« 教育学が科学ではないとしても、それはまた、技術とも異なっている。 | トップページ | 【覚え書】言葉(パロール)の出来事という概念の正当化 »

【覚え書】三木清、指導者論

01_2

-----

 指導というものは関係である。それは一方的なことでなく、そこにはつねに指導する者と指導される者とがなければならない。即ち指導者は応えられなければならない。応えられない者は天才であり得ても指導者ではないのである。
 リーダーシップは関係として道徳的関係でなければならぬ。なぜなら指導者は単に知ることでなく行為することを目的とすべきものであり、リーダーシップは人と人との間の行為的関係として成立するものであるからである。指導する者と指導される者との間に道徳的関係の存在しないところにリーダーシップは存在しない。指導被指導の関係において何よりも必要なのは信頼と責任である。信頼と責任とはあらゆる道徳的関係の根本である。信頼され得るために指導者の具えなければならぬ道徳的資格には種々のものが数えられるであろう。利己的でなく全体のために計るものであって信頼されるのである。自己の金儲けや立身出世を考えることなく全体のために自己を犠牲にするもんぼであって信頼されるのである。ただ世間の風潮に追随するのでなく自己の信念にもとづいて行動するものであって信頼されるのである。率先して実行するものであって信頼されるのである。謙譲の徳を有するものであって信頼されるのである。責任を重んじるものであって信頼されるのである。そして指導者はこの信頼に応える責任を持っている。強い責任感を有するということは指導者にとって大切なことである。他を信頼するものであって自分が信頼されるように、自分から責任を重んじることによって他に責任を重んじさせることができる。指導者は自己の行動に対していつでも責任をとる覚悟がなければならない。自己の行動に対して責任を負うということは、ただその動機さえ純粋であれば宜いというのでなく、またその結果に対して責任を負うということである。かようにして責任を重んじる者はその行動が結果において成功的であるように努力しなければならない。動機させ純粋であれば宜いと考えることは、個人の良心を満足させるにしても、社会的に見ると無責任ということになる。そして指導者の行動はつねに本質的に社会的見地に立っているのでえある。社会的良心は自己の行為の結果に対して責任を負うことを要求する。
    --三木清「指導者論」、『哲学ノート』新潮文庫、昭和三十二年、52-53頁。

-----


03_2

人生論ノート (新潮文庫)Book人生論ノート (新潮文庫)

著者:三木 清
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 教育学が科学ではないとしても、それはまた、技術とも異なっている。 | トップページ | 【覚え書】言葉(パロール)の出来事という概念の正当化 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/39006637

この記事へのトラックバック一覧です: 【覚え書】三木清、指導者論:

« 教育学が科学ではないとしても、それはまた、技術とも異なっている。 | トップページ | 【覚え書】言葉(パロール)の出来事という概念の正当化 »