« 出会うと同時にこの出会いそのものを相手に対して必ず表明しなければならないような唯一の存在、それが人間である | トップページ | <中立的なもの>の哲学にぞくする思想の運動はその起源と影響とにおいてさまざまであるけれども、哲学の終焉を告げる点で一致している。 »

だから「教会」ではなく「協会」と看板するわけです。これでは本物の「教会」も「協会」も大迷惑をうけてしまうというわけです。以上

01_img_0417

-----

傷害:信者に暴行、けがさせる 新興教団会長夫婦、容疑で逮捕
 東京都大田区にある未届けの宗教団体「ロマゾフィー協会」内で、信者の女性に暴行しけがをさせたとして、警視庁捜査1課と田園調布署は16日、同協会会長の平岩浩二(49)、副会長の妻司(36)両容疑者を傷害容疑で逮捕した。捜査関係者によると、2人は昨年11月から日常的に女性を暴行していた疑いがあり、捜査1課は教団の実態解明を進める。

 逮捕容疑は、4月16日未明から朝にかけ計約4時間にわたり、協会の所在地でもある平岩容疑者の自宅で、都内に住む40代の信者の女性の腰や尻を木製の棒(長さ約50センチ)で数十回殴るなどして全治2週間のけがをさせたとしている。女性は翌日午後に逃げ出し、田園調布署に被害届を出していた。

 平岩容疑者は「妻がやったこと」と容疑を否認。司容疑者は「カツを入れてやろうと思った」と供述している。

 女性は07年5月ごろ同教団に入会。09年10月から信者として平岩容疑者の自宅に住み込み家事を手伝うなどしていたが、同11月ごろから「掃除、洗濯、料理などのやり方がいいかげんだ」などと因縁をつけられ暴行されるようになったという。同教団には20~50代の男女30~40人が入会している。【神澤龍二、山本太一、内橋寿明】
    --「傷害:信者に暴行、けがさせる 新興教団会長夫婦、容疑で逮捕」、『毎日新聞』夕刊(東京)2010年9月16日(木)付。

-----

またね、……と思うと同時に放置も出来ないのでツイートで連投したのですが、まあ残しておこうという寸法にて、稚拙な議論ですが、一応、のこしておきます。

すぴりちゅある団体「ロマゾフィー協会」の会長と副会長が逮捕されたようですが、スピリチュアルに関して、少し免疫性がまったくない本朝の精神的態度に違和感がありますので、すこし書き殴る。

制度化された霊性のシステム(歴史のある制度宗教)で満たされない個々人の霊性というのは確かに存在します。現代風に言えば、宗教性といってよいでしょう。ひとりで探求したいというのも人情ですし、「縛られたくない」という感情もわからないでもありません。

しかしもともと制度化された霊性のシステムをキチンと経験できていない本朝では、陳列棚に並んだ様々な商品を選ぶ際にその落とし穴を見抜くことがなかなかできないのかもしれません。要するに玉石混淆の状況であるにもかかわらず、どれもが「大丈夫だろ」に見えてしまうということ。

さて、今回のケースでは、霊視・徐霊・という言葉も言及されていましたが、日テレの取材映像によると、「前世は誰だった」というお約束の言葉も紹介されておりました。別に「前世が誰であろう」とあなたはあなたやないケ……とドライな私は思ってしまうのでしょうが、これは少数派なのかしらん。

もちろんそれを信じる・信じないは当人の問題です。しかし私なんかは前述したとおり「あなたはあなたやないケ」というのが実感。思想的には実在論のようで、まあこれも問題があるのでしょうけど、どう考えても「あなたはあなたやないケ」というのが素朴な認識論です。

まあ、前世が誰であったにしろ、私なんかは脳の容量が大きい方ではありませんので、今の自分を相手にするだけで精一杯です。そこに前世だの自分があっちゃこっちゃ出てくると、petiumIIIぐらい処理速度しかありませんので、処理しきれないという寸法です(苦笑
※windowsVISTAは厳しいw

それよりも、ソクラテスではありませんが、今の「わたしの魂をもっとも大切にしなければならない」⇒汝自身を知れ、という取り組みに優先順位をおくべきなのでは……などと思ってしまうのですが、そんなことを思うから、お前はにはすぴりちゅあるのロマンがわからないんだア、と言われる始末。

しかし、最後に全てをひっくり返しますが、すぴりちゅある至上の中核に位置するのがキーワードとして自己啓発、手法として呪術。前者は霊性と全く切り離された新入社員研修の猿真似にすぎないし、後者も霊性と全く切り離された疑似科学にすぎません。

まあ、だから「教会」ではなく「協会」と看板するわけです。これでは本物の「教会」も「協会」も大迷惑をうけてしまうというわけです。以上。

というワケです。

まあ、違和感を感じつつ、簡単に、「なんでこんなのを信じるのか?」っていう驚愕もありますでしょうけれども、これは他山の石として銘記する必要はあるでしょう。

何しろ人間は過ちやすい存在ですから。

……というわけで、底冷えのする東京。

夕刻は、ひさしぶりにすき焼きを頂戴しました。

さきほどからまたいっぺえ、やりはじめましたが、アテはチンする97円のおでんです。

いやー、こんなに早くおでんをたべることができるとは……という至福を味わいつつ、今日は30度近くまで上昇するんだよね……と思いつつ、

早く寝るのが目下の課題でございます。

でわ☆

02_img_0422 03_img_0426

|

« 出会うと同時にこの出会いそのものを相手に対して必ず表明しなければならないような唯一の存在、それが人間である | トップページ | <中立的なもの>の哲学にぞくする思想の運動はその起源と影響とにおいてさまざまであるけれども、哲学の終焉を告げる点で一致している。 »

現代批評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/36782681

この記事へのトラックバック一覧です: だから「教会」ではなく「協会」と看板するわけです。これでは本物の「教会」も「協会」も大迷惑をうけてしまうというわけです。以上:

» ロマゾフィー協会 [アスヨミ!ニュースダイジェスト]
霊的覚醒への道商品価格:1,575円レビュー平均:5.0 [事件]新興教団:信者殴りけがさせる 会長夫婦を傷害容疑で逮捕 東京都大田区 (中略) 未届けの宗教団体「ロマゾフィー協会」内で、信者の女性に暴行 (中略) 同協会会長の平岩浩二(49)、副会長の妻司(36) (中略) 逮捕 (中略) 4月16日未明から朝にかけ計約4時間 (中略) 平岩容疑者の自宅(続きを読む) 霊能団体ロマゾフィー協会代表夫妻を信者への暴行で逮捕 棒で... 霊能団体ロマゾフィー協会代表夫妻を信者への暴行で逮捕 棒で「尻... [続きを読む]

受信: 2010年9月17日 (金) 20時35分

» ロマゾフィー協会 [日本の国宝、最初はこんな色だった]
霊的覚醒への道..... 霊的見地から見た世界史(中)..... また問題疑似宗教団体-ロマゾフィ-協会:「除霊」団体会員に暴... 協会 ・ ホームオブハート=ヒーリングワールド=フィールド ・ 2010.09.03 霊感商法に気をつけて=『権現堂』 ・→ 「除霊」団体会員に暴行、会長夫妻を逮捕 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) .「除霊」団体会員に暴行、会長夫妻を逮捕 「除霊」などを行う団体「ロマゾフィー協会....... だから「教会」ではなく「協会」と看板するわけです... [続きを読む]

受信: 2010年9月18日 (土) 00時25分

« 出会うと同時にこの出会いそのものを相手に対して必ず表明しなければならないような唯一の存在、それが人間である | トップページ | <中立的なもの>の哲学にぞくする思想の運動はその起源と影響とにおいてさまざまであるけれども、哲学の終焉を告げる点で一致している。 »