« コミュニケーションを行うことは、旅をし、翻訳を行い、交換を行うことである | トップページ | 【覚え書】修道士制度と功績主義的な業(Überverdienstliche werke)とを除去したプロテスタンティズム »

実のところ「それ以上」でも「それ以下」でもありません。しかし、「それ以上」でも「それ以下」でもないからこそ、ふつうに流通しているよりは、その実相はあるかに難しい

01

-----

 ある人間が、他人に一杯のお茶を供するということは、それほど容易な事柄ではない。ある婦人が私に一杯のお茶を出す場合、彼女は自分のティーポットやティーセットを見せびらかしているのかもしれない。彼女は、私をいい気分にさせて、私から何かを得ようとしているのかもしれない。彼女は、私が彼女を好きになるように仕向けていることだってありうる。彼女は、他者たちに歯向かうという彼女自身の目的のために、私を味方に引き入れようとしていることもありうる。彼女が、ティーポットからお茶をカップにつぎ、受け皿つきのカップを持ったその手を無造作に突きつけるため、負担にならないように二秒以内に私がすばやくそれに手を貸さなければならない、というような事態が起きるかもしれない。その行動は、機械的なものであって、そこには私に対する認知がひとかけらも存在していないといっていい。一杯のお茶が私に手渡されたけれども、私に一杯のお茶が供せられることはなかったといえるのである。
    --R.D.レイン(志貴春彦・笠原嘉訳)『自己と他者』みすず書房、1975年。

-----

人間が特に「わたしが誰かのために何かをする」という事態は、ありふれたものでどこにでも転がっておりますが、実のところ「それ以上」でも「それ以下」でもありません。しかし、「それ以上」でも「それ以下」でもないからこそ、ふつうに流通しているよりは、その実相ははるかに難しいのかもしれません。

ではどのへんが難しいのでしょうか。
その理由のひとつはまさに「誰かのために」というリアルな対象が存在するからなのでしょう。

ごく身近に存在する他者と向かい合って、理解をもとめ言葉を交わすことがあります。しかし交わせば交わすほど、その当の他者がだんだんと自己自身から遠ざかっていき、それと同時に自己自身の中になにか薄暗い靄のようなものが立ち上がってくることも同じように日常生活のなかではたわいのない光景の一つです。

またそれとは逆に、他者とすこし距離おいてみると、不思議なことに穏やかな気持ちに包まれ、なんとなく思いやりが出てくるのも人情です。そうしたところを振り返ってみると、その関係が別に恋人関係でない場合でも、面と向かい合ってしまうと逆に心がかき乱されて、余裕がなくなり、神経質になってしまうこともあります。

まさにショウペンハウアー(Arthur Schopenhauer,1788-1860)の喩え「ハリネズミのジレンマ」というのは、単なる絵物語とか教訓ではなく、人間関係においてふんだんに現前するあり方なのかもしれません。

他者と連帯としいという欲求と、他者と連帯してしまう困難、この両者の関係性のなかで、まさに<わたし>が問題になり<あなた>が問題になってくるのでしょう。

これはおそらく<わたし>(その裏返しとしての<あなた>)も、もともと他者との関係のなかでしか<わたし>にならないし、<あなた>にならないという事態を反映しているのであって、実のところ、ア・プリオリに現前している<わたし>も存在しているのではないし、<あなた>も存在しているわけではないのだと思います。

そもそも<わたし>自身が四六時中<わたし>を意識しているわけでもなく、つよく意識しているときと、まったく意識していないただなかがその生活の現実です。

ひとは、おそらく、「それ以上」でも「それ以下」でもないという「取るに足らない」日常と向かい合いながら、意識しているにせよしていないにせよ、自己を点検し、そして他者と向かい合っているんだよなア~と、思いつつ、昨日の授業はきつかったです(>_<)

とっとと寝てから、快調に出講しようと思いきや、布団に入っても眠れず、結局1時間しか眠れず大学へ向かい哲学の講義をしていきたわけですが、、、いやはや、無理の利かなくなってきたことを自覚した宇治家参去です。

さて……。
授業の方は無事に終了しましたが、終了後、昨年度の履修生が数名、尋ねてきてくださり、こ1時間ほど、しばし懇談。

皆さん、大変ななか、それぞれ奮闘している様子を伺い、「おはなしを伺う」というスタイルでしたが、実のところ「こちらが励まされた」というところです(苦笑

それぞれの状況の中で、他者との共同生活の中で苦闘しているわけですが、ひとりひとりがもっとも善い方向へスライドしていけるように祈るばかりです。

いやはや、しかしながら、私の存在を忘れてくださってないことに感謝です。

また、時間があればどうぞいらっしゃってくださいましw

しかし、懇談終了後、そのまま市井の職場へ出勤して仕事という強行軍にもかかわらず、朝からドーナツ1つ、プリン一つという状況でしたので、仕事が済んでからまたしてもひとり慰労会。

六角黒豚山鍋が旨かったw

02 03

04

 自己と他者 自己と他者
販売元:セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)で詳細を確認する

|

« コミュニケーションを行うことは、旅をし、翻訳を行い、交換を行うことである | トップページ | 【覚え書】修道士制度と功績主義的な業(Überverdienstliche werke)とを除去したプロテスタンティズム »

プロフィール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/37806372

この記事へのトラックバック一覧です: 実のところ「それ以上」でも「それ以下」でもありません。しかし、「それ以上」でも「それ以下」でもないからこそ、ふつうに流通しているよりは、その実相はあるかに難しい:

« コミュニケーションを行うことは、旅をし、翻訳を行い、交換を行うことである | トップページ | 【覚え書】修道士制度と功績主義的な業(Überverdienstliche werke)とを除去したプロテスタンティズム »