« 【覚え書】「反射鏡 大逆事件100年と『検察の暴走』 論説委員 伊藤正志」、『毎日新聞』2011年2月13日(日)付 | トップページ | After You've Gone 雪去りしのち »

2011.02.14;梅が枝に きゐるうぐひす 春かけて 鳴けども今だ 雪は降りつつ

000

00_2 

-----

 梅が枝に きゐるうぐひす 春かけて 鳴けども今だ 雪は降りつつ    読人知らず

    --「巻一  春歌上 005」、佐伯梅友校注『古今和歌集』岩波文庫、1981年。

-----

2月14日、東京は大雪。

大変なことが招来されることは承知の助なれど、やはり冬は雪がふると様になります。

ということで、速報! というわけではりませんが、降り出してから少し写真をとりましたのでupしておきます。

生憎防水カメラをもっておりませんので、マア、壊れてもいいかかという、広角対応のコンデジ(Panasonic LUMIX FX-37)にて撮影です。

手振れ・ピン甘お許しの程を。

01

02

03

04

05

06

07

08

ということでモツ鍋で菊水の冷や酒で、雪見酒としゃれ込みましょうw

S_2

Lens

Up

古今和歌集 (岩波文庫) Book 古今和歌集 (岩波文庫)

著者:佐伯 梅友
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

|

« 【覚え書】「反射鏡 大逆事件100年と『検察の暴走』 論説委員 伊藤正志」、『毎日新聞』2011年2月13日(日)付 | トップページ | After You've Gone 雪去りしのち »

詩・文学・語彙」カテゴリの記事

コメント

 立春を過ぎての雪景色。
風情がありますね。。。

   

  君がため春の野にいでて
  若菜摘む
    わが衣手に雪は降りつつ


 Out in the field I pick up spring herbs    for you.
 Snow is falling down on my prematurely    busy sleeves.

『小倉百人一首』   孝光天皇

うちのほうでは、夜分遅くまで雨が降っていましたが
明け方には雪になり、芝生の上に積もった雪が
外灯に白く照らされていました。
 その雪も、朝日がのぼる頃には解けてしまいました。
 東京では足元が危なくて、大変だったと思います。
無冠の友の無事を祈りました。

投稿: サバンナ | 2011年2月16日 (水) 18時46分

サバンナさん、どうもです。

また和歌の紹介ありがとうございます。

いやホント、その日は凄かったですネ

帰宅するまでいつもの4倍の時間、ふんばったお陰で翌日少し筋肉痛(涙

しかし、すぐに消えてしまって……すこし寂しい次第です(苦笑

投稿: ujikenorio | 2011年2月17日 (木) 01時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2011.02.14;梅が枝に きゐるうぐひす 春かけて 鳴けども今だ 雪は降りつつ:

« 【覚え書】「反射鏡 大逆事件100年と『検察の暴走』 論説委員 伊藤正志」、『毎日新聞』2011年2月13日(日)付 | トップページ | After You've Gone 雪去りしのち »