« 【覚え書】ハーバーマス:多数決原理が正当化の力を保持しうるためには、いくつかの最低限の前提が満たされていなければならない | トップページ | 学問は方便なり、独立独行の生活は目的なり。 »

どうやら、この國では何をするにも「点」が必要になるように設計されている(>_<)

01a

-----

 最後に、われわれは学問のために設立された、あらゆる種類の学芸が教えられている大学をもっており、そこでは人間の知性、心、言語が錬磨されるべきものとされている。
    --ヴィーコ(上村忠男・佐々木力訳)『学問の方法』岩波文庫、1987年、24頁。

-----

近代初頭のイタリアの哲学者ジャンバッティスタ・ヴィーコ(Giambattista Vico、1668-1744)によると、大学とは、「人間の知性、心、言語が錬磨されるべき」場所のようですネ。

しかし、その大学とやらへ入るためには、どうやらこの国土世間では、「点」というものが必要らしい。

しかし、その「知性、心、言語が錬磨されるべき」場所に機械的な総体的な「点」というものは必要なのかしらん???

そして、そこから社会という海原へ飛び出して、「就職」しようとしても、様々な「点」というものが必要になってくるという社会構造。

どうやら、この國では何をするにも「点」が必要になるように設計されている(>_<)

宇宙人ジョーンズではありませんがorzだわいな。

しかし、いずれにしても、今週末はセンター試験ですね。
受験生の皆様、がんばってください。

そして、「点づくり」から解き放たれた学問というものも僅かですが存在しますので、その醍醐味を堪能しつつ、「人間の知性、心、言語」を精一杯錬磨して欲しいと思います。

そのためには、私は何でもやりますからwww

ということで、調子が良くないので呑んでねる。

http://www.youtube.com/watch?v=LKt4_pOixOo

011

02

03b

04c

05

ヴィーコ - 学問の起源へ (中公新書) Book ヴィーコ - 学問の起源へ (中公新書)

著者:上村 忠男
販売元:中央公論新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 【覚え書】ハーバーマス:多数決原理が正当化の力を保持しうるためには、いくつかの最低限の前提が満たされていなければならない | トップページ | 学問は方便なり、独立独行の生活は目的なり。 »

現代批評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/38395658

この記事へのトラックバック一覧です: どうやら、この國では何をするにも「点」が必要になるように設計されている(>_<):

« 【覚え書】ハーバーマス:多数決原理が正当化の力を保持しうるためには、いくつかの最低限の前提が満たされていなければならない | トップページ | 学問は方便なり、独立独行の生活は目的なり。 »