« 油断はするな、万一に備へよとの警告は依然として必要であるけれども、然しながら我々の国家生活の理想は最早富国強兵一点張りであつてはならない | トップページ | 文明はわれわれをそこない、迷わせる。 »

月に吠える人類間の『道徳』と『愛』

01


-----

 人間は一人一人にちがつた肉体と、ちがつた神経とをもつて居る。我のかなしみは彼のかなしみではない。彼のよろこびは我のよろこびではない。
 人は一人一人では、いつも永久に、永久に、恐ろしい孤独である。
 原始以来、神は幾億万人といふ人間を造つた。けれども全く同じ顔の人間を、決して二人とは造りはしなかつた。人はだれでも単位で生れて、永久に単位で死ななければならない。
 とはいへ、我々は決してぽつねんと切りはなされた宇宙の単位ではない。
 我々の顔は、我々の皮膚は、独り一人にみんな異つて居る。けれども、実際は一人一人にみんな同一のところをもつて居るのである。この共通を人間同志の間に発見するとき、人類間の『道徳』と『愛』とが生まれるのである。この共通を人類と植物との間に発見するとき、自然間の『道徳』と『愛』とが生まれるのである。そして我々はもはや永久に孤独ではない。

 私のこの肉体とこの感情とは、もちろん世界中で私一人しか所有して居ない。またそれを完全に理解してゐる人も私一人しかない。これは極めて極めて特異な性質をもつたものである。けれども、それはまた同時に、世界の何ぴとにも共通なものでなければならない。この特異にして共通なる個々の感情の焦点に、詩歌のほんとの『よろこび』と『秘密性』とが存在するのだ。この道理をはなれて、私は自ら詩を作る意義を知らない。
    --荻原朔太郎「『月に吠える』抄 序」、三好達治選『萩原朔太郎詩集』岩波文庫、1981年、68-69頁。

-----


人間の共同性と孤立性の問題。

カント(Immanuel Kant,1724-1804)であれば、社交性と非社交性とでも表現するところでしょうか。

いろいろと考えさせられる詩人の一節。

詩人はそれを言葉によって象徴する。


02


萩原朔太郎詩集 (岩波文庫)Book萩原朔太郎詩集 (岩波文庫)


著者:萩原 朔太郎

販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 油断はするな、万一に備へよとの警告は依然として必要であるけれども、然しながら我々の国家生活の理想は最早富国強兵一点張りであつてはならない | トップページ | 文明はわれわれをそこない、迷わせる。 »

詩・文学・語彙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月に吠える人類間の『道徳』と『愛』:

« 油断はするな、万一に備へよとの警告は依然として必要であるけれども、然しながら我々の国家生活の理想は最早富国強兵一点張りであつてはならない | トップページ | 文明はわれわれをそこない、迷わせる。 »