« 梅が見頃です。つまり外在性は内在性に準拠しているであって、事物それ自体の外在性ではないのだ | トップページ | 「ノーベル賞受賞ですか。すばらしいと思いますわ。私も、去年新人賞をもらった時、すごくうれしかったですし」 »

この不味さには熟練できないし、堪え忍ぶこともできません。

01


-----

 体験という言葉の空しさ。体験とは実験ではない。それは人為的にひき起こすこともできぬ。ひとはただ、それに服するのみだ。それは体験というより、むしろ忍耐だ。ぼくらは我慢する--よいうよりむしろ堪え忍ぶのだ。
 あらゆる実践。ひとたび経験を積むと、ひとはもの識りにはならない。ひとは熟練するようになる。だが、一体なにに熟練するのだろう?
    --カミュ(高畠正明訳)『太陽の讃歌 カミュの手帖1』新潮文庫、昭和四十九年、14頁。

-----

カミュ(Albert Camus,1913-1960)のいう通り、「体験とは実験ではない」んですし、「人為的にひき起こすこともできぬ」ものなんです。まさに「服するのみ」であり「むしろ忍耐」なんです。

しかし、この不味さには熟練できないし、堪え忍ぶこともできません。

新しいものが発売されるとどうしても試してしまうわけですが、麒麟の新ジャンル『濃い味 糖質0(ゼロ)」……。

激しくorzな味わいでした。

この不味さには熟練できないし、堪え忍ぶこともできません。

03


|

« 梅が見頃です。つまり外在性は内在性に準拠しているであって、事物それ自体の外在性ではないのだ | トップページ | 「ノーベル賞受賞ですか。すばらしいと思いますわ。私も、去年新人賞をもらった時、すごくうれしかったですし」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この不味さには熟練できないし、堪え忍ぶこともできません。:

« 梅が見頃です。つまり外在性は内在性に準拠しているであって、事物それ自体の外在性ではないのだ | トップページ | 「ノーベル賞受賞ですか。すばらしいと思いますわ。私も、去年新人賞をもらった時、すごくうれしかったですし」 »