« 学問は方便なり、独立独行の生活は目的なり。 | トップページ | 「自分には愛国心がありますが、隣の席の○○君は政府の悪口を言ったから、非国民です」なんて密告する生徒が増える世の中はいやですな »

杉浦明平先生の見た一月の光景

01

-----

 あたかもよくすごした一日が安らかな眠りを与えるように、よく用いられた一生は安らかな死を与える。
    --杉浦明平訳『レオナルド・ダ・ヴィンチの手記(上)』岩波文庫、1954年、72頁。

-----

地域のボスとの闘争、日本共産党のガチンコ、そして独学によるルネサンスとダ・ヴィンチ(Leonardo da Vinci,1452-1519)研究、農に親しみながら作家、歌人、研究者、そして社会運動人として活躍した人物が杉浦明平(1913-2001)先生です。

生前に一度謦咳に接する奇遇を得ましたが、逝去からおよそ十年。
先生の全貌をとらえた「杉浦明平論」はまだ出ておりません。

さてその杉浦先生を産んだ大地が、愛知県の渥美半島。
杉浦先生は、渡辺崋山(1798-1841)をスケッチしましたが(⇒『小説渡辺崋山』朝日新聞社、1971年)、その渡辺崋山も同じく渥美半島の田原藩。

その渥美半島に住まう知人から、写メにて春の訪れを紹介してくれましたので、ひとつのせておきます。携帯電話のカメラでの撮影のため、粒子が粗くピンがわるくてスイマセンとのことですが・・・

十分に春の訪れを堪能させて戴きました。

そして杉浦先生と渡辺崋山をうんだ大地の匂いを感じさせて戴きました。

ありがとうございます。

しかし……

いやはや。

東京は本日最低気温ゼロ度。

今年一番の冷え込みです。

しかし、新幹線で1時間足らずのそこでは、もう菜の花が満開です。

いい酒の肴になりそうです。

02

03

レオナルド・ダ・ヴィンチの手記 上 (岩波文庫 青 550-1) Book レオナルド・ダ・ヴィンチの手記 上 (岩波文庫 青 550-1)

著者:レオナルド ダ・ヴィンチ
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

レオナルド・ダ・ヴィンチの手記 下 (岩波文庫 青 550-2) Book レオナルド・ダ・ヴィンチの手記 下 (岩波文庫 青 550-2)

著者:レオナルド ダ・ヴィンチ
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 学問は方便なり、独立独行の生活は目的なり。 | トップページ | 「自分には愛国心がありますが、隣の席の○○君は政府の悪口を言ったから、非国民です」なんて密告する生徒が増える世の中はいやですな »

告白・独白・毒吐の日々」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく拝見しております。
司馬遼太郎の「菜の花の沖」などについても
コメントしていただける日を楽しみにしつつ。

投稿: | 2011年1月13日 (木) 11時27分

ありがとうございます。

司馬遼太郎先生についてはそのうちとりあげますので……今日明日とはいきませんが……その節はどうぞ宜しくお願いします。

しかし、日本における司馬遼太郎作品の「受容」は、どこかゆがんだかたちがあるように思われてほかなりません(苦笑

投稿: ujikenorio | 2011年1月13日 (木) 14時53分

はい、結局は自身を映す“鏡”としての受容なのでしょう……。
それはそれとして、楽しみにしております。

投稿: | 2011年1月14日 (金) 13時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 杉浦明平先生の見た一月の光景:

« 学問は方便なり、独立独行の生活は目的なり。 | トップページ | 「自分には愛国心がありますが、隣の席の○○君は政府の悪口を言ったから、非国民です」なんて密告する生徒が増える世の中はいやですな »