。その方向へと進化をつづけて行き過ぎると、かえってすべてが、生命の自然なリズムを破壊する重荷となる。こうして肉体的にどこまでも巨大になろうとした動物たちは、ほとんどすべて、自らの不条理をもてあまして滅び去っていったのでえある。
 そうこうするうちに、人間[ヒト、人類]が現われ、この進化の方向を肉体の増大という漠然とした進行から、もっと微妙な完成を目ざす自由さへと転じたのである。このことが、人間の進歩を無際限なものにし、人間をして自らの力が限りないものであることを実感させた。
 火がおこされ、槌が打たれ、日夜、埃と騒音にまみれてたゆまず仕事が続けられてゆくうちに、楽器が作り出されたのである。この過程を一つの客観的な事実として考え、その進化の跡をたどることもできよう。しかし、音楽が奏でられるときには、それぞれが互いに矛盾する性質をおびているにもかかわらず、全体として、それぞれが音楽表現のための仕事の一部であったことを、われわれは知るのである。長い歳月の後に人間にまで到達した進化の過程は、人間との一体化(ユニティー)において理解されなければならない--もちろんそれは、人間において新しい価値をおび、それまでとは違った道を歩みはじめたのではあるが。それは、人間のうちに自らの意味を見出す、たゆみない過程なのである。そしてわれわれは、科学が語るところの進化も、人間の世界の進化であることを認めなければならない。背革も扉も、書物そのものの部分である。同様に、われわれが感覚や知性や生活体験をとおして認めるこの世界は、われわれ自身と完全に一体化している。
 この神聖なユニティーの原理は、つねに、内面的な相互関係の原理であった。このことは、地球上の多細胞の生命の進化における、初期のある段階に啓示されている。その最も完全な内的表現が、人間の肉体のなかで成就されたのである。しかし、なによりも重要なことは、人間はまた、自らの肉体組織の外の、いっそう微妙な組織体のなかでもそれを実現したという事実である。人間は孤立すると、自己を見失う。すなわち人間は、広い人間関係のなかに、自らのより大きく、より真実な自己を見出すのである。無数の細胞から成る人間の肉体は、生まれては死んでゆく。しかし、無数の個人から成る人間性[人類]は不滅である。人間はこのユニティーの理想において、自らの生命のうちにやどる永遠性と、自らの愛のうちにやどる無限性を実感するのである。ここにおいてユニティーは、たんなる主観的な観念にとどまらず、活動源的な真理となる。それにどのような名称を与えようと、またそれをどのような形で表わそうと、このユニティーの意識は精神的なものであり、そのユニティーにたいして真実であろうとするわれわれの努力が、すなわち、われわれの宗教である。そのユニティーは、たえずわれわれの歴史において、ますます完全な姿で啓示されることを待ち受けている。
    --R.タゴール(森本達雄訳)「第一章 人間の世界」、『人間の宗教』第三文明社レグルス文庫、1996年。

-----

有名な一節「人間は孤立すると、自己を見失う。すなわち人間は、広い人間関係のなかに、自らのより大きく、より真実な自己を見出すのである」の覚え書。その前後を紹介まで。

A02atagore_iran A03

Book 哲学・思想論集 (タゴール著作集)

著者:タゴール
販売元:第三文明社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 作業用【覚え書】「ロイヤルホース:生ではの魅力 老舗ジャズライブハウス35周年--兎我野町 /大阪」、『毎日新聞』(地方版:大阪)2010年8月31日(火)付。 | トップページ | 予言者も、先覚者もいなければ、傀儡すら存在しない・・・ »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/36508204

この記事へのトラックバック一覧です: 作業用【覚え書】タゴール「「人間は孤立すると、自己を見失う。……」、『人間の宗教』:

« 作業用【覚え書】「ロイヤルホース:生ではの魅力 老舗ジャズライブハウス35周年--兎我野町 /大阪」、『毎日新聞』(地方版:大阪)2010年8月31日(火)付。 | トップページ | 予言者も、先覚者もいなければ、傀儡すら存在しない・・・ »