« 理想主義と現実主義という二つの思考軸の交差する空間に定位し展開するということ | トップページ | 何らかの弁明の理由がありうるとしても、奴隷制が、奴隷や社会にとっての不利益を十分に上回る利益を奴隷所有者にもたらすということは、決して奴隷制についての弁明の理由ではありえない »

[覚え書]セネカの徳をめぐる議論

01_2


-----

 それゆえ、真の幸福は徳のなかに存している。この徳は君に何を勧めるであろうか。それは第一に、徳にも悪徳にも関係のないものを善とも悪とも考えてはならない、ということである。次に、悪に対抗するためにも善に従うためにも確固として立ち、それによってでき得るかぎり神を真似ることに努める、ということである。このような努力に対しては、徳は君に何を約束するであろうか。それは広大な、神の力にも等しいものである。君は何ものにも強制されず、何ものをも不足せず、自由であり、完全に守られており、傷も受けないであろう。何を試みても失敗することはなく、妨げられることもないであろう。万事が君の考えどおりに運び、何一つ反対なことは起こらず、期待や意志に反することも何一つ起こらないであろう。「では、どうか。幸福に生活するためには、徳だけで十分であろうか。」徳が完全で神のごときものであれば、それだけで、どうして十分でないだろうか。いな、むしろ十分過ぎるほどではないか。すべての者たちの欲望の圏外にある者が、一体何に不足するというのか。自分の一切を自分自身の内部に集中した者が、外部に何を必要とするか。しかし現に徳に達しようと努めている者にとっては、たとえすでに相当の進歩を遂げているとしても、今なお人間の諸問題で奮闘中ならば、そのような束縛、つまり浮世の鎖をことごとく解きほぐすまでは、或る程度は運命の支配も当然である。だから何の相違があろうか--或る者はがんじがらめにしばられているが、他の者は手足を一緒に、あるいは別々にしばられているといっても。すでに上位に進んで、自分を一段と向上させている者は、引きずっている鎖も緩んで、まだ自由の身ではないとしても、すでに自由の目前に迫っている。
    --セネカ(茂手木元蔵訳)「幸福な人生について」、『人生の短さについて 他二篇』岩波文庫、1980年、149-151頁。


-----

「徳にも悪徳にも関係のないものを善とも悪とも考えてはならない」という冒頭の一説が沁みる。

何にも関係しないものは善でも悪でもない。

02

セネカ入門―セネカと私Bookセネカ入門―セネカと私

著者:茂手木 元蔵
販売元:東海大学出版会
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 理想主義と現実主義という二つの思考軸の交差する空間に定位し展開するということ | トップページ | 何らかの弁明の理由がありうるとしても、奴隷制が、奴隷や社会にとっての不利益を十分に上回る利益を奴隷所有者にもたらすということは、決して奴隷制についての弁明の理由ではありえない »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/39174779

この記事へのトラックバック一覧です: [覚え書]セネカの徳をめぐる議論:

« 理想主義と現実主義という二つの思考軸の交差する空間に定位し展開するということ | トップページ | 何らかの弁明の理由がありうるとしても、奴隷制が、奴隷や社会にとっての不利益を十分に上回る利益を奴隷所有者にもたらすということは、決して奴隷制についての弁明の理由ではありえない »