« 名古屋の皆様、愛をありがとう:「学問の道は、いったん開かれると決して雑草に埋もれることのない、また行人を迷わすことのない唯一の道である」 | トップページ | 先生はえらい »

【覚え書】ジャック・ラカン;自分の問いに答えを出すのは弟子の仕事です。

01_2

-----

 自分の問いに答えを出すのは弟子の仕事です。師は「説教壇の上から」出来合いの学問を教えるのではありません。師は、弟子が答えを見出す正にその時に答えを与えます。
    --ジャック・ラカン(ジャック・アラン・ミレール編、小出浩之ほか訳)「セミネールの開講」、『フロイトの技法論(上)』岩波書店、1991年。

-----

さすが、一流の教師でもあったジャック・ラカン(Jacques-Marie-Émile Lacan,1901-1981)w

うまくいいますねぇ~。

02 03_2

|

« 名古屋の皆様、愛をありがとう:「学問の道は、いったん開かれると決して雑草に埋もれることのない、また行人を迷わすことのない唯一の道である」 | トップページ | 先生はえらい »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/38259781

この記事へのトラックバック一覧です: 【覚え書】ジャック・ラカン;自分の問いに答えを出すのは弟子の仕事です。:

« 名古屋の皆様、愛をありがとう:「学問の道は、いったん開かれると決して雑草に埋もれることのない、また行人を迷わすことのない唯一の道である」 | トップページ | 先生はえらい »